2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

雨に祟られた島根県

kage

2013/08/26 (Mon)

無事です。
ニュースで島根西部がまたまた大変なことになっているとやっていますが、東部は大して雨の被害はなく、局地的大雨は我が家を避けてくれている奇跡に感謝。…などと喜んではいられない。江津では田んぼや畑が浸水して、線路も復旧に時間がかかるし、観光地はお客さんを呼べないし、先月の被害も合わせたら、島根県は大打撃だよ。

県外にいる友達から心配してメールが来ました。
島根は東西に長いので、島根全部があの状態ではなく、松江市に住んでいる私は、土曜には焼肉に行き、夜は24時間テレビを楽しんで、ぜんぜん平気だったのだよ。心配してくれる友達がいるってありがたいね。

24時間テレビは、毎年夜中以外はほとんど観てしまう暇な私。いろいろ批判が多い番組ですが、私は好きです。
特に今年はドラマが良かったです。生きるとは何か…を考えさせられた。自分ならどうするだろうってね。生存率40%になった時に去っていった恋人に、冷たいなぁ、と思ったけど、現実的な判断で、誰も彼女を責められないし、尊厳死を受け入れた家族も辛くて苦しいだろうな、と。

24時間テレビを偽善だと言う人は、もともと募金やボランテアなどに興味がなく、そんな自分をケチだとか薄情だとか言われたくない理由付けのために、偽善だと批判することで、自分を正当化している人たちだと思う。
確かに、貯金箱を持って会場にいくタレントは、事務所から貯金箱を持たされているだけなのに、さも自分で持ってきた顔しているとワザとらしいけど、そこは、手ぶらで行くよりいいでしょ。タレントがギャラもらってるのだって当たり前。仕事なんだから。

3年前の震災のとき、かつーんの田中くんが、以前24時間テレビで知り合った障がいのある少年を心配して自分で車を運転して物資を持って行ったらしい。ときおの国分くんも、24時間テレビ以来交流のある少年のところへ震災後会いに行ったと自分のラジオで言っていた。
こういう人たちを、偽善者と言ってはいけないと思うんだよ。
でも。何年か前、すぴーどが重度の障がいのある女の子に会って、その子に「友達になって」と言われ笑顔で「いいよ」と答えていたけど、本当にすぴーどの連中は女の子と連絡を取り合ったりしているのかな。
まえだAも、何万人に一人と言われる難病の女の子のうちに行って、その子に「友達だよ」って言ってたけど撮影終わってからもテレビカメラのない時でも会いに行っているのかな。
ぜったい行ってない!
そういうのって、女の子を余計傷付けるだけだから、テレビの前ではいい人ぶってるアイドル女を使わないほうがいいと思うんだよ。不快になるだけだから。
上戸彩ちゃんは本気の涙だったし、人柄が出てるから、嫌な気分にならなかったけど。
つまり、偽善番組と言われるかどうかは、タレントのイメージにかかってくるわけね。

大島ちゃんのイメージも変わった。今だけ?

あ、あれ、島根の災害の話しから大分それた。
島根が被害を受けているころ、しまねっこちゃんは、ゆるきゃらレースで激走中。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック