2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カビにやられた

kage

2011/09/13 (Tue)

私のかわいいゴズ(ハゼ)さんが、日に日に減っていくよ~
昨日まで元気に泳いでいたのに、次の日にはもう水底に沈んでたりする。

死んじゃう子には白いもやっとしたカビみたいなのが付いていて、それを朝発見したら、夕方にはもう沈んでご臨終。
伝染するので、カビが付いてる子は別宅へ移しておくのですが、しばらくすると本宅のほかの子にも同じような白いもやもやが付いている。
朝出勤前に見たら、とうとう一番元気だった子にも白いものが付いていたので、わわわどうしようと思いつつも、とりあえず仕事へ。仕事中も頭の中お魚さんのことばかりだよ(こら←社長)
魚用の薬を入れたほうがいいのか。しばらく考えをめぐらす。私の中の悪魔と天使が言い争うのさ。

悪魔「別に川で獲ってきた魚だし、そこまでしなくていいじゃん」
天使「でも、せっかく懐いてきたし、長生きさせてあげたいですわ」
悪魔「観賞魚用品ってけっこう高いぜ。死んだらまた獲って来れば?」
天使「ペットを飼うってことは、それじゃあダメなんですわよ(←誰だよ)」

ううう~ん。天使の勝ち

仕事帰りにホームセンター直行。
お薬を買ってきました。
お魚に白いカビのようなものが付く。その名も「水かび病」 分かりやすい~。
だけども、朝、カビが付着していた子は、夕方には底に沈んでおりました。
ごめんよ~。お母さん帰ってくるのが遅かったか~。うっ うっ。
涙をこらえてさっそく、お薬投入。青い水の中で、一応元気そうにしておりますが、大丈夫でしょうか。ちと我慢してくれよ。

PT360061_convert_20110914231017.jpg

水の色が濁っているのは、水換えしてないのじゃなく、薬剤の色。
ゴズの隠れ場所として、貝殻や竹筒を入れてます。水草をもっとたくさん入れていたのだけれど、薬の説明書に「水草は除いてください」とあったので、写真に見切れている金魚鉢に移しました。そこには大量の水草と貝が……。かい~。水草にくっついて避難して来よった!
エアーポンプは使ってないので、酸素不足にならないか心配。一応「酸素石」ってモンを水に入れているので、大丈夫だと思うけど…。薬が効いてきたらミネラル豊富な「麦飯石」も入れてあげよう。

この水槽ね。川で獲ってきた生き物を適当に入れて、死んでもそれが他の魚のエサになり、ボウフラやヤゴが発生して、食う食われるが自然な状態で起きる、そんなビオトープにしようとはじめたはずなのに…。
なんか、過保護に育てすぎかしら。自然な状態に近づけるために、ポンプは使わず玄関ポーチに放置しているんだけど。人の手を加えすぎたらビオトープとは言わないか。
暇さえあれば、玄関前にしゃがんで水槽をのぞきこんでいる私。近所の人に何度も目撃されたけど、いいの!
今は、ゴズの成長が楽しみです。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック