2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

パートの価値って?

kage

2013/11/10 (Sun)

地域別の最低賃金が11月から島根県は664円になりました。12円もあがった!
わー! 上がったよ!

…と喜ぶのも悲しい現実。664円って!

当然うちの会社も652円から664円になるわけでです。嬉しいと言うより当たり前の話し。
正直、664円で喜べるか!

ここ数ヶ月、ずっとモヤモヤしています。仕事の愚痴です。
私のパート先は小さな縫製工場です。うちみたいな零細企業は生き残るのも大変です。仕事は次々と入ってきて常に機械は稼動していて正社員さんは残業続きでめちゃ忙しい。なのに、儲けにならず赤字経営、借金もある。
やればやるほど赤字仕事で、社長もなんとか乗り越えようと苦労されてる。
そこは分かる。大変なのは理解できる。でも…。

経営が苦しい、従業員の昇級は永遠になし、当然賞与はなし、食べていくのも精一杯。と言いながら、社長はパソコンや機械や思い付いたらすぐに購入するし、私生活でも高級車に乗り家族旅行に行ったりリッチな暮らしをされています。
そこは経費で落とせるしプライベートは別。社長の家庭のことまで私がとやかく言えないが、赤字経営だとか倒産しそうだとか従業員に言うなら、普通、世間体を考えて自分もつつましい生活をしないか? 従業員は日本一最低の法律ギリギリの賃金で働かせておいて、自分の家族だけ裕福な生活が出来る神経がわかりません。
絶対怪しい。経理も社長が自分でしているので、私たちが帳簿など見れないし、社長から聞かされた情報しか分かりません。
先日も「来月倒産するかも」と言われ、私は本気で焦ったけど、次の日「倒産せずにすみました」と平然と言った。なにそれ?そんなことってある?
社長の経営力は素人の私にも理解しがたい。ここに詳しくは書けないけど、社長の凡ミスで大きな事業が失敗したり、調査不足でプロジェクトがチャラになったこともあります。それはどこの会社にもあることで、経営の道は厳しいから仕方ないと思われるかもしれないが、そんなレベルではなく、本当に経営者か?と思ってしまうミスを平気でしてしまう人なのです。パートの私でさえただ呆れるばかり。

そんな会社に4年も勤めてるのだけど、今年に入ってから私の仕事内容が変わってきました。私の、と言うより会社全体がなのだけど。
私は当初、単純作業をやるだけという条件で雇われたはず、なのに、新規事業の会議に参加したり、グループミーティングのリーダーをしたり、IPADで資料作成したり、時には仕事を持ち帰ったり、正社員が電話に出たがらないので、私が出てクレーム対応などをしているのです。
つまり正社員と同等の仕事を強いられています。作業そのものは正社員と同等だけど、正社員は定時制高校卒の若くておとなしい子が多く、会議ではまったく自分の意見など言わないので、私が中心になってテーマを決めたりスピーチをしたりしています。もはやパートの「簡単な軽作業」ではなくなってるのです。
それなのに、4年前に雇われたときと同じ、日本一の最低賃金のまま、一円の昇級もないのです。

社長は「良い会社にする」と言います。社長の考えるいい会社とは儲かる会社。
会社が儲かればどうなるか? 給料も上がって賞与もある。そう期待するから従業員は技術を上げる努力や、意見を出し合って会社の改善に最善を尽くして頑張れるのです。
けれども、私はみんなと一緒に「良い会社」にするために、正社員以上の努力をしたとしても報われず、永遠に最低賃金のまま。
職務の内容、経験、成果に関わらず最低賃金のままなのは、労働厚生省のパート労働法第8条の努力義務違反になります。(労働時間が短いからという差別も違反)
能力開発のためにあらゆる方法で向上を図る、よって会社も成長するというのなら、まず人間に投資するのが先でしょう。昇級は業績が上がってから、ではなく、同時にされなくてはいけない。
一円上げても100時間で100円。10円でも1000円です。たったそれだけでも昇級はしないのならば、労働意欲はわかなくて当然。

そんなことも気づかない社長からは大事な人材も離れていくのが分からないのだろうか。実際これまでに何人もパートだけでなく正社員も辞めていっているのに。

と、ここに書いたようなことを社長に抗議しようか、時給あげろと言ってみようか…。
と悩んでいたタイミングで、他のもっと待遇のいいアルバイトを勧められました。
気持ちの上では、もう、新しいバイトへ向かっています。
抗議してから辞めても無駄に終わるので、ならこの不満は私の腹にしまっておいて、平和的に辞めてしまおうか。悩み中。
今度の仕事は、私が長年したくても出来なかった、着物の仕事にも、少しだけ関係しています。
どうするか、結果はまた報告するので、興味ある人は読んでくださいませ。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック