2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

人間じゃないのに、人間味あるのは

kage

2013/02/17 (Sun)

なんでだ。FC2は不具合がすぐに起こる。復旧も時間がかかる。『障害の復旧が終了しました』って言いつつ、うちだけ取り残されている。なんでだ。

うちの「なんでだ」は世間のニュースにくらべりゃゴミみたいなもんだ。
最近のニュースは「なんで?」って言いたくなることが多いよね。ロシアの隕石とか、グアムの通り魔とか、北朝鮮のアレとか。
普通に生きたいだけなのに、なぜ不安にさせることが次々起こる。

怖い怖いばかり言っていられない。楽しい事を書こう。
そこで思い浮かんだのは、この頃の私のお楽しみドラマ『泣くな、はらちゃん』なのだ。
とにかく、おもしろい。ありえない設定がおもしろい。
どうしたらそんなことが起こりうる? 漫画ノートからキャラが飛び出るなんて。
その事実を知ってしまった作者である越前さんは、今後どうするのだろう。私なら「はらちゃん」を私好みの男に作って、都合のいい時に出してきて、上手く利用するがな(ふっ)

ドラマの気になる伏線は、薬師丸ひろこ演じる従業員と、漫画の中のユキ姉の正体。
おそらく、薬師丸ひろこは「はらちゃん」の原作者「矢東薫子」ってのは誰でも推測できるのだけど、ユキ姉の存在は?
もしかして、工場長のように元は生きていた人だったけど、矢東薫子に描かれ漫画の中で行き続けることになった、あるいは薬師丸(矢東)が漫画家だった頃に漫画から現れ薬師丸と交流があった。今は矢東が引退したので出てこられない。…かな?

越前さんは、これからどうするのか。二人の恋の行方は?それが今後の見どころ。
私の予想は、越前さんが自分を漫画で書いて、はらちゃんの住む二次元の世界で暮らすって結末、なんてどう?

お気楽能天気なドラマだけど、人間に死について、純粋な優しさについて考えさせられる。
ピュアなはらちゃんと出会って、越前さんがどう変わるのか。
そもそも、はらちゃんが漫画から出てきた理由は、越前さんが陰気な心で漫画を書くので、彼らのいる世界が暗くなる。神様である越前さんに明るくなってもらいたい、そのためだったはず。
はらちゃんのお陰で越前さんが笑顔で現実の世界で生活出来るようになり、はらちゃんは漫画の世界へと戻っていく。ってのが、普通の結末だけど、それだけで終われないと思いうんだな。
 
来週のはらちゃんが楽しみ!



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック