2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

植物って怖い

kage

2017/02/03 (Fri)

ブログに書くネタが無い。
年明けてから毎日、普通に仕事に行って普通に家事をするだけだ。
ドラマも、これといってハマれるものは無い。
仕方ないので、ていうか無理してブログを更新しなければならない理由もないのだが、一応何か書いておくことにする。

年末から年始にかけて、我が家のトイレが流れにくくなった。
いきなり何だ。
書くことが無いにもほどがある。

まあいい、話を進めるとして。

一階と二階に二箇所トイレがあるのだけど、両方とも流れにくくなったのだ。連続して使うと溢れそうなので、使用禁止にした。
大きいほうは、近くの公園でして!
…と言ったものの、実際に夜はキツイ。無理だった。
お正月は業者も休みだろうと思い、休みが明けるとすぐ民間の業者に連絡。
すぐに駆けつけてくれて、いろいろ見て回られたのだけど、便器の詰まりではなく、庭から道路に向かって地面の中を通っているパイプが詰まっている、とのこと。
しかも、そのパイプから出ているはずの栓が土に埋まっていて、どこにあるか分からないと言われたのだ。
しばらく業者さんは土を掘って探ってくれたけど、見つからないので、水道局に聞いてくれと言い残し帰って行かれてしまった。
言われた通り、市の水道局に電話して来てもらうことになったのだが、やってきた車がめちゃすごい!
消防車くらいのでっかい車が2台、ポンプなのか何なのかわからない機材が乗っかった、とにかくでかいし機械の音もうるさい車が家の前に停まって道を塞いでいるのだ。
えらいことになった!
ご近所のみなさん、すみません!

もうすでに薄暗くなった時間なのだけど、数人で家の庭の地面を掘って栓を探し出し、なんとか見つけ出してそこから詰まりの原因である木の根っこを、爆音のする機械で切り出し取り除いてくれたのだ。

そもそも、なんで地面の上に出ていないといけない排水栓が土に埋まっていたのかと言うと、家の周りの植木は家を建てた後に別の業者に頼んで植えてもらったのだが、普通なら配水管に邪魔にならないように根っこの成長を考え植えるのだけど、その業者はそれを怠ったために、伸びた根っこがパイプを付きぬけ成長して水の通りを塞いでしまった、というのだ。さらには木を植えたときに栓に土をかけて埋めてしまったというプロとは思えない仕事ぶり。
家の周りに植わった50本のウバメガシ。
水道局の人の言うには、このままだとまた根っこが伸びて同じことがおきる。木を抜いたほうがいいのでは。と。
そうなると、メチャ凄い工事になる。お金もかかる。
はあ。正月早々、今年はツイて無い年になりそう。

ともあれ、水道局のおじさんたちの努力によって我が家のトイレはスイスイスルスル~っと流れて快適トイレライフを送れている。
大きなエンジン音で名前の分からない車は帰っていった。

課題ができた。今後庭の木をどうするか。
排水パイプの近くに植えてしまった生垣。無知な植木屋のお陰で予想外の出費だよ。

何が起こるのかわからないのが人生。
ゆり先生。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック