2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

財布を無くして見つけたもの

kage

2016/02/25 (Thu)

先日の出来事。
同居家族が「財布をなくした」と言って帰ってきた。
松江駅のコンビニに寄ったときは持っていた記憶がある、でもその後どこにやったか憶えてない、などとほざきやがった。
「駅のホームでベンチに座ったから、ポケットから落ちたかもしれない、あるいは電車の中かも。」
なんですとー!
無かったで済ませるな!
すぐに松江駅に電話しろ!と怒り爆発のわたし。
電話で事情を説明すると、駅員さんは親切に応対してくれた。
電車の中だとしたら、出雲駅まで行っている可能性があるので、出雲駅にも聞いてくれるとのこと。
わー。親切だー。

全く、なんで財布を無くすかなー。
普通、買い物をしたらすぐにバッグにしまうでしょ。
ポケットは落としたりスられたりするでしょうが!
私の怒りは治まらない。

その数分後、松江駅からの電話で、「見つかりました」とのこと。
ええー!早い!
どなたか親切な人が改札に届けてくれたというのだ。
さすが島根。さすが田舎。

感動に浸っていると、すぐに今度は出雲駅から電話あり。
「こちらで探してみましたが見つかりません…」と気の毒そうな声が。
松江駅から今電話があって、見つかったそうです、と言うと、「ああーそうですか、良かったですねー」
と出雲駅の職員さん。

なんかもう、みんな、なんていい人!
世の名捨てたモンじゃないね!
財布を届けてくれる人がいる、それを双方の駅が探してくれている。
日本って良い国だなあって感動しちゃったよ。

で、財布にいくら入ってたの?
と、私が聞くと
「2500円」

……。2500円入の財布を必死に探す小市民。

あー。日本って平和。







関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック