2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

募金を なかまと ぽぽぽぽーん

kage

2011/03/20 (Sun)

募金活動に行ってきました。夫の職場の有志が、市内の大型スーパーで募金活動をすると聞いたので、あまり乗り気じゃない夫に「私も行きたい」と頼んで、参加させてもらいました。交代の人が来るまで、一時間ほど募金箱を持って立っていましたが、たくさんの人がお金を入れてくださいました。お札も結構多かったです。
やはり今回の大地震は、遠い島根県民も無関心ではいられないと言うことですね。
私たちに一人の男の人が話しかけてこられました。
「自分は原発のある福島県出身です。被災者のために募金活動していただきありがとうございます。私は今、各地で義援金活動などしてもらっている人に、お礼を言って回っています」と。
見知らぬ人たちで、支援の輪でつながっていくのはいいことですね。

島根では地震による被害は何もなく、食料品などの買い占めやガソリンの売り切れもありません。一部のお店では乾電池が品薄になっているようですが、首都圏に住む知り合いや家族に送るためらしく、さほど混乱していません。
阪神大震災のときも、京都や滋賀は水道も電気も通ってるのに、水が売り切れたそうです。直接神戸などに届けに行く人たちがいたためらしいけど、今回は被災地でない東京で、水や乾電池ガソリンだけでなく食料品まで買い占められていく。
計画停電なんでたった3時間でしょう。飢え死にしないよ! 乾電池もそんなにいらんでしょ。炊飯器もテレビも乾電池使わないんだから。
懐中電灯がどこへ行っても売り切れだとか。驚いた。東京の人は懐中電灯持っていないのですか。停電と聞いてから買いに行くの?東京モンはアホちゃうか。過剰反応しすぎ。これを見ている人で東京の人がいるかもしれないけど、それでも言う。あんたらおかしいよ。近隣の千葉や茨城だって被災地なんだぞ。その人たちに行き届かんだろ!

テレビで榊原郁恵が言っていた「物資はたくさん送られているのに被災地の人に届かない。病院に薬もない。個人で直接届けにいったり宅配便で送ることも止められている。それなのにテレビカメラは避難所や孤立した場所にまで入っていける。ならばテレビクルーが物資を運んでくれればいいのに。」
そう!それなのよ!私もそう思っていた。
テレビキャスターが現地に取材に入っているようですが、まさか手ぶらで行ったんじゃないでしょうね。自分の食料だけ持って行きましたか。避難所はアメ玉一個でも嬉しいと思うよ。
テレビ局は『いい画』が撮れることを優先する。みんながかわいそうと思う『悲惨な画』を欲しがっている。
ある老人ホームのお年寄りたちが避難している様子をテレビで観た。
津波がそこまで来ている。職員の女性が一人でお年寄りを避難させるが、なんせ歩くのが遅い。津波を立ち止まって眺めたり津波の方向へ歩いて行くお年寄りもいる。女性が「早く!急いで!」と叫んでいる。
おい!それをカメラで撮っている奴! どこのどいつか知らんが、カメラ構えてないで、お年寄りおんぶして走れ!
テレビクルーは比較的物資が届きやすい大きな避難所ばかり入っていませんか。同じところばかり行かずに、福島へ行け。
避難地域になっていない福島県西部にも水も食料もないのに、被爆を恐れて誰も近づきたがらない。福島県産の食品が放射性物質が採取されただなんて、テレビで言っちゃたら福島県の農産物はどうなる。ごっそり大勢が他県に避難されているけど、残っている人もいるんでしょ? 福島県を見捨てないで。

外国から冷静に秩序を守る日本人が称賛されているようですが、本音は冷静でいられるわけないじゃないですか。
日本人は「世間体」を気にする民族だから「みんなも我慢しているから」「非常識だと思われたくない」という心理がこんなときにも働くわけで、ましてやテレビカメラを向けられたらなおさら、取り乱してはいられない。
それでも火事場泥棒的なことが起きていて、認知症のお年寄りは放置される。救助に当たっている人が時間が来れば作業をやめて帰っていく。そんなことを非難する人もいるけど、彼らだって被災者だ。ギリギリのところで生きている。電気やガスの通った暖かい部屋でテレビを観ているだけの人が責める権利はない。

有名俳優がメッセージサイトを起こして有名人たちの応援メッセージが見られるだとか。若きプロゴルファーもテレビでメッセージを送ります、とか言っていた。子供たちに人気のマンガキャラクターの作者がメッセージ入りイラストを描いてくれました。なんてテレビでやっているけど、
そんなん、いらんいらん。メッセージはいいから、顔のアンパン食べさせろ。
(ちょっと古いけど)同情するなら金をくれ。
あんたらお金持ってんだろ。これからも稼ぐんだし。とにかく今はお金お金。

過去の大きな災害のときも救援物資はたくさん届くけど、道路状態も悪く、仕分け作業に手間取り、被災者に届くまでにパンや牛乳などは賞味期限が切れていた、何てこともあったそうです。今回だって早く配りたいのにガソリン問題で届けられない。日本にガソリンがないわけじゃないのに、いったい何やってんですか、カンさん。今頃「数日待って」と言ってもさー。
避難所生活がこれまでの災害以上に長引くのはわかったこと。パンやおにぎりなどを届けるより、食材や調味料、調理器具などを渡してあげたほうがいいんじゃないか?

今回の大地震で皆さんもいろいろ考えたと思います。
各地でイベントが中止されたりコマーシャルが同じのばかりやっていたり、自粛のためかわかりませんが、ちょっと違うと思うんだよね。被災者が今一番望んでいるのは何かってことですよ。
何かしてあげたいと思うなら、まずは募金。節電。
こっちは西日本だから節電しても影響ないけど、一人ひとりが何かをしないと。
昨日、募金活動でわずかの時間だけど、少しは役に立ったのかもしれないと思うと、いい気持ちになりました。これだけじゃなくて、もっと私にできることはしていきたい。きっと伊達直人さんもこんな気持ちだったんじゃないかな。
さあ、今こそ、あなたも伊達直人。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック