2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

初出勤

kage

2014/01/12 (Sun)

きもの屋さんでの仕事3日目です。
緊張の毎日です。
覚えることはたくさんあるけど、元々着物の知識は多少あるし着付けも出来るので、まったくわからない世界ではありません。そう言った意味では、自分でも飲み込みが早いほうだと思います。
例えば、小物類の名前や使い方は、当然知っています。着物の種類や格も分かっています。ぜんぜん無知な新人なら、その説明からしないといけないけど、そこは飛ばして特別な勉強会はされませんでした。
反物を和装ボディに着せて、着物風にディスプレイするのも、2,3回練習したら出来るようになりました。他の新人は猛特訓するそうです。

ただ、問題なのは、接客の勇気です。
「テンション高く」「大きな声で」「高い声で」と言われます。
やっぱり緊張と自信の無さからでしょうか。初対面のお客様と話すには、次々と言葉が出てきません。
実際、お客様から質問されても、答えられないことが多く、対応に困ります。
それなのに、いきなり店頭に立っているのですから。研修も何も無いのに。
いきなり経験して覚えましょう、ってことかしら。
うーん、頑張るしかないです。

そして、入社3日目の今日は、成人式の着付けがありました。
お店に着付けのお客さんが早朝から7人来られ、バタバタです。
正社員さんは朝6時から出勤して着付けをされていたのだけど、私は8時出勤。ちょうど忙しい最中でした。私は新人なので、助手としてお手伝いするだけだと思っていましたが、なんせ、3人同時の着付け。時間も押しているしで、いきなり着付けを一人で任されてしまいました。
心の準備が無かったので、焦りまくりです。締めが緩かったり順番を間違えたりで、うろたえてしまいました。
「着付けが出来る」という理由で採用されたようなものなのに、他の社員さんに「おや?大したことないなぁ」と思われたかも。社員さんに助けてもらって最終的にはキレイに着付けられたと思います。

まったくもう、自分でもぜんぜんダメだなあと、反省しました。
考えてみれば、私は成人式本番の着付けはしたことありません。これまでは、お一人の着付けを時間の余裕を持って、事前に帯結びの形など打ち合わせをした段階での着付けしかしてなかったかもしれない。
時間のない状態で急いで何人も着付けないといけないのは、初めての体験です。
しかし、仕事としてやる以上は、どんな状態でも焦らず仕上げるように出来なければ……。
実は私、このお店で着付けもしているとは知らなかったのです。ただ販売するだけで、従業員さんは着付けが出来ない人ばかりだと思っていました。
何にも知らず、呑気にしていた私が調査不足でした。

職場の雰囲気は楽しくてのんびりしていて、感じがいいです。
昨日は社員さんのお誕生会を仕事中にしていました。なんて和気あいあいとした会社なんだ。
みんな優しくて、こんな私を歓迎してくれてありがたいです。
早く慣れてガンガン売り上げをのばせる様に頑張ろう。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック