2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

ライアーゲームの結末を予想

kage

2012/06/06 (Wed)

ライアーゲームが休載で待ちくたびれたので、勝手に今後を予想してみました。
入札ポーカーの続きではなく、結末の予想です。

まずは、気になるライアーゲームの正体とは?
予想その①
ライアーゲーム主催者は有名な政治家である。ある政党の大物が政権を握り独裁政治をおこなうためには、有能な片腕がいる。政治家には嘘が付きもの。そのために嘘の才能がある人物を探していた。14巻で出てきた事務局最高責任者アーチアさんこそ、その政党トップの人物。柄の仮面は議員たち。白の仮面やサングラスの人は秘書。政治資金でこんなことしているのを知られたらまずいので、顔を隠している。
予想その②
事務局の正体は、日本の大財閥である。世界的トップに立つためには、平気で人を騙し他人を蹴倒しカネを儲ける才能のある人物が必要。ライアーゲームを利用して真のライアーキングを選び企業に引き入れたい。そのための多額の出費もいとわない。
ヨコヤが作中で「ライアーゲームの正体を知っている」と言っている。ヨコヤは金持ちのボンボンという設定。親の人脈から知ってしまったとも考えられる。

この財閥説がアリだと仮定して、今後の展開を考えてみる。

秋山は直を守りながら、着々とゲームに勝ち進んでいく。しかし秋山の目的は、ライアーゲームの正体をつき止めつぶす事。そのための作戦は、勝ち残った最後の人が他人の何百億の負債を背負って「生きる不良債権」になること。そうすれば返済できず、主催者もろともつぶれる。秋山はその最後の一人になろうとしている。だから、秋山は自分が巨額の借金を背負うことも怖くないのだ。
そして最後は秋山&直、ヨコヤ、ハリモトの三つ巴戦になるが、ヨコヤ、ハリモトは敗退。結局残ったのは、秋山と直。つまり二人が決勝戦で対決することになる。そのとき初めて二人はライアーゲームの正体を知る。
『優勝者には何十億の賞金が与えられる。また、財閥の抱える親会社の社長の片腕として働き、それなりの報酬も与えられる。ただし条件として、あらゆる汚い仕事でも手を貸し、決して口外してはならない。秘密を知ってしまった以上、生活は監視され自由はいっさいない。断れば借金とともに地獄が待っている』
これが優勝者への「ごほうび」。秋山は直にこんなことをさせたくない。それは直も同じ。お互いのために秋山と直は、自分が優勝するしかないと考える。
いよいよ、最終ゲーム開始。そこで秋山は重大なミスをする。「直は絶対に秋山を裏切らない。嘘はつかない」と決め付けていたのだ。ところが、直は秋山や事務局を騙し、優勝する。
けれども、アーチアはわかっていた。直はお金のためではなく、秋山を守るために自分を犠牲にしようと考えていたのを。
以前から事務局は直に一目置いていた。頭脳で攻める秋山に対して、直は心で人を動かす。人を動かすのはお金ではないと直に気づかされたのだ。
アーチアはもし直が優勝したなら、この「優勝のごほうび」は無しにしようと決めていた。つまり、計画そのものをキャンセルしたのだ。
こうして、秋山と直は開放され、お金も受け取ることなく、それぞれの生活へと戻り、おしまい。

しかし、読者の気になることはもうひとつ。二人の恋の行方です。
これまで二人に恋愛を臭わせる部分はほとんどなく、入札ポーカーで二人の絆の強さを思わせる場面がありましたが、その程度では、まだまだゆるいのです。
最終的に二人はラブになると思うので、今のうちから少しずつ「秋山さんのことが気になる…この気持ちは何?…まさか私、秋山さんのことを……どきっ」みたいなのを、ゲームの最中に入れといて欲しいんですけどね。
優しくてかっこよくて頭がいい、なにより必ず自分を助けてくれる秋山を、直が好きにならないわけが無い。秋山だって、かわいくて素直で巨乳の直に、好意を持っているはず。

ならば、二人のラストも勝手に妄想。
ライアーゲーム決勝戦の帰り道、秋山と会う理由がなくなった直は寂しい気持ちになる。
そんな直の表情をみて、秋山はポツリと自分の心を打ち明ける。
「今まで母の死をきっかけに人を信じられなくなっていた。でもきみのお陰で心を取り戻した。本当に信じられる人が出来たからだ」と。
直はそれが自分のことだと思って赤面し照れる。しかし秋山は言う「でも最後にまさかお前に裏切られるとはな。まんまとお前に騙されたよ」と。直は嫌われたと思い慌てて「違うんです。あれは……」すると秋山。
「人を疑うことは、その人を知る行為。相手のことをもっと知りたいからこそ、疑いたくなるのさ」
「え?…」
「俺はまだ君のこと、わかっていなかったようだね。もっとそばにいて君を知る必要がある」
「それって、どういう……」
「そのままの意味だよ」
「秋山さん……」

なんつってー!

こんな最終回だったら、コンビニで立ち読みした人、ヤンジャン投げつけるな。
「りぼん」かよ!
「マーガレット」かよ!

秋山はそっけなくて冷たい態度をとりながらも、優しい言葉もかけてくれる男なので、こんな感じが似合うかな、と。
ラストの二人にハッピーが訪れますように。


ランキング


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ライアーゲームの結末を予想】
ライアーゲームが休載で待ちくたびれたので、勝手に今後を予想してみました。入札ポーカーの続きではなく、結末の予想です。まずは、気になるライアーゲームの正体とは?予想その①ライアーゲーム主催者は有名な政治家である。ある政党のトップの人物が政権を握り独裁政治...

2012.06.09 (Sat) | まとめwoネタ速neo