2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

眠れない苦労

kage

2012/12/07 (Fri)

 先日の夜のこと。少し風邪気味だったので、風邪薬を飲んで早く寝ることにしました。
 …が、寝付けない。ぜんぜん眠くならないの。もともと独身のころから不眠症のケがあるので、「また、いつものことか」と諦めて、とうとう一睡もしないまま朝を迎えました。
 このまま仕事場へ向かうのは体が持たないと思ったので、ノンカフェインの栄養ドリンクを飲んで、普段通り夕方まで仕事をしました。
 家に帰って、ご飯の支度もせずに、寝床に直行したけど、ぜんぜん眠くならない。いざ寝ようとしても眠れません。
 いつまでもこうしていられないので、起き上がって夕飯を作り、早めに寝る支度をして風邪薬を飲んで、寝ようとしたのですが、また今夜もまったく寝られないのです。羊を数えたり、心を無にしたり、がんばって寝る努力をしても、一秒たりとも眠れません。
 布団の中で窓の外が明るくなるのを確認して、不眠の3日目を迎えました。

 この状態での立ち仕事は絶対倒れる、仕事のミスをする、と痛切に感じたので、午前中休ませてもらって、少しでも寝ようとしたのですが、やはりぜんぜん眠くなりません。ウトウトもしないし。ただ小刻みに手が震えてきただけ。
 しょうがないので、ボーとしたまま仕事場へいき、ぼんやりしたまま手を動かし、何とか無事に仕事を終えました。
 今日こそ寝ないと体がおかしくなる。交通事故起こす。そうならない為に仕事終わりに薬屋さんへ睡眠改善薬を買いに行きました。道中の車の運転の怖いこと怖いこと。
 睡眠改善薬ドリエルは風邪薬と一緒に飲むといけないらしいので、その日は風邪薬を飲んでいません。祈る思いで寝る直前にドリエルを飲んで布団に入ると、その次の瞬間の記憶がありません。朝までぐっすり。3日ぶりに眠ることができました。

 原因は、たぶん、寝る前に飲んだ風邪薬。
 うちにある風邪薬には「無水カフェイン」が入っています。カフェインが眠れなくなるのは知っていたので、夕方以降はコーヒーや緑茶は飲まないようにしていたのですが、まさか風邪薬の無水カフェインが原因だったとは。
 カフェインは脳を活性化させる効果もあるけど、鼻水を抑える効果もあるので、風邪薬に使われることがあるそうです。

 特に私は夜のコーヒーだけでなく、神経が高ぶるようなこと、寝る前に読んだ本やテレビで興奮した、お酒を飲んで騒いだ、などがあると、全く眠れなくなるタイプなのです。
 眠れないと言うのは、2,3時間しか眠れないではなく、一秒も、一瞬も眠れないのです。そんな気がするだけで寝てるんでしょと言われるけど、だって本当にそうなのです。
 風邪ひいたら寝る間に風邪薬を飲むなんて自然な行為だけど、私には厳禁になってしまいました。
 3日寝てないと人間は異常になるのかと思ったけど、けっこう平気でした。
 不眠症について調べると、『不眠症の人は実は本人の気づかないうちに眠っているんですよ』と言うと治療しなくても治る人が多いと、どこかに書いてありました。私も本当は寝ていると言うこと? いや違う。だって、時計が動くのを目で確認しているから(だから寝れない?)
 眠っていなくても体を横にするだけで寝ている状態の70%と同じ作用があると聞いたことがあります。体を休めていたため、少しはマシだったのでしょうか。それとも回遊魚が泳ぎながら寝るのと一緒で、私は脳は寝ていても意識は起きていることが出来る体質なのでしょうか。

睡眠で苦労するって辛い。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック