2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

漫画でひとりごと

kage

2013/01/22 (Tue)

ネウロのコミックス文庫を買おうか迷っています。
日本中で手に入りにくいと噂のネウロのコミックス。苦労した末、手に入れたネウロのコミックス全巻でしたが(前の記事に書いたとおり)、数ヵ月後には、文庫化されたという、嬉しいような悲しいような…。
全巻持っているのなら、また買わなくてもいいんだけど、欲しくなってしまうのがファンの本能。でも、文庫最終巻の11・12巻にはコミックス未収録の読みきり掲載予定らしいので、それだけ買ってもいいかな。(中途半端なファン魂)

『暗殺教室』が漫画大賞ノミネートされたそうです。たしかに今のジャンプでは一番おもしろい。地元の本屋さんでも漫画売上げランキングで、ワンピースの次の2位だった。ジャンプの代表漫画になってしまうの?

暗殺教室のさりげない伏線から今後を勝手に予想。

生徒たちに暗殺させている理由は、殺せんせーのスキルアップのため。今より強くならないといけない訳がある。ネウロの時のように、中盤から最強の敵が現れ、ギャグ漫画からバトル漫画へと変わる。その本当の敵との戦いに備え、今の生徒たちとのおふざけは準備段階。殺せんせーがE組に来たのは、生徒たちに殺されるためではなく、すっかりやる気を失ったあの子たちの、向上心を高めるため。1話に出てきた女性にE組に行くように頼まれたのには、もっと別の理由がある。実はE組に地球を救う重要人物がいる。それはもちろんあの子。
その1話に出てきた女性は、殺せんせーの恋人で、当時どこかの大学か研究所で働いていた。しかし敵はその研究所で開発した薬品か何かを狙って襲ってきた。そこで、人間だった殺せんせーは、まだ試験段階だった薬品を自ら飲んであの体になってしまう。地球を助けるために月を爆破した殺せんせーは、世界中から命を狙われるはめに。
ところが、命を狙われているというのはカモフラージュで、E組の生徒たちに殺せんせーが地球を爆破する超生物だと思わせる必要があった。

なぜ?

それは知らん。

2巻のデザイン予想は当たったぞ。案外上の予想も近かったりして。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック