春ドラマ 感想

今期のドラマがつまらんと書いたが、面白いの来たよー!


  ◎ ブラックペアン

主役は誰なんだ。ニノでいいのか。
大学病院の闇というか怖ろしさを描いたドラマはありがちだけど、これからどんどん面白くなりそう、1話でこれだから。
手術中にケンカしたり死にそうな患者の前で「死ぬ」とか言っちゃうのもやばいね。
こんな病院怖くて行けないよ。
ドクターXとブラックジャックを合わせたような医療ドラマだ。
ニノと内野さんの関係が気になる。味方なのか敵なのか。
ニノ、やっぱりいいね。さすがって感じ。


  ◎◎ やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる

もう、二重丸二つだよ!
神木くんのドラマにハズレ無しだよ。
スクールロイヤー制度を題材にしたドラマで、いじめやモンペなどの学校の問題を弁護士が法律を武器に解決する、という。
この前の桜井君の学校ドラマとはちょっと違う、もっと納得できる内容になってる。
神木くんの弁護士姿も決まってる。
暴力問題を、手を出した=暴力ではない、と法律的に論破されれば、モンスター親も反論できないわな。
学校にとって正義の味方、になるのか?
しかし、学校は信頼関係で成り立ってる。法律とは信頼が崩れた関係に使うもの。
先生と神木君との対立になっていくのでしょうか。
30分なのが惜しい。もっと視聴率でてもいいのに、残念。


  ◎崖っぷちホテル

王様のレストランのホテル版。
だとしたら最終回は想像できる。主役の男の人、えっと岩田さんだっけ? イマイチだけど、戸田さんが好きだから良しとする。
ブラックペアンを観た後でこれを観ると、幸せな気分になるね。
大丈夫かこのホテル?と突っ込みたくなるけどね。


  ○花のち晴れ

花男ファンの私としては、うう~ん。
なんか違う! なんでだろう、C5に華が無いからかな。
F4ほどの圧倒的な凄みやインパクトが無い。
チラッと出た松潤のほうが印象に残った。
原作未読なのでストーリーは知らないけど、まさか花男と同じオチではないでしょうね。
花ちゃんは演技上手くてよかったです。


  △正義のセ

…感想が書けない。ぜんぜん記憶に残らない。
ありきたりで平凡。
うーんとりあえず次も観ます。


  ○シグナル

面白いんだけど、無理があるな。設定に。
現実離れしているし、意味が分からん。韓国ドラマのリメイクと知って納得。
過去を変えられるって時点で、先のストーリーが読めてきたわ。
過去の殺人事件を未遂に防いだせいで、殺人現場の写真から死体が消えていくって演出。
世にも奇妙な物語的な古い演出に引いた。
これ二時間ドラマでもいいんじゃない。


  △あなたには帰る家がある

不倫ドラマだったか。1話だけ観て離脱。


  ○Missデビル

女王の教室と、黒の女教師のパクリ。
「おろかもの」と言ってキック! が「おだまり」に変わっただけ。
最終的に暴力で渇を入れるって、まさかこのパターンで最終回までいく気?
暴力振るってるほうがクビにならないのか。
ハニートラップにかけといて、それは無いわ~。
飽きるかも。とりあえず観ます。


  ○モンテ・クリスト伯

作りこんであって展開も早く見ごたえあるのだろうけど、ディーン様の大学の演劇サークルの映像のような素人芝居にがっかり。
脇役たちの芝居がいいだけに、ドラマ全体の質を主役が落としてるんじゃないかと不安になる。
だけど、多分、次に期待できそう。原作未読だけど、名作らしいので。

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

またフィギュアスケート男子

世界フィギュアスケート選手権大会。
いや〜良かった良かった。
女子も男子も表彰台に乗れるとは、日本のレベルすごいね。

男子のフリーは大波乱だったね。
友野くんの演技は今回初めて観たけど、ずっと笑顔だし飽きさせない表現力に引き込まれた。
何より枠取りに大貢献してくれたよ。
テレビの前で拍手して観たよ。彼これから人気出るね。

宇野昌磨くん。
以前の記事で坊ちゃん根性を治せとか言ってごめんね。
男らしかったよ。
日本のためにプレッシャーとか責任とかいろんなものを背負って、辛くても最後まで諦めない姿に泣けてきたよ。
オリンピックの会見で言った「オリンピック以上の試合」の意味はこの事ね。
最後の連続ジャンプ3連発をあの状況で出せる体力と精神力は賞賛するよ。
演技後の「3枠取れた?」話題になってますが、そういうとこが彼の責任感の強さとか男気だよね。2枠でも羽生選手と宇野選手だけでいいよって思っちゃったよ私は。
宇野選手の性格の良さがわかるなと思ったのは、観客席から投げられるぬいぐるみや花を自分で拾って、投げられた方向を見てちゃんとお礼を言うところ。通路で観客から声援をかけられると相手の方を振り返ってお辞儀するところ。
シニアデビューの映像でもそうだったけど、この子天狗になってないわ。いい子だわと思った。
でも、コーチや周りの大人の言いなりのイメージあるので、そろそろ自立の時期では、なんて思ったりして。

ネイサンが圧倒的すぎて、日本にとっては驚異だね。
昨日のエキシビションでも存在感が強かったわ。
ネイサンのイケメンボイスが良いね。それにちょっと早口だし饒舌だね。貫禄あるわ。
エキシでは男子メダリスト3人の衣装が申し合わせたかのように一緒だった(笑
感動をありがとう。

オリンピックからしばらくフィギュアにはまってしまった。
もうドラマ視聴しか楽しみがない。



続きを読む

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

フィギュアスケート男子

世界フィギュア選手権大会がいよいよ来週に迫りました。
宇野選手はもう現地入りしたのでしょうか。
オリンピックの映像を何度も繰り返し観てしまう。余韻が。

私の予想順位。
金 ネイサン
銀 宇野昌磨
銅 ボーヤン

宇野選手に優勝して欲しいけど、やっぱりネイサンかな。
オリンピックの時はネイサンは調子が出ず、実力が発揮できない結果に。
もし、ネイサンのジャンプの失敗が無く他の減点も無ければ、宇野くんは自己最高得点以上出さないと勝てない。
ただネイサンはプレッシャーに弱いみたいなので、どうかな。

宇野選手が眠そうにしてようが、おとぼけ発言しようが、演技が素晴らしければそれでいいと思ってる。
平昌のフリーでは、冒頭のジャンプの失敗以外にもちょこちょこジャンプの乱れがあったし、完璧とは言えない演技だった。
今季は大崩れもなければ飛躍も無く、本人も自分は平均的なスケーターと言ってるがそうかも。
王者羽生だってミスするし、誰もが完璧に滑ろうとしても失敗してしまうわけで。
比べられるのが羽生選手ってのが、かわいそうな気もするが。
宇野くんのジャンプについていちゃもんつけるアンチがいるようだけど、私なりに調べたらルール上問題ないそうで、ただの言いがかりなんだね。勝負の世界にはどこにもいるね、潰そうとするヤツは。

羽生さんほどストイックにならなくてもいい。お酒も飲まず外食もせず、スケート場と家の往復らしい。いつも母親と一緒で仲のいいスケート仲間の連絡先も知らないらしい。まぁアンチ&追っかけ対策だと思うけど。
それに比べて、宇野くんは週3回焼肉に行き(?)大学の友達と食事に行ったりゲームしながら寝てしまう、そこら辺の大学生と同じ生活してるらしい。それで銀まで迫るって、なんなの。
褒められた事かわからんけど、生活面や精神面から改善したら、もっと伸びる選手だと思う。

宇野選手のスケートは好きだし、芸術性を感じる表現力もあると思う。
でも何かが足りない。ハングリー精神かな。

オリンピックメダリストになったのだから、幼少時から通っているあのおばさんコーチに習うのではなく、海外に行って修行してこいと言いたいです。
合宿では度々海外に行ってるらしいけど、通訳として弟も参加、おそらくお母さんも一緒だろうし。
もう家族旅行じゃん。
通訳も人に頼らずゲームしてる時間があれば英語の勉強しなはれ。
金持ち坊ちゃんの根性を、甘えの許されない海外で叩き直してもらえ。そうすれば身も心も成長するでしょうから。
宇野選手が嫌がっても、放り出すような人は周りにいないんだろうか。
ちなみに、宇野選手のファンだから言ってます。愛情を持っての意見です。

可愛いと言われるのは今だけ。次のオリンピックまでには、可愛らしさより技術で周りを驚かせてほしいな。
おそらく宇野選手は実力のまだ半分しか出していないような。潜在能力は恐ろしいほどあるような。

彼の可愛らしさだけで今回ファンになったにわかファンもいるでしょうね。
私のように。
親心でいうなら、もっと伸びる選手だと思うので、一からやり直すくらいの気持ちで、今のコーチの他にも指導者がいた方がいいのでは。

余計なお世話( ^ω^ )

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

映画「北の桜守」を観た

堺雅人さん目当てだったのだけど。
吉永小百合さんいいわ〜。
やっぱりすごい女優さんだわ。ものすごいきれい。

大女優に何させるねん!と言いたくなる過酷なロケ。
崖っぷちを登ったり、海に入ったり、吹雪の中ソリを引いたり。
ああ見えて結構な年齢なのに、若いというより、奇跡だわ。

以下ネタバレ。






途中何度も入る、劇団の舞台で芝居するの演出が、しつこくて意味が分からんかったけど、後で調べたら、戦争の悲惨さをそのまま出すと暗くなるから、のような意味合いの事書いてあって、なるほどと思いつつ、すでに、空襲とか貧困とか、悲しいシーン満載だから、効果は分からんかったかな。
子役の子が、助演男優賞もので、頑張ってた。
その子役が成長したのが堺雅人さん。
堺さんはソフトバンクのCMのまんまだった。
デスティニー鎌倉ものがたりの時は、かっこよくて可愛かったのに。
なんだろう、昭和臭いファッションと髪型のせいかな。
タイトルの桜守の意味が、弱かったかな。

お客さんはジジババばっかりだった。ジジババは上映中に喋る声が大きいし、いちいち大げさに泣いたり笑ったりするわ。
泣ける映画と聞いてたからハンカチ握りしめて見たけど、泣けなかった。

でもいい映画だった。
映画賞狙えるかも。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

熱狂さめやらぬ

私はどうもその時その時の『時の人』にハマル性質らしい。
いわゆるタダのミーハーである。
逃げ恥が流行っていたときは星野源に。
もともと嵐と堺雅人のファンではあったのだけど、ドラマや映画でこの二人を観れば、しばらくはネットで画像や動画を観て一日過ごすという日々が続く。
次にハマル人が出るまで。

そして今、夢中なのは
宇野昌磨くんなのだ。

もう完全にミーハーおばちゃんだ。
オリンピックでの羽生くんと宇野くんの演技に魅せられた日本人が、今全国に、いや世界中にいると思うが、私も彼らに感動を貰い、心惹かれたひとりなのだ。

羽生くんの素晴らしさは、いまさら言うまでもないので省くとして、宇野くんのここ2年の成長ぶりに驚かされるし嬉しくもある。
私が宇野くんをテレビで観て鮮烈に印象に残っているのは、2016年の世界選手権。
シニアデビュー後、攻めの構成での初出場で健闘したが、ジャンプで失敗。
それ以外の演技は素晴らしかったけれど、自分の中で納得いかなかったと、演技終了後リンクの上で呆然とし、キスアンドクライに戻ったときには大粒の涙が流れ落ち、それでも観客の声援に手を振って応えていた。
テレビに向かって「なんて可愛いの!」と声に出してしまったのを覚えている。
今すぐ行って抱きしめてあげたい!と思わせるキャラクターだ。
それが今では、オリンピックのフリーでのジャンプの失敗を「笑えてきた」と言えるほどに。
宇野くんが小学生のときのインタビューで「大会に出るのが好き。やり直しができないから」と言っていた。
その頃から、発言に大物感があるし、しっかり自分を持っている。
有名になった今でも、謙虚で先輩を立てるのを忘れない、礼儀正しく、自分の信念は一貫している。
天然ぶりばかりマスコミは取り上げるけど、まだ20歳の少年が、ここまでくるのにどれだけの努力をしてきたか。
簡単に扱わないでほしいと思う。

羽生君のファンが宇野くんを叩くとネットで書かれていたが、オリンピック後は、そんな人たちも宇野君への印象が変わっただろうか。
そういえば、羽生君がシニアデビューした2012年だったか。
高橋大輔がまだ現役だった頃、日本の大会で彗星のごとく現れて高橋を抜いて優勝した羽生君を、観客たちは「この子誰?」と言う目で見て、表彰台での拍手もまばらだった。
まだ10代の少年が、インタビューでハキハキと笑顔で答え、礼儀正しく挨拶するのを、生意気で癇に障ると言われていたときもあったなあ。今では「神」と言われる羽生君も。
羽生君の態度は何も変わっていないのに。

その事を思えば、アンチが宇野くんを悪く言う書き込みをネットでしていても、極少数派。
愛されキャラとして、国民に可愛がられているのなら、今の宇野くんへのイジリも愛情だと思えばいいか。

二人とも、アイドルのようにファンに追っかけられて、落ち着いて練習できないのではと心配になる。
マツコが「ファンが怖い」と言っていたが、嵐ファンと羽生ファンは熱狂ぶりに近いものがあるな。
アイドルも大変だけど、アスリートも大変だ。


テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

休日

2月は休日が多いので、自分の時間がたくさんできた。

一月から勤めている新しい職場で、心機一転頑張ってます。
まだ一ヶ月で油断するとミスする頃だから、慎重に気をつけながらも、働きやすい職場なので、気持ちは楽です。

三月は友達との飲み会や遊ぶ約束がすでに入っていて、楽しもうと思ってる。
京都にも行きたいな。夏には行くかも。


さあ、今日はひとりランチだよ。



小柱とエビの釜めしのセット。

最近はオリンピックをずっと観てる。
ドラマも、やってる日は当然観てるけど、もっとドラマチックな羽生君には敵わないね。



なんてことない一日でした。



テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

大雪

雪がすごい!
昨日の午後から降った雪が あっという間に積雪50センチ。
うちの駐車場から道路までのスペースを雪かきするのに、2時間かかった。
電車は全て止まって、学校は休校になった。
仕事はあるので、今から行くよ。
道路大丈夫かな。怖いわ。
新聞も届いてない。無理しなくていいですよ。
新聞配達、郵便配達の人も大変だ〜。
もう嫌、この雪。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

一月期ドラマ感想

△anone

イメージと違った。もっと暗い話かと思った。
阿部サダヲと小林聡美コンビがいい感じでコメディにしてくれる。
広瀬すず演じる女の子は、居場所も身寄りもないやさぐれた陰気な子かと思ったけど、普通の女の子だった。
もっと陰がある空気を出した方が雰囲気出るのに。
話は淡々と盛り上がりもなく進んでいきます。
次回が楽しみと思わせる予告でもないし。
なんと言っていいか、感想も書きにくいわ。

◎隣の家族は青くみえる

様々なタイプの家族が「コーポラスハウス」という、一戸建てなんだけど共有スペースを持ち入居者たちが意見を出し合う集合住宅に暮らす、と言った話し。
なんでそんな家に住みたいのか。私なら嫌だわ〜。
一戸建てより安いのかもしれんが、スタイリスト、ネイリストのカップルは相当のお金持ち風だし、他人に干渉されたくないタイプ。だったら高級マンションに住めばいいのに。
主人公の二人は普通に良い人。周りの住人が個性的すぎて逆に存在が薄い。
主人公が良い人ってのは、穏やかに観れるからいいのよ、「きみが心に〜」と違って。
妊活は辛いでしょうし、深田恭子が明るく乗り切る話よりも、イライラして旦那と喧嘩したり浮気したりして、盛り上げて欲しいわ。
今期ドラマの中では面白い。

◎アンナチュラル

UDIラボと言われる不自然死究明研究所のスペシャリストたちの活躍を描いた話。
今週の温水さんの事件は、不自然死ではないと思うが、巻き込まれて事件解決まで仲間たち総出で奮闘するって。
熱い話だけど、この人たち、無関係の事まで時間掛けるほど、暇じゃないでしょうに。
研究所前の通りで白衣着たままバーベキューって。予算がないドラマなのかね。
3話は科捜研の女と99.9を混ぜたような話だった。
1話完結ではあるが、井浦さんの過去とか石原さとみの家族の死とか、いろいろ絡んでこれから面白くなりそう。

○揉み消して冬

あれ、だんだん面白くなってきたぞ。
この脚本家さんは、伏線を何話か前にさりげなく置いておく人なので、あの新人執事が来てから、この家にトラブルが起こるって台詞、意味あるかも。
山田くんの独白も慣れて来た。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

気温差すごいね

家族がシンガポールに行ったので、そのお土産。
お菓子たくさんと、マーライオンのベルとポールペン、あと写真に無いけどマーライオンの置物。
定番商品。
日本が大雪の日に常夏の国へ行ってたのさ。
飛行機が飛んでよかった。


180127_1220~01 (2)

賞を狙ってたと思うよ

映画「忍びの国」も「デスティニー鎌倉ものがたり」も、日本アカデミー賞とブルーリボン賞の作品賞にノミネートされなかったのはなぜだろう。
主演男優賞もないなんて。
興行収入は関係ないんだね。
なんか裏があるな。
堺雅人さんも、大野くんも、すっごい良かったのに。
賞とって欲しかったな。

でも3月には堺雅人さんは「北の桜守」に助演で出てるから、そっちに期待しよう。
吉永小百合さんの主演だから、絶対作品賞はあるよね。そういうもんだよね。
予告を見ると、なんとなく切ないお話っぽい。
観に行くよ。



テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

プロフィール

朔の月(さくのつき)

Author:朔の月(さくのつき)
    
性別;女
居住所;島根県


ジャンルごちゃ混ぜブログ。カテゴリからお探しください。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑気に入ったらクリックしてやってください。

ライフメディアへ登録









↑アンケートに答えてお小遣い稼ぎ

このブログに掲載されている全ての作品の著作権は朔の月にあります。無断転載は禁止です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

現在の位置
朔夜にひとり
 トップページ
  └ 各ページ
by AlphaWolfy
アイコン付きツリー化カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
過去記事(ログ)スクロール

2018/07 (3)

2018/06 (5)

2018/05 (2)

2018/04 (1)

2018/03 (4)

2018/02 (2)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (3)

2017/10 (2)

2017/09 (2)

2017/08 (2)

2017/07 (1)

2017/06 (3)

2017/05 (4)

2017/04 (2)

2017/03 (1)

2017/02 (2)

2017/01 (2)

2016/12 (4)

2016/11 (8)

2016/10 (2)

2016/09 (2)

2016/08 (2)

2016/07 (5)

2016/06 (5)

2016/05 (4)

2016/04 (1)

2016/03 (3)

2016/02 (2)

2016/01 (2)

2015/12 (4)

2015/11 (2)

2015/10 (2)

2015/09 (1)

2015/07 (1)

2015/06 (2)

2015/05 (1)

2015/04 (4)

2015/03 (3)

2015/02 (3)

2015/01 (3)

2014/12 (4)

2014/11 (4)

2014/10 (3)

2014/09 (4)

2014/08 (2)

2014/07 (3)

2014/06 (4)

2014/05 (1)

2014/04 (5)

2014/03 (4)

2014/02 (3)

2014/01 (4)

2013/12 (2)

2013/11 (3)

2013/10 (5)

2013/09 (4)

2013/08 (5)

2013/07 (2)

2013/06 (5)

2013/05 (3)

2013/04 (5)

2013/03 (7)

2013/02 (3)

2013/01 (4)

2012/12 (6)

2012/11 (5)

2012/10 (4)

2012/09 (4)

2012/08 (6)

2012/07 (5)

2012/06 (6)

2012/05 (5)

2012/04 (4)

2012/03 (5)

2012/02 (5)

2012/01 (6)

2011/12 (7)

2011/11 (8)

2011/10 (6)

2011/09 (6)

2011/08 (5)

2011/07 (3)

2011/06 (3)

2011/05 (4)

2011/04 (4)

2011/03 (4)

2011/02 (5)

2011/01 (2)

2010/12 (3)

2010/11 (2)

2010/10 (4)

2010/09 (1)

2010/08 (2)

2010/07 (4)

2010/06 (3)

2010/05 (6)

2010/04 (2)

2010/03 (5)

2010/02 (5)

2010/01 (5)

2009/12 (5)

2009/11 (7)

2009/10 (7)

2009/09 (6)

2009/08 (4)

2009/07 (6)

2009/06 (10)

2009/05 (9)

2009/04 (8)

2009/03 (5)

2009/02 (2)

2009/01 (3)

2008/12 (4)

2008/11 (6)

2008/10 (7)

2008/09 (5)

2008/08 (5)

2008/07 (4)

2008/06 (11)

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
374位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
49位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

文字を大きく・小さく
    ブログ内検索