2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

犬夜叉53巻感想

kage

2008/06/11 (Wed)

自分の体から出てきた刀・爆砕牙を手に入れた殺生丸は、りんたちを楓の小屋に残して曲霊を追いかけます。
殺生丸が奈落を追うのも、曲霊を追うのも、理由は簡単。コケにされた仕返しのため。「私のプライドが許さん」とでも仰りたいのでしょうか。んでもって、殺生丸が曲霊の幻影と遊んでいる間に、犬夜叉一行の元へ本物の曲霊が現れ大暴れ。そこへ、やっと幻影と遊ばされてることにお気づきになった殺生丸が、でんっと大き目のコマにて登場。ヒーローは遅れて現れるって言うけど、あらあらやっぱり曲霊を取り逃がしてしまわれました。
「弥勒が大変なことに…」と聞いても「あっそう」的な表情だったのが、「りんが」と聞くや否や、ぴゅ~っとりんの元へと一目散。もうりんが可愛くてしょうがないって感じですね。
ところで、殺生丸さまはこれから先、りんをどうしたいんだろう。このまま綺麗な娘に育てて嫁にでもするつもりなんでしょうかね。このロリコン!
殺生丸の父も人間の女と愛し合って犬夜叉が生まれた。その犬夜叉もかごめ(桔梗)が好き。そしてあれほど人間嫌いだった殺生丸も、りん可愛さに親馬鹿状態。つくづく人間の女好きの犬妖怪一族だな、おい!
……話は本編に戻って、殺生丸がりんの元へ向かっている間を狙って、犬夜叉一行の前に現れた奈落。琥珀が活躍するけれど、首の四魂のかけらを盗られて、さあ大変!
最後のひとつになった琥珀の首の四魂のかけら。これがあれば四魂の玉は完全な玉になる。でも、かけらを取れば琥珀は死んでしまう。さすが高橋留美子先生。幸せムードから絶望へと一気に落とす演出が上手いわ。
殺生丸をも手こずらす曲霊との決戦は、先送りになってしまいましたとさ。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック