『花より男子』 あらすじ ①

『花より男子 ①巻~』

貧乏なのにお金持ちの名門『英徳学園』に通う牧野つくし。学園はイケメン御曹司4人組『F4』が支配していた。
F4のメンバーは、茶道家元の跡取りでプレイボーイ西門総二郎・面倒見がよくまとめ役の美作あきら・マイペースで癒し系花沢類・そしてリーダーの道明寺司は世界でも経済界のトップを競う道明寺大財閥の跡継ぎ。
司は、凶暴で他の生徒も先生も逆らえない学園の独裁者だった。気に入らない生徒がいればロッカーに『赤札』と呼ばれるいじめの指令カードを張り、生徒全員の集団暴力に遭わせ、暇をつぶしていた。

自分は関わらないように大人しくしていたつくしだったが、友達をかばった為、F4のいじめのターゲットになってしまう。ところが司は、果敢にもF4に立ち向かい反撃したつくしのことが気になり始めたのだ。
あの手この手でつくしの気を惹こうとするが、恋に不器用な司はことごとく失敗。だが、そんな司の恋心に気がつかないつくしは、いじめから助けてくれた、柔らかな空気を持つ花沢類のことが好きになる。

その頃、つくしの中学の時の同級生、和也が転校してきて仲良くなるが、司に目を付けられ二人ともいじめに遭う。そんな時、類が小さい頃から好きだった女性、がフランスから帰ってくる。
つくしは夏休みに和也と熱海に行くが、それを知った司がつくしを追いかけて、仲間と熱海にやってくる。そこで船上パーティーでつくしと司が暗闇で思いがけずキス。ますます意識してしまう司。
しかし、つくしが類のことを好きだと知った司は学園で大暴れ。つくしに無理やりキスするが、つくしの涙を見てそれ以上手が出せない。
静の誕生パーティーに誘われたつくしは、そこで静が家を捨てフランスへ行くと聞かされる。ライバルがいなくなると思う反面、ショックを受ける類のことを考えると複雑な心境になる。しかし、類の気持ちを優先したつくしは、類を後押しし、勇気をもらった類は静を追ってフランスへと旅立つ。
その後、司は一方的につくしをデートに誘うが、行くのをためらったつくしが遅刻。雪の中待ち続けた司は熱を出し、その上エレベーターの事故で一晩一緒に過ごしてしまう。これが学園に知れ渡り、付き合っているという噂が流れる。

関連記事

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

>藤咲さま
毎回ありがとうございます。うざいなんて、めっそうも無い。
漫画って視点がころころ変わるから、それを文章にするのは難しいと気付きました。いちいち主語を置かないといけないし、しかも簡潔に、読んでいない人にも分かりやすく書くのは、確かに文章の勉強になります。
エレベーターのシーンは、ドラマではトキンでしたけど、漫画ではギャグっぽく描かれていました。
松潤なら私はいつでもトキンですよ。

頑張って最終回まで、書くつもりです。
でも、手元に全巻あるわけじゃないので、私こそあやふやなのです~。(無責任)
ブック●フで確認しながら書きますね。

少年漫画のあらすじはたぶん書けません。
特殊な能力や武器の攻撃技など、言葉で説明するのが大変なので……。

本日三回目の登場です。そろそろうざくなってませんかー?(笑)

花男だぁv上手く要所要所をまとめてありますね~。こういうあらすじを書くっていうのも凄い文章の勉強になりそう。私あらすじ書くの苦手だから尊敬しちゃう。
エレベーターのシーンは全国民が松潤もとい……道明寺に「トキン」とした瞬間でもあるから重要イベントですよね!ドキンじゃなくて「トキン……v」
いつも強いやつが弱っているのを見ると、妙に可愛く思えるってやつでしょうか。

これ最後まで書かれるんですか?実は私途中の話が結構あやふやなので、こうやってまとめてもらえると凄い助かります!
ということで頑張って下さいまし~!!
プロフィール

朔の月(さくのつき)

Author:朔の月(さくのつき)
    
性別;女
居住所;島根県


ジャンルごちゃ混ぜブログ。カテゴリからお探しください。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑気に入ったらクリックしてやってください。

ライフメディアへ登録









↑アンケートに答えてお小遣い稼ぎ

このブログに掲載されている全ての作品の著作権は朔の月にあります。無断転載は禁止です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

現在の位置
朔夜にひとり
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年10月 08日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 花より男子あらすじ
  └ 『花より男子』 あらすじ ①
by AlphaWolfy
アイコン付きツリー化カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
過去記事(ログ)スクロール

2018/07 (3)

2018/06 (5)

2018/05 (2)

2018/04 (1)

2018/03 (4)

2018/02 (2)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (3)

2017/10 (2)

2017/09 (2)

2017/08 (2)

2017/07 (1)

2017/06 (3)

2017/05 (4)

2017/04 (2)

2017/03 (1)

2017/02 (2)

2017/01 (2)

2016/12 (4)

2016/11 (8)

2016/10 (2)

2016/09 (2)

2016/08 (2)

2016/07 (5)

2016/06 (5)

2016/05 (4)

2016/04 (1)

2016/03 (3)

2016/02 (2)

2016/01 (2)

2015/12 (4)

2015/11 (2)

2015/10 (2)

2015/09 (1)

2015/07 (1)

2015/06 (2)

2015/05 (1)

2015/04 (4)

2015/03 (3)

2015/02 (3)

2015/01 (3)

2014/12 (4)

2014/11 (4)

2014/10 (3)

2014/09 (4)

2014/08 (2)

2014/07 (3)

2014/06 (4)

2014/05 (1)

2014/04 (5)

2014/03 (4)

2014/02 (3)

2014/01 (4)

2013/12 (2)

2013/11 (3)

2013/10 (5)

2013/09 (4)

2013/08 (5)

2013/07 (2)

2013/06 (5)

2013/05 (3)

2013/04 (5)

2013/03 (7)

2013/02 (3)

2013/01 (4)

2012/12 (6)

2012/11 (5)

2012/10 (4)

2012/09 (4)

2012/08 (6)

2012/07 (5)

2012/06 (6)

2012/05 (5)

2012/04 (4)

2012/03 (5)

2012/02 (5)

2012/01 (6)

2011/12 (7)

2011/11 (8)

2011/10 (6)

2011/09 (6)

2011/08 (5)

2011/07 (3)

2011/06 (3)

2011/05 (4)

2011/04 (4)

2011/03 (4)

2011/02 (5)

2011/01 (2)

2010/12 (3)

2010/11 (2)

2010/10 (4)

2010/09 (1)

2010/08 (2)

2010/07 (4)

2010/06 (3)

2010/05 (6)

2010/04 (2)

2010/03 (5)

2010/02 (5)

2010/01 (5)

2009/12 (5)

2009/11 (7)

2009/10 (7)

2009/09 (6)

2009/08 (4)

2009/07 (6)

2009/06 (10)

2009/05 (9)

2009/04 (8)

2009/03 (5)

2009/02 (2)

2009/01 (3)

2008/12 (4)

2008/11 (6)

2008/10 (7)

2008/09 (5)

2008/08 (5)

2008/07 (4)

2008/06 (11)

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
369位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
51位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

文字を大きく・小さく
    ブログ内検索