2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

大野智という人

kage

2016/06/19 (Sun)

未だ余韻に浸ってます。セカムズの。

ただ小ギャグが面白いだけでなく、伏線が散りばめられ、同じネタをループする技術も巧みで上手い。
3話で三浦が言った白浜部長の秘密。さらりと聞き流してしまったけどまさかの最終回で伏線回収。
そして、送別会で零治が「神奈川から出て行け」と言った時、「本当にそんなこと言う人いるんですね。小説の登場人物が言っていたので」と美咲が言った台詞。
この小説とは、美咲が図書館で石神さんオススメしていた、「神様のボート」のこと。ちらっとしか映らなかったけど、これも、意味のある一コマだったのですね。小ワザが多くて書ききれない。
1話の頃の、美咲に恋する前の零治が言っていたことと、後半は真逆のことを零治に言わせて成長をあらわしたり。
細かいプロットや小ネタ、主人公の心理描写。
これ小説で読んでも面白いと思う。ぜひ有川浩で。

確かに、ありえないアホっぽい設定はあるけど、ドラマだしラブコメだから。
単純に笑ってツッコミできて、キュンキュンしたり温かくなったり、楽しめばそれでいいじゃないか。
ネットに「社長なのに仕事してない」「キスに執着して気持ち悪い」と書く人たち、逆に聞くけど、普通に仕事して平凡な男女交際してるのをドラマで見て、何が面白い?
プロデューサーは本当は嫌な男として描く予定だったが、大野くんが演じることで可愛い応援したくなるキャラになってしまったのは誤算だったと言っている。「傲慢で子供で観ていて腹がたつ」という人達は、プロデューサーの思惑通りの反応だったことになる。

先日、大野君がNEWSZEROに出た時、キャスターの村尾さんが大野君の事を『無私の精神』を備えた人だといった。
『無私の精神』とは何か調べて見た。

小林秀雄という人が新聞で発表したエッセイだという。
要約すると、筆者の知人であり有能な実業家のある人物は、無口で自己を主張せず、誰かの意見には反対せず、客観的に物の動きを尊重し優先する。それが正しい行動と判断が出来ることだ、と言うのだ。
無私とは私心が無いこと。我慢することではない。
ZEROでも大野君はリーダーとは「メンバーを尊敬して後ろから見守ること」と言っていた。
ダンス、歌、芸術、演技力、優れた才能が有るのに自慢せず、ドラマでも台本通りの台詞を演出家の言われるようにやっているだけだと本人は言っているが、大野君が演じると想像を超えた表現力に魅了されてしまう。
去年、スキャンダルがあったときも、後になって写真はフライデーの合成捏造だと分かったし、SNSの写真も成り済ましによる合成で、何者かによって陥れられた事件があったが、大野君は弁解せず怒らず、ファンに自分が軽率だったと謝罪したのだ。

ドラマが高評価であればその分、悪評を必死に流して、落とそうとする輩が出てくる。
有名税。
人気者である証拠なのだから、仕方あるまい。
バラエティでみせるボーっとした顔も、ドラマの役に憑依した顔も、芸術作品に取り組む真剣な顔も、無邪気に釣りをする顔も、どれも大野君自身であって、無私の人なのだ。

実際の大野君は、鮫島零冶のように毒舌でモテない男ではなくて、むしろモテモテだと思うし、テレビで見てるだけの私のような者に大野君についてなどと語られたら迷惑な話だ。
しかし、同じく何も知らない一般人が、大野君を陥れる内容をネットに書いたり、付きまとったりするほうが、鮫島零冶より幼稚で下らない人間だと、このドラマを見て学んで欲しいものだ。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック