2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

味噌スープとリモン

kage

2016/05/19 (Thu)

大野君のドラマがおもしろ過ぎる。
続きが楽しみでしょうがない。
大野君演じるレイさんが、かわいいじゃないか!
あれで今までモテなかったのが不思議だ。
みささんも、「ツボだ」と言っていたが、私もツボにはまりまくりだ。

一緒に観ていた夫は、「いさなみすやお」のくだりで、「ふっ。くだらない」とバカにしていたが、私はキュンキュンして泣きそうだった。
ロマンチックな恋愛スキルの無い男は、こういう盛り下がる反応なんだろうな。
お前はレイさんを見習え。

それにしても、ネットの一部で話題になっていたが、なぜ美咲は断ろうと思っていた社長の告白を、急に気が変わってOKしたのか、と言う点。
思うに、美咲は仕事はバリバリできるが自分の恋愛には鈍感なタイプではなかろうか。
社長と同じで。
「何色が好きだ」の質問が気になったり、車で送ってもらった後、態度が変わった社長を不思議がったり。
普通、全く気のない相手だったら、色を聞かれたぐらい聞き流すし、「私を避けてますか?」など質問しない。
自分でも知らないうちに惹かれていたことに、走っている途中でやっと気が付いた。
「なぜ、もう帰っているはずの相手の元へ急いで駆けつけたいのだろう。早くこの思いを伝えなければ。」
まじめな学級委員タイプだからこそ、恋愛に疎いのでしょうか。
みささんとレイさん。お互いに純すぎて、中学生の恋愛みたい。

さらに言えば、一流ホテルの社長と付き合うということは、恋人同伴のパーティーなんて当たり前でしょうに。
海外留学の経験があるなら、言うまでも無く承知でしょうに。
やはり天然で鈍い子なのだろうか。恋愛に関しては。マイペースすぎる。
ハイブランドで固めた社長の隣で、小学生のお呼ばれみたいなファッション。
どうなのこれ?と思ったけど、自分が目立とうとしない、計算の無い自然体の子なんだろう。そんな彼女をレイさんは好きになった。
と言うことか。

和田社長は鮫島がライバル視している相手なのは、社内の人間なら皆知っているはず。ならば、からかわれた自分の社長を庇うくらいの度胸はあっていいと思う。それなのに、不機嫌になって途中で帰るなんて。
美咲は仕事の一貫として参加したつもりならば、勝手に帰るなど失礼なことは分かっているはず。
ただの同伴者として行ったつもりなら、自分がパーティーの日の為に用意された恋人だと誤解しても、怒る必要はない。
頭が良いはずの美咲が、これほどまで冷静でいられなかったのは、やはりレイさんを好きだからなのだろう。と分析。
なんやかんや言っても、レイさんに惚れちまってるのだね。

来週の予告で言っていた「歴代1位のキス」
見たい!
二人がベッドで転げまわってましたが、何だあれは。
彼氏の部屋にお泊りしていながら、みささんが逃げていたのなら、純情なのはレイさんよりみささんのほう?
予想外の行動をするみささんだから、みささんの方からキスしてくると期待。

恋愛はまったく苦手だったはずの社長は、メールや電話の言葉選びも正解で、一体どこが世界一難しい恋なのか分かりませんが、純愛ドラマでニヤニヤしたのは、花男以来だ。

「いさなみしほ」
実際にいそう。うらやましい名前だ。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック