2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

新ドラマ

kage

2016/07/21 (Thu)

7月期のドラマ、始まりましたね。
今のところ、続けて観る予定にしてるのは
『仰げば尊し』
『ON 異常犯罪捜査官』
『そして、誰もいなくなった』
です。
でも今期のドラマは、ハマれそうなのがないなあ。

『時をかける少女』と『せいせいするほど愛してる」と『好きな人がいること』は1回でリタイヤ。
『時を~』の1話は頑張って一時間観たけど、あの不朽の名作を台無しにしやがって!と腹がたったわ。
『せいせい~」と『好きな人~』とは一瞬でだめ。かゆくなる。

『家売るオンナ』は、作り物のドラマだと思えば面白いけど、家なんて一生に一度の大きな買い物なのに、押し売り感がハンパない。営業としては一流かもしれないが、サクラを使ったりやり方が汚い。不快になるドラマだった。暇なら観るけど録画までしないかな~って程度のドラマかな。

『ON~』は一応2話まで観たけど、う~ん。刑事ドラマとは思えない安易なつくりに冷める。
家主の留守中に勝手に家に上がる。若い女の鑑識官は死体を見て騒いで走って逃げるとか、最悪。現場を荒らすな。
刑事なのに単独行動しすぎ。しかも情報屋、診療内科医から得た情報だけを頼りにいきなり犯人の居場所に乗り込むとかありえない。チープすぎる。
んで、「その顔が見たかった」→逆上した犯人にやられそうになる→横山に助けられる。
まさかこのパターンを繰り返すのだろうか。波瑠さんの無表情演技も上手いと思えない。
演出として、殺人事件に異常に興味がある、裏に秘めた何かを隠し持つ女性という設定だとしても、状況に合わせた表情があるはず。波瑠さんは全部一緒の顔だ。驚いたように目を見開くだけ。
残念な部分が多くて楽しめない。

『そして、誰もいなくなった』
はハラハラ引き込まれるし、先が気になるストーリーで面白いけど、主役の男があほすぎる。
1話初っ端から、カードが使用不可になっているのに「あれ、おかしいな」で済ます。普通カード会社に連絡するとか早めに対処するでしょ。とんでもない事件に巻き込まれてると気付きながらも、バーテンダーとか周りの他人にぺらぺら状況をしゃべりすぎ。「明日警察にいくよ」って。すぐ行け。のんびりしてるからさらに状況悪化してるやないか。
何度もある台詞の「えっ?」多用しすぎ。蚊取り線香のCM思い出すわ。配役に芝居がヘタな芸人使わないで欲しい。シリアスドラマになりきれないのは、そこにも原因がある。
突っ込みどころ満載。これも残念なドラマだ。

『仰げば尊し』
は感動ドラマってのは分かるけど、1話の冒頭、吹奏楽団がステージで演奏するとき、指揮者が主役の寺尾さんの娘だった。「見えてますか」などの台詞から、主役は死ぬんだなってのが分かってしまう。それ最初にやっちゃったらダメでしょ。
実話なら時代背景も20年くらい前にしたほうが良かったかも。不良たちが今の高校生に見えない。
実話で、しかも主役の人が亡くなる話だから悪くいえないけど、真面目なドラマにしたいならば、余計に慎重に作って欲しかったな。

不倫モノや甘々恋愛モノは、くさい台詞と何度も使い古されたありがち設定にうんざり。タッキーお気の毒。
セカムズの感想サイトに、ラブコメに見えない、ラブが足りないと書く人たち。こういうがお好みなのかしら。

ONでの波瑠さんの演技を見ていて、表情のバリエーションの無さに驚いた。セカムズのときはそう思わなかったのに。
やっぱり波瑠さんは脇役で光る女優さんなのだなと思った。主役だと表情の乏しさが目立ってしまう。
そうえいばセカムズのときも、波瑠さんの演技に引っかかる部分があった。
鮫島社長が「全部おいしい何食べてもおいしい。最高だな」と言って美咲の料理をベタ誉めする場面。普通彼氏にそんな風に自分の料理を誉められたらメチャ嬉しいはずなのに、波瑠さんはにこっと笑っただけでさらりと台詞を言っていた。もっと溢れんばかりの笑顔と動きで嬉しさを表現して欲しかった。
顔と体全体で感情表現を大げさに出す大野君と対照的で、芝居が淡々としているなと思った。でもそれも演出なのだろうと思っていたが、ONの演技も変わらないので、波瑠さんは喜怒哀楽の表現のうち喜と楽が苦手なのかと思う。
そう考えると、セカムズの大野さんの相手役は、波瑠さんよりもっと演技力あって、身長のバランスも大野君と合っていて、感情表現豊かな女優さんの方が合っていたのではないかと考えた。例えば、多部未華子ちゃんとか、倉科カナさんとか、志田未来さんとか。
倉科カナさんなんかは、明るい役も怖い女の役もこなせる役者さんだし可愛いから、この人が美咲役のほうがよかったんじゃない?と想像してみたけど、たぶん倉科カナさんだと大野ファンから反感買うな。(なんとなく)
なにせ大野君初キスシーンだしお相手はアンチの少ない波瑠さんが適役だったのかもしれん。あまり可愛すぎる女優さんだとファンに嫌われる。波瑠さんぐらいサバサバしたタイプでよかったのかなと思ってしまった。

今期のドラマで、本当に観たかったのは、『こえ恋』です。
でも島根ではやってないのよ。原作漫画を読んでるので、楽しみだったのに。
ネタばれしちゃうと、原作ではまだ、紙袋とってないし、紙袋をかぶる理由も分かりません。だからドラマでどこまでやるのか知りたかったのに。
これぞ胸キュン、少女マンガってお話。嫌いじゃないわ。(なぜだろう、「時をかける~」はイラッとするのに。)
島根でも放送してくださーい。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック