FC2ブログ
自作小説と漫画・小説感想と、主婦日記のブログです。
◎病室で念仏を唱えないでください

僧侶であり救急救命医でもある主人公(伊藤英明)が、生と死に向き合い心と体の治療をするドラマ。
現実社会でもお坊さんと医者の二足の草鞋の人って、いるんじゃないかな。
ベッドの横に袈裟姿で立って般若心経を唱えたり、説法を始めるのは、ドラマの中だけにして欲しいけどね。本当にやったら縁起でもないと言われるわな。
般若心経は日蓮宗浄土真宗以外、滝行は浄土真宗以外、確か3話では浄土真宗の〜アーナンダと言ってた。この人の宗派はどこなんだと突っ込みたいがやめとく。宗派混ぜこぜですね。総本山から苦情が来そうだな。

命を救うために必死になる救命救急センターチームと、プライドの高いエリート心臓外科のムロツヨシとの対決がどうなるか興味あり。
1話で登場した癒し系の病棟クラーク役の女の子。誰だこのヘタクソは!と思ってたら、今話題の不倫女優でした。降板しました。公式サイトでも名前を消され、Wikiでは1話ゲストって事になっています。

個性的な役者さんが多い中、中谷美紀さんが良い!主役でなくとも光る女優さんだわ。この人はどんな役でもはまるね。
今期の私のイチオシドラマです。


◎テセウスの船。

連続殺人犯の息子として、辛い人生を送ってきた主人公(竹内涼真)が、事件前にタイムスリップしてしまう。
31年前の父親に会い、父の無実を確信した主人公は、過去を変えようと奮闘する。

真犯人は一体誰? みんな怪しく見える!毎回犯人探しをしながら見てしまう。
ユースケサンタマリアが怪しそうな前振りをしといて、実は…のパターンかしら。

細かい部分の設定の不自然さが気になってしまう。どうせならもっとしっかり作り込んで欲しかった。
30年前にはまだ無かったものが小道具として置いてあったり。
いま30歳の主人公が「上を向いて歩こう」の歌を知らないのもあり得ないでしょう。
ツイッターでも考察が始まってるみたいですが、原作があるので結末はわかっているのでは?
原作とは犯人が違うという噂もあるから、どうなんでしょ。

公式ポスターに、家族以外のユウスケサンタマリアと麻生祐未が載ってるのは、つまりこの二人が真犯人って事?
「あなたの番です」でも、ポスターに乗っていたのは殺人を犯した人物だったからねぇ。
(原作未読です。)


◯トップナイフ

視聴率は良いらしいけど、なんでだろう、入り込めない。
若手俳優たちがイマイチだからかな。
今期は医療系のドラマが多くて、こんがらがってる。えっと。こっちは脳外科?お坊さんは救急医?松下奈緒はがん専門医?あとなんだっけ。

エンディングの天海祐希のダンスが毎回少し変わるらしく、話題になってる? のかな?
恋ダンスのように流行るとは思えないわー。みんながマネ出来る振り付けじゃないもん。
天海祐希だから踊れるんだってば。


△シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

思ってたのと違う!もっと面白いかと思った! 前宣伝が大きく出過ぎだったわ。
佐藤二朗のアドリブ芝居が見たいのに。横浜流星も淡々としすぎ。
パンダコスチュームダサすぎ。
世の中のグレーゾーンに白黒つける!って、なんやそれ。
全体的にがっかり。


△10の秘密

人は誰でも秘密を持っている。一話ずつ秘密が暴かれていく。
シングルファーザーの主人公(向井理)が秘密に翻弄されていく本格ミステリー って…。
その向井理がダメ男やんか!
もしかして一番の黒幕だったりして。
それぞれの秘密が最後に繋がるのでしょうか。



・知らなくていいコト
・アライブ
1話2話でリタイヤ

関連記事

FC2blog テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2020/02/02 17:44】 | 十六夜日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック