2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

パートが反乱

kage

2013/11/21 (Thu)

いつだったかニュースゼロの特集で、島根の縫製工場で最低賃金で働く母子家庭のパート主婦が、冷蔵庫に何も無い極貧生活を送っている、生きていくのもやっと、というのをやっていた。
似たような最低賃金の縫製工場で働く私は、世間から可哀想に思われているのだろうか。

私は母子家庭じゃないし、夫は公務員で平均より高い年収。私がパートに出なくてもやっていける。なのに、なぜこの会社で働いているのか…。
たぶん近くて通いやすいし人間関係も問題なし、そこそこのお金をもらえばそれで良いか…、という暇つぶしでお金儲けをする目的だけの、楽観的な主婦パートの甘い考え。始まりはそうだった気がする。
それなのに、いつの間にか、正社員と同様の仕事を強いられ、「パートさん」扱いをされなくなった。
時給を上げてもらえれば何も文句は無いのだけど、入社以来一円の昇級もなし。企画会議やデータ管理等のミーティング、マニュアル作成、研修等の参加、電話応対は、日本一の最低賃金664円でやる仕事じゃないでしょう。
つまり私の言いたいことは
『パートと正社員の区別なく同等の仕事をするのなら待遇も同じにすること』
または
『パートと正社員に待遇の差をつけるのなら、仕事内容も別にすること』

社長にひと言言ってやろうと決めてから、私は奮起して労働法など様々な法律を調べ、社長の違法を突きつけてやろうとしたのですが、私のパート契約は法律すれすれでセーフな点が多く、すべてが違法と言うわけではなかったのです。でも、はじめの契約がルーズなので、ツッコミところはたくさんあり、法律に基づいて強く言える部分もあったので、勇気を持って社長に文書で直談判しました。
直接抗議すると決めた時点で、辞める覚悟はあるので、クビになってもいいや的な、まぁ早い話がヤケクソです。
朝、さりげなく社長に抗議文を渡しましたよ。しかし、抗議文を見た第一声は「時給は上げられん」「仕事内容も変えん」でした。
あーやっぱりね。
でも、ヤケクソの私は言いたいこと言ってから辞めてやろうと意気込んでいるので、負けずに交渉を続けたら、「じゃあ6円上げて670円」だって。
それでも世間の最低ランクには届きませんよ。挙句に、「時給上げたら、研修や出張や責任を任せる仕事をやるか?」と言ってきた。
なんで?
仕事内容に比べ時給が安すぎるという話をしているのに、6円あげてさらにキツイ仕事を要求されたら、話しが振り出しに戻るじゃんか!わかんない人だな。
しかも6円って。月100時間だとしても600円上がっただけ。たったそれだけで、時給あげてやったからもっと働けと言われても。
私はこれ以上話しても無駄だと思ったので、交渉を打ち切りました。

そして、次の日。私を呼び出した社長は急に気弱になって、「○○さん(私)の言うとおりだ。考え直した」と言って時給を700円に上げてきた。
あの社長にしては大譲歩ですよ。私が突っ込んだルーズな契約についても改めてきちんとし直すと言ってきたし。
なんか、意外でした。気まずい雰囲気のままで辞める気でしたので。でも手放しで私の勝利!と喜べません。逆に社長に申し訳ないことしちゃったかな。それに従業員の少ない会社では就業規則をきちんと作ってなくても違法ではない。だから細かい決まりが無くても問題ないのです。
もうこの時は辞める気満々でしたから、求人サイトで見つけた時給900円~1,200円の仕事に気持ちは行っちゃって、どうでもよくなってきていました。

じゃ何のために、抗議したんだってことになっちゃいますけど。なんでしょうかねー。社長に自分の行動や言葉に間違いがなかったか気づいて貰うためかな。
社長は本当は悪い人じゃない。そこは分かる。きっと不器用なんだろうね。
人を傷付けることや怒らせることを平気で言う。でもそれが悪かったと自分で気がつかない。誰かに指摘されてやっと反省する。一応反省はするんだよね。そこはいい人なんだと思う。だけど経営者なら差別の言葉や人権無視の言葉を使っちゃいけないって自覚しなければならないと思うんだよ。当たり前。これまでに何人もの人が社長のパワハラで辞めていったけど、その理由も考えようとしない。おそらくそのときは反省するんだろうけど、すぐ本性が出ちゃうんだね。会社の生産を上げる事を考える前に、生産する機械を動かしているのは人間だって事を、思いやって欲しかった。
それに、自分で規約を作っていながら、違うことを要求するので、こっちは混乱するんだよ。そのときの気分で言うことが違うから。だから私ははっきりさせてくれ!って不満が爆発してしまったのです。
従業員の人たちはいい人で、仲良くしてくれて、いい会社なんだよ、本当は。

会社経営って難しいと思う。私なんかがツベコベ言っても、簡単にはいかないって事もわかるよ。世の中の零細企業の社長さんは血のにじむ努力をされてると思うよ。
好き勝手文句を言っている私は、たいして役に立ってなかったかもしれないし、この会社にいなくてもよかったのかもしれない。
主婦が働くって何のためだろう。お金のため? 自分のため? 家族のため?
お金のためと割り切ったらどんな仕事でも平気なんだけど、そうもいかない。
求人サイトで探した900円~1200円の仕事は、かなりハードです。曜日時間が自分の都合で働けないし、精神的に追い込まれる予感がありありの外まわり営業です。時給が高いのはそれなりの理由があるからで、島根で900円なんて相当な高時給の仕事を、私がやる覚悟があるか、と言われたら……、ないかも。
そう思ったら、私は本気で働く気がないんだな、と自分で気がついた。主婦になったら今更がむしゃらに働くより家のことを優先したい。
まったく私は一体何がしたかったんだよ。結局、どんな仕事でも、苦労はつき物だ、と実感した。おそらく、他にもっと探せば良い会社はあるんだろうけど、疲れてきて職探しをする気も失せてきた。
はあー。無駄に騒いだ2週間だった。
未だ結論出ず、モヤモヤは続いています。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック