2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

運命があちこちに

kage

2017/06/04 (Sun)

ボク、運命の人です。8話感想

前半切なかったわー。ギャグ台詞も多く、声に出して笑ったけど。
誠がお父さんの信頼回復のためにゴルフを真面目に練習している姿は健気だった。こっそり二人で会うこともせずに。

しかし、お父さんとの間にも運命があったとは。
1話でのコンサートの誠と晴子の同じシーン、ここで持ってくるとは。
それにしてもお父さん、そこまで怒らなくていいのに。誠は被害者なんだから。
でも、大事なひとり娘を嫁に出すとなれば、厳しくもなるかなぁ。
神が言うように誠の誠実さと純粋さは東大合格レベルなので、真の姿を見てもらえばヘタな小細工しなくても分かってもらえると思う。
実際、神のミッションは「信頼回復」とだけ言ったので、それにむけて努力したのは誠。
ゴルフがどう結果に繋がるのかな~と思えば、ぽっちゃりボクサーの「最低のスタートから最高の結果を出した人に人は感動する」ひたむきな姿から、誠も同じだと共感し、パパの信頼回復に繋がっていくとは。
誠の「一度失敗した人は幸せになるチャンスをもらえないのか」にパパは心を打たれ反省したのですね。

ネットのドラマ感想サイトを観ていると、伏線回収やコネタに走りすぎで、ラブコメのムズキュンが少ない、晴子に華が無い、と書いている人もいるけど、私はそうは思わない。
逃げ恥のように、二人の心の声をいちいち台詞にすれば、視聴者は分かりやすいかもしれない。
でも、台詞にする必要が無ければそれで充分だ。
始めはツンツンして可愛げがなかった晴子が、段々誠を意識し始め、やがて恋する女性になっていく過程を、木村文乃さんは見事に演じている。演技力で充分伝わる。

神のこれまでのミッション
2話 「特別ボーナスを獲得せよ」 → 晴子パパと出会い気に入られる。傘をプレゼントするために虹をくぐる
3話 「クラシック100曲覚えろ」 → 音楽を味方につけて連絡先ゲット
4話 「部長ににんじん食べさせろ」 → 晴子に嫌いじゃないと言われる。にんじんバイバイの笑顔
5話 「筋トレして腕相撲に勝て」 → 初デートで事故チュー 返事は待ってください
6話 「4文字しばりと将棋のコマ」 → シンプルな告白からのOKの返事
7話 「指輪のサイズ当て」 → サプライズで指輪のプレゼント すごい嬉しい ありがとう
8話 「父親の信頼回復」 → ゴルフの自主錬とボクシングの応援で誠の誠実さ伝わる、結婚に近付く

来週神の正体がわかるのね。正体って時点で神じゃないのね。
ドラマが始まった頃から、二人の子供なのでは?とネットで噂されてたけど、違うと思う。
練りに練られた脚本なので、誰もが予想する安易な結末じゃないと思うんだけどな。
予告の、「正体を告白された誠は、戸惑い心の整理がつかない」とあったので、ハッピーな告白じゃない気がする。

私の予想
神は誠の息子で未来からやってきた。誠は女運が悪く結婚した相手に逃げられ男手で神を育ててきた。年老いた誠は過去に戻って本当の運命の相手と結婚しやり直したかったと願っている。未来の誠は病気で余命1ヶ月。未来を変えるタイムリミットが迫っている。そこで神は父親の願いを叶えるためにタイムスリップして誠の運命の相手晴子と結婚させてあげようとしている。それはつまり、自分は生まれてこないと言うこと。だから晴子と結ばれれば永久アバーヨ。
悩む誠だが、温泉から帰ると神は消えていた。そして30年後の最終回。何食わぬ顔して現れ、えっ?いるじゃんってオチ。
なんてどう?

それともう1つ。
晴子はもうすでに神に会っているのでは。
同じように晴子の部屋に現れ、励ましたりアドバイスしたりしていたのでは。
「誠さんは一度好きになれば、どんどんのめり込むタイプだから」
と晴子が言っていたけど、誠のコレまでの努力を神から知らされていたからなのでは。
神の存在をお互い秘密にしたまま、30年が過ぎて、そこで初めてすべてが分かる…とか。

何度も録画を繰り返して観ても飽きない。
一度好きになったらのめり込むタイプです。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック