2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

古事記1300年神話をめぐる その②

kage

2012/05/10 (Thu)

八雲立つ風土記の丘(松江市)
広い敷地に前方後方墳の形をした展示学習館があります。風土記の丘周辺は遺跡や古墳が分布する土地。展示館にはこれらの遺跡から出土した土器や『出雲国風土記』の写本などが展示してあります。
中でも一番のウリは、「額田部臣銘文入大刀」と「見返りの鹿埴輪」(いずれも重要文化財)ですね。古墳時代の出土品で文字が書かれた太刀は貴重らしく、額田部という人がここの部民の管理者だったという証拠になるものらしい。
また、振り向いた鹿の埴輪が、キレイに形を保ったまま出土されるのも大変珍しく、他の博物館には持ち出し禁止の、ここでしか見られない貴重品らしいですよ。

展示室を出て、「次、岡田山古墳行ってみる?」と話していたら、受付の人が、「だったらコレ使ってください」とランタンと鍵を貸してくれた。「後で返してね」だって。
自由に、中に入ってみてもいいってこと? それすごくない?

同じ敷地内にある岡田山一号古墳。
120429_1326~01

この中からさっきの「額田部臣銘文入大刀」が出土されました。すぐ近くに岡田山二号古墳はあるのだけど、中は開けずにそのままらしい。なんでだろうね。お宝があるかもしれないのに。

これが、岡田山一号古墳入り口。これぞ黄泉の国っぽい。
120429_1323~01

中はこうなっています。こわー。

120429_1324~01


自分で鍵を開けて勝手に古墳の中に入れるって! なんか私ひとりで興奮してるけど、セキュリティとか大丈夫なのかね。悪さする人はいないのかもしれないけど、勝手にずかずか入れるって!
前の記事にも書いたけど、島根県民って遺跡や古墳が珍しくないのでしょうかね。近所の公民館前に「石棺」がおかれてあるのだけど、子どもたちが上に乗っかったりして、普通の石と同じ扱いをされているのさ。いいのかね。古代の歴史が分かる大事なものなんじゃないの?と思うんだけど、いいんだろうね、誰も怒らないから。
古墳や石棺も「中の人」で扱いが違うってことかしら。それもどうだろう。

つづく。

るるぶ古事記1300年 古代ロマンの旅 (目的シリーズ)

新品価格
¥880から
(2012/5/19 21:51時点)


ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 松江情報へ
にほんブログ村
関連記事

この記事へのコメント

kage

Re: 謎の出雲王権と語部

そうですね。はい……。ごめんなさい、出雲の歴史や古事記についてブログに載せてますが、ぜんぜん詳しくありません。だから古代史に詳しい人が来られて、なんじゃこのブログと思われたら申し訳ないと気にしつつ、ド素人目線で書いています。

風土記の丘の案内の人が、出雲の歴史博物館には出雲周辺の。風土記の丘には、この周辺と東出雲安来の出土品が置いてある、と言われた気がします。
風土記の丘の見返りの鹿ちゃんですが、案内の人が「持ち出し禁止だからここでしか見られない」と言っていたのに、神話博で展示されてました。まあいいか。
古事記は歴史書だけど、ファンタジー小説みたいでおもしろいです。

Posted at 16:06:10 2012/09/13 by 朔の月(さくのつき)

この記事へのコメント

kage

謎の出雲王権と語部

 まあ、だけど意宇王の本貫はたぶん安来あたりじゃないかな?

Posted at 21:47:11 2012/09/12 by 古事記ファン

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック