2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

50代で干物 60代で佃煮

kage

2017/06/11 (Sun)

ボク、運命の人です。9話

今回もめちゃくちゃ面白かった!
オープニング前に突然の息子だと告白。やっぱり誠の息子だったか。ベタだね。
ありきたりなドラマなら最終回のラストで正体が分かってびっくり!ってオチになりそうなものを、最終回の一つ前で……ってことは、最終回でさらに驚く展開と真実が待っていそうな気がする。

神からのラストミッション
「温泉に行ったらお湯を抜く」
確かに「お風呂の」とは言っていない。まさか、カップ焼きそばのお湯だとは。
それだけでなく、誠の自宅のお風呂のお湯を抜くと出てくる、一郎からのさよならのメッセージで泣かされるとは。
毎回この脚本&演出の素晴らしさに感動すら覚えるよ。

初めは敬語で緊張していた二人。
こんなんで初お泊り大丈夫かしらと、心配していたのだけど、入浴後に二人の子供の頃の話から、だんだんタメ口になり、誠も自分呼びが「僕」から「俺」に変わり、息がぴったりで急激に距離が縮まった部屋でのシーン。ほのぼのと微笑ましく観れました。
そして、あんなに声を出して笑えるベッドシーンは初めてだ。
熱すぎる定岡と三恵の熱血指導。
真面目な誠と晴子は忠実にアドバイスに従い、バックには二人の思い出のアフリカンシンフォニーが流れ。
グッジョブ!
なんだこれ!
定岡の「幸せを引き寄せる」で誠が晴子を布団ごとひっぱって近づけたのは笑った笑った。
やるときはやる男だ、誠は。
亀梨君が、じゃなくて、誠がとにかくかっこいい。
何をしても上手くやるし、浴衣も似合うし、射的姿もかっこいい。
全国の一郎に謝れって。本当誠実だわ。ぜったい悪口とかマイナスなこと言わないし。
晴子が一気に好きになるのも分かる。

しかし、謎の男こと一郎が消えるのは早くないか?
結婚して子供を授かるのが目的、だと言うのなら、なぜそこまで見届けない。
なんで温泉旅行が最終試験なの?
あっそうか。あの日、妊娠していたってことか。
でも一郎は言っていた。
地球を救うための研究を早めるためには、もっと早く生まれなければならない。
そのため誠と晴子に早く子供を授かって自分が生まれなければならない、そのために未来からやってきた、と。
一郎の生年月日は2018年5月10日
もし、この6月に安産に効く温泉に浸かって妊娠したとしても、生まれるのは来年の3月
2ヶ月早くなるだけ。
たったそれだけ早くなって、未来が変わるのか? 研究に影響あるのかな。

一郎の永久あばよが気になる。
子供として生まれるのならすぐに会えるのに。
地球を救うとか、研究を早めるために、未来から来たっての、ウソなのかな。
未来にはいない父親に会いたくて来たとか…・・・。
ハッピーなドラマだから、それは無いと願いたい。

そしてそして、このドラマのツボは、脇役たちがドラマのラストでの大事なキーワードを、何気に冒頭で言っているところ。
今回は和生の「ソース味」でした
これまでも、鳩崎さんの「月がきれいだそうですよ」 関原さんの「泣きっ面に蜂」などなど。
コネタ使いも上手くて、景品が晴子は好きなメロン味のゼリーだったり、誠の彫った将棋のコマが湖月家に飾ってあったり。
古いのでいえば、誠がブルーのクリアファイルを置いていったり、誠が初めて湖月家に行ったときに、お父さんが将棋をしていたり、とか。とにかく演出が細かい。

もう来週最終回だとは、寂しいわ。
予告で「全ての奇跡は結末へと繋がる」と書いてあったけど。何だろう。
砂浜の虹。ピアノの音。スコアボード。ブルーのTシャツ。コンサート会場。野球の試合。これらの偶然がラストへと繋がっていくのかな。すごい楽しみ。

このドラマ、人気と視聴率が一致してないのね。そんなモンよね。
土曜日まで長い!

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック