2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

愚痴つづき

kage

2014/03/18 (Tue)

昨日店長に退職届けを出しました。
案外、あっさりと受け取られてこっちが拍子抜けだったかも。
正社員でも辞める人は多く、私の前にいたパートさんは一ヶ月で辞めたらしいから、店長も慣れているのでしょうね。

そして、今日は、ハローワークで勧められた職場の採用試験に行ってきました。
一人の採用枠に数人の希望者がいて、試験始まる前からもう諦め気分です。
作文試験と面接です。
どうなるかは結果が出ないとなんとも言えないので、そのころ書きます。
私としては、そっちの仕事の方が私に向いていると思うんだけどなぁ。

前回、着物屋で、感触のいいお客さんは一人もいないと書いたけど、実際はそうでもないです。
買ってくれそうな人はいないけど、仲良くなった人はいます。
アンケート取りで立っている時に話した人と、すっかり意気投合して仕事抜きでお付き合いしましょうという流れになって、連絡先を教えてもらったり、同じく、声をかけていろいろ話をしていくうちに、私の大変さを分かってくれて、「着物は買わないけど展示会に行けばあなたの顔が立つなら行ってあげるわ」と言われ同情で来てくれたりするお客さんもいました。
人間同士なのだから普通に話していれば仲良くなれるのだけど、「関わると着物を買わされる」という警戒心で私と近づこうとしてくれないのは、凄く辛い。でも私は「着物は必要な人は買えばいい。勧められたからと言って無理して買わなくてもいい」という考えは最初から一貫しているし、着物を買え買えという話の流れには持っていきません。
そんな私の気持ちをわかってくれる人は、仕事抜きでもお付き合いしてくれる。
私が着付けができるという話をしたら、個人的にお願いしたいと言ってくれて、たぶん私が着物屋を辞めても、着付けをしてあげたりの付き合いはあると思います。もちろんお金は取らないよ。
だから、そういった意味で自分の売り上げ目的で人に近づいても、本当の人間関係は築けないんだよね。
着物屋の従業員の人たち、「お客様のために」とか言ってるけど、本心は自分の儲けのためにでしょって言いたくなるよ。

この間も店に入ってこられたお客さんがいきなり怒って文句を言い出したので、何かと思って話を聞くと、若い従業員が、たった1回店に小物を買いに来ただけのお客さんの家を調べて訪問して、あれこれ勧めていったらしく、「お宅の会社はこんなことしているんですか。しつこく勧めるので断りきれなくて無理やり今日来るように約束させられました」と言われた。
確かに、若い男性社員は自分の売り上げが出世に影響するので、自宅まで訪問してあれこれ買わせるやり方をしているんだよね。私だってびっくりだよ。うちの会社、押し売りみたいなことするんだなって思ったよ。
それで、その怒っているお客さんに私が謝って、いろいろ話をしたら出身地が同じだったり年齢も同じくらいだったことから、話が弾んで少し機嫌が治まってくれたけどね。私が担当だったら普通に仲良くできたお客さんだったかもしれないのに。ちょっとその若い従業員もやりすぎだよ。お客さんが気分を悪くするのも当たり前だよ。でもそれがこの会社のやり方なんだよね。

とにかく、もう今月いっぱいで退職するので、それまでの空気が辛いけど、そこは我慢して頑張ります。面接した会社の合否を待っているしかないので、成り行き任せで過ごします。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック