2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

どうにかこうにか一ヶ月

kage

2014/02/15 (Sat)

8連勤はきついわ。雪も降っているのに店内の暖房が節約モードになっているのか、寒いわ疲れたわで、風邪をひいてしまった。8日目は鼻声でした。
着物屋さんのお仕事、どうにか一ヶ月持ちました。
自分に出来るだろうか、と、未だに悩み中です。

この8日の間は展示会でした。私の顧客はまだいませんが、お手伝いで二人のお客さんに着物と羽織を買ってもらうことができました。店の売り上げが二人しかいないという意味ではなく、私が1対1で接客して、お買い上げまで到達したお客さんが二人だったということです。少しは店の役に立ったかな。

「今日は買わないわよ。見るだけよ」と言っていたお客さんが、商品を見たり着てみたりしていくうちに、だんだん気が変わって、ついにお買い上げされる様子を目の前で見てしまうと、心理戦だなって思う。
「まだ前のローンが残ってるから」と言っていたので、このお客さんは買わずに帰るんだろうなと思っていたんだけどね。ただ一緒に着尺(反物)を「これもいいでしょう~」と言いながら見ていくだけにしようとしていたら、だんだんお客さんは本気で選び出して、こりゃもしかして、私の初めての高額客かしら?と、私の方がそわそわしてしまいました。
そして流れに任せていたら本当に、このローン残ってるので買わないと言っていたお客さん、またまたローン組んで買っちゃったよ。
もちろん、私が無理に買え買えと押し売りしたのではないですよ。購買欲のある人は、見たら欲しくなっちゃうんだね。ある意味いいお客さんだわ。

着物屋さんて、普段は暇で、おしゃべり自由で、この会社儲かってんのか?って思ってたけど、売れる日に一気に売り上げを出せばいいんですね。
営業の会社だから毎月個人の売り上げランキングが出されるんですよね。会社中で100人、ブロック別で30人に分けて、売り上げや名簿獲得数、着付け数など、全ての仕事の成果が表示されるんですね。入社一ヶ月の私は当然最下位だと思ってました。でも、意外にも売り上げ32人中27位。名簿数7位!
なんで? もしかして自分の知らん間に頑張ってたのかな。

いろいろと勉強になります。販売員としての心意気も教えてもらったけど、私としては、買うつもりもないのに、しつこく勧められて困っているお客さんには、「必要がなかったら買わなくていいですよ。お店にわざわざ足を運んでもらっただけで良いですから、気にしないでください」と言っている。
バリバリの正社員販売員さんは、押しが強いので、私から見てもお客さんが困っているのが分かるんだよね。だから社員さんがいなくなった隙に、こそっとお客さんにそう言ってあげてる。
お客さんはほっとされるけど、バレたらやばいかな。
こんな販売員は売り上げ出ないだろうけど、それでいいよ。

とにかく、今の私は、今与えられた仕事は出来る限り頑張るけど、自分の売り上げを伸ばすために、お客さんの顔をお金に見てしまうような販売員にはならんようにしよう。それだけは注意しよう。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック