FC2ブログ
自作小説と漫画・小説感想と、主婦日記のブログです。宇野昌磨選手と嵐のファンです。
優勝おめでとうございます㊗️

試合、楽しめたかな? 納得いったような 満足していないような。
笑顔で終わったけど嬉しくないような。
そんな感じかな。
でも不調な中で、大崩れしないのがさすが宇野君だな〜。
255.23点は宇野くんにとってかなり低めですね。最初から構成を落としているので、本人も点数低めは前提の上でのことでしょうけど、それでも優勝するのはさすがとしか言えない。

ショートではジャンプのバランスを崩したものの転倒しなかったから、ホッとしました。
翌日はジャンプが練習から不調で靴もしっくりきていない中、後輩の草太くんに小差で抜かれて焦ってるのかなと思ったけど、フリーも構成を下げて挑んで、負けたとしてもしょうがないと覚悟を決めてたのでしょうか。落ち着いていたように見えました。
逆に優勝するかもしれない緊張にやられたのは草太君の方だったのかも。
そう言った意味では宇野くんの方が余裕を見せたのかな。メンタルの強さも勝負に勝つ秘訣だからね。

それにしても、独りキスクラでピカチュウ持たせたの誰ですか!?
可愛すぎる! 
これまではカエルの逆さ持ちだったり、ルイージを鷲掴みで受け取った直後にぺいってソファーに放ったり、ぬいぐるみを無下に扱ってたような…。
大人になったのか、それとも一人で座ってると間がもたないからでしょうか。ちゃんとピカチュウのおててを持って正面向けてる。そんなことが出来るとは(←何目線?

独りぼっちに見えるけど、マネージャーさんもデミさんも小林さんもいてくれるから、その中の誰かが隣に座るってわけにいかないのかね。コーチしか座れないルールでもあるのかしら。
せっかく渡してもらったバナータオルも使わないし。バナータオルは振るもので汗を拭いてはいけないとでも思ってるのかなぁ。


「何人かのコーチの元へ行きシーズン終わりにはどこに行くか決める」
この後、グランプリシリーズの間でも他のコーチのところへ行く予定があるという事でしょうか。
シーズン終わりに決める……。という事は…?
ヤフコメなどのあちら側の人たちが「宇野はどこのコーチからも断られて行くところがない」と言ってますが、宇野くんの発言から「選択する権利はこちらにある」と言う意味に読み取れます。
つまり「おいでー」と言ってくれるコーチは何人かいて、その中から宇野くんが実際行ってみてから選ぶ。受け入れ先に当てが無いならシーズン終わりにと期限を決められませんからね。宇野くんはコーチやチームメイトに遠慮してシーズン中には決めないけれど、出来れば早くコーチを付けたいのでシーズン終りに決定する。
って事でしょうか。
皆さん、ジャンプの不調が気がかりなので一刻も早くコーチを決めて欲しそうですが、そこは本田先生に頑張ってもらうように願うしかないですね今は。

羽生ファンブログを見ていたら、
「フィンランド杯の客席がガラガラなのは羽生くんがいないから」「ジャパンオープンもラグビーに比べて視聴率が低かった」「羽生くんが出たオリンピックは視聴率40%だったのに」と言っていて、相変わらずおもしろい事言ってるな〜と思ってしまった。
オリンピックの視聴率が高いのは羽生くん一人のお陰ではないでしょ。私でさえ普段見ないモーグルやスノーボードも見てたしさ。オリンピックと言うだけで国民はどの競技にも注目するから。ラグビーワールドカップもそうでしょ。ニワカが今どれだけいるって言うのよ。その人たち最近までラグビーなんか興味もなかったくせに(笑
ジャパンオープンがラグビーより視聴率低いのは当然でしょうよ。
羽生くんの試合、ラグビーワールドカップとかぶってましたっけ? 準決勝がスケートカナダと同日ですね。それ終わってからそのブログがなんて言ってるか見に行こうっと。
比べることに意味がないのに、いつも何かと比べて優越感に浸ってるのですかねぇ。普段から他人と比較せずにいられない癖なんだろか。

フリーの時は結構客席埋まってましたよね。宇野くんへの声援が大きかったです。
あの曲で手拍子はいらん!と思ったけど、終わってからの歓声が凄かった!
ジャンプのミスが残念だったので、頑張れー!の声の代わりの手拍子だったのですね。
海外の方からも応援されていると思うとやっぱり嬉しい。

試合前に昌磨ファンの間でちょっと騒ついていましたね。ある記者さんのデマのせいで。
ネット記事の情報って迂闊に信じてはいけないなとつくづく思いました。
けれども宇野くんの親近者が宇野君を守ってくれる事がありがたかったし、宇野くんが自分自身できっぱりと否定しつつ、誰も傷付けない言葉で自分の言いたい事、ファンの知りたい事を伝えてくれる事で、ファンを不安にさせないでいてくれる。そういうところが誠実で、愛さずにはいられないのだと思う。

デマといえば、ヤフーニュースのコメントで、「宇野くんがショートのプレカンを勝手に欠席した。プレカンに出ずに帰った人なんて見たことない」ってのを見ましたが、それ正しい情報ですか? そんな記事や写真が上がってました? どこ探してもありませんが。ファンでもなく現地にいない人がなぜ知ってるの?嘘じゃないの?
と、もやもやしてたら、いつの間にかそのコメントは消えてました。もーなんだったの。私の勘違いなの? 

今回思ったのは、宇野くんはツイッターを見ているんだなという事。良いことだけならともかく聞きたくないことも耳に入ってしまうんだなと思って心が痛んだ。
取材せずに記事を書くネットライターにモラルは無いということは分かりました。
フェイクニュースに騙されないように気を付けないといけないですが、「宇野くんはそんな人じゃないよね」とちょっと考えればわかることなので、信じていれば難しい事じゃないって事も分かりました。

ほんとにめんどくさい事ばっかりあるよね。
余計なことインタビューで話さなくていいように、煩わしいことから解放してあげたいよー。

まだ初戦なのにぶーぶー言ってはダメだよね。
ひたむきに上向きに、次の試合もファイトーーー!



関連記事

FC2blog テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

【2019/10/13 22:32】 | フィギュアスケート宇野昌磨
トラックバック(0) |

mikaidou さま
朔の月(さくのつき)

こんにちは。mikaidou 様のブログ拝見いたしました。FC2ってフィギュアスケートカテゴリーが無いので検索で見つけにくいのですが、フィギュアファンの良いブログたくさんありますよね。まだお邪魔させていただきます。

あのGPFのアカウントのwingsは羽の意味だー!ってのですね(笑
いちいち公式に難癖つける連中は数人ですが、羽生ファン代表のように振る舞うので善良な羽生ファンは迷惑してると思いますよ。
ヤフコメで草太くんに優勝してほしい!とコメントしてる人たちで、なんか引っかかる物言いをする人の過去コメントを見に行ったら、宇野くん高橋さんの悪口の書き込みしまくってる羽生ファンでした(笑

宇野くんにコーチを早く付けた方がいいという声が多いのは、みんな心配してくれているからだと思うので、それだけ愛されている証拠だし、必ずプラスに転じると信じて心落ち着けて待ちます😊




mikaidou
こんにちは。
いつも宇野選手の記事、深ーく頷きながら読ませて頂いています。
フィン杯が終わると、いよいよシーズンも本格始動という気がしますね。
羽生ファンがショーマ海外記事タイトルのwings にまで難癖付けてる話とか、もう笑うしかないのですが、ほんと、自分達の御本尊1人を見ててくれれば良いのに。
コーチだって、練習環境含めて選ぶのはショーマの方ですよね。
羽生ファンを一括りにはしたくありませんが、ショーマや大輔さんへの攻撃には本当に辟易です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
mikaidou さま

こんにちは。mikaidou 様のブログ拝見いたしました。FC2ってフィギュアスケートカテゴリーが無いので検索で見つけにくいのですが、フィギュアファンの良いブログたくさんありますよね。まだお邪魔させていただきます。

あのGPFのアカウントのwingsは羽の意味だー!ってのですね(笑
いちいち公式に難癖つける連中は数人ですが、羽生ファン代表のように振る舞うので善良な羽生ファンは迷惑してると思いますよ。
ヤフコメで草太くんに優勝してほしい!とコメントしてる人たちで、なんか引っかかる物言いをする人の過去コメントを見に行ったら、宇野くん高橋さんの悪口の書き込みしまくってる羽生ファンでした(笑

宇野くんにコーチを早く付けた方がいいという声が多いのは、みんな心配してくれているからだと思うので、それだけ愛されている証拠だし、必ずプラスに転じると信じて心落ち着けて待ちます😊

2019/10/14(Mon) 13:47 | URL  | 朔の月(さくのつき) #-[ 編集]
こんにちは。
いつも宇野選手の記事、深ーく頷きながら読ませて頂いています。
フィン杯が終わると、いよいよシーズンも本格始動という気がしますね。
羽生ファンがショーマ海外記事タイトルのwings にまで難癖付けてる話とか、もう笑うしかないのですが、ほんと、自分達の御本尊1人を見ててくれれば良いのに。
コーチだって、練習環境含めて選ぶのはショーマの方ですよね。
羽生ファンを一括りにはしたくありませんが、ショーマや大輔さんへの攻撃には本当に辟易です。
2019/10/14(Mon) 12:55 | URL  | mikaidou #zgUyPM1.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック