犬夜叉54巻感想

背中に埋め込まれた、最後の四魂のかけらのお陰で命を繋いでいる琥珀は、奈落により背中を貫かれ、かけらを奪われてしまいます。奈落の持つ四魂のかけらは、桔梗の残した一筋の光により、玉が完成したと同時に浄化され奈落は滅びる、とされていました。しかし桔梗の光は奈落の持つかけらを離れ、琥珀の命を救うために、琥珀の身体に移った、つまり、奈落は桔梗の光を失い、汚れに満ちた玉を手に入れてしまった。

もともとは、見動き出来ない野盗が、桔梗を連れて逃げる身体欲しさに妖怪たちを寄せ集め生まれたもの、それが奈落。奈落は汚れに満ちた四魂の玉を手に入れるために、犬夜叉と桔梗を騙し、憎しみ合わせた。
そして、とうとう汚れた四魂の玉を手にした奈落は、玉を使って何もするつもりはない、と言う。もし奈落が犬夜叉たちを倒したとして、その先に何があるのか。奈落の本当の望みとは何なのか。どうやら奈落本人も分からないようです。

そして四魂の玉を使って巨大な蜘蛛に変化した奈落のもとへ、犬夜叉一行(大人組)が向かいます。子供組(邪見含む)は、楓の村でお留守番。
一足先に奈落の元へと駆けつけた殺生丸は、奈落の体内に人質に取られたりんを救うために、ためらいも無く巨大な蜘蛛の体内へ乗り込んで行きます。その後へ続く犬夜叉一行。犬夜叉たちをおちょくるように、ひょっこり顔だけだして憎まれ口を叩いては消え、またひょっこりを繰り返す奈落。
奈落の体の奥にある汚れた四魂の玉に近づくにつれ、犬夜叉は毒気にやられ妖怪化してかごめを襲います。以前は妖怪化しても理性は失わなかったのに、ここに来てなんで?
犬夜叉に押され、崖(肉塊)から落ちて気を失うかごめの元へ現れた殺生丸。かごめを起こすわけでもなく、気がつくまで側にいて、まるでハエを追い払うかのように、飛んでくる妖怪を片手でぺちぺち払い落としてくれています。再びりんを探して歩く殺生丸の後について行くかごめ。「あんた鼻が利くんでしょ」って……。犬扱いかい!殺生丸さまに向かってそんな口を!それでも腹をたてる風でもない殺生丸。
かごめと殺生丸が二人で歩くなんて、これまでに無い組み合わせじゃない?まぁでも殺生丸さまの頭の中はりんちゃんのことしかないようです。
それにしても殺生丸の白いもこもこ。2巻の初登場では膝までしかなかったのに、今はずっと後ろまで引きずってます。伸びるんだね~。やっぱり体の一部か、あれ。それを教会でウエディングドレスの裾を持って歩く子供のように、抱えてついて歩くかごめ。そんなに仲良かったっけ?この二人。

そして突然鼻が利き、りんの居所が分かり駆けつけると、そこには曲霊にとり憑かれた犬夜叉が。逃げた犬夜叉&曲霊を追う殺生丸。かごめについて来いと言わんばかりの抜群のコンビネーション。呼吸もぴったり。
かごめの身を案じて「ここにいろ。邪魔だ」と言ったと思ったら、犬夜叉を助ける為に崖(肉塊)から滑り落ちるかごめを、助けにも行かず「ちっ」の一言。……殺生丸という人がよくわかりません。
兄弟で闘わせるのが奈落の思惑と知りながらも、犬夜叉を曲霊ごとたたき斬るつもりで刀を向けたかと思えば、素手でぶん殴ったり、攻撃をかわすだけの殺生丸。犬夜叉だって妖怪化していながら、わざと狙いを外したりして……。言ってることとやってることが違う、似たもの兄弟ですね。いったい何やってるんですか、この二人は。今、兄弟けんかしてる場合じゃないでしょ?奈落のこと忘れてない?

奈落は「所詮犬夜叉は、か弱き半妖」「心弱い半妖のきさまを救ってやろう」などと言って犬夜叉を惑わし弄んでいますが、そう言う奈落も半妖。いつまでも犬夜叉と桔梗の仲を嫉妬したり、その嫉妬心に戸惑ったり。一番心弱いのは、奈落かもしれません。

一方、珊瑚を助けるために、風穴に自分自身が飲み込まれるのを覚悟で、最後の風穴を開く弥勒。ある決意をして珊瑚のそばから離れます。
そして弥勒の死期が近いことを知り、心乱れ震える珊瑚。
ちりちりばらばらになった仲間たちは、どうなるのでしょうか。55巻へ続く。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

>さとうさま
結羅ですね。最初の敵。かわいい女の子なのに、腕を斬ったり胸に穴を開けたりむちゃくちゃやってましたね、あの頃の犬夜叉。
神楽も神無も敵といえば敵だけど、同情してしまいます。悲しい運命というか、最期も可哀そうだった。
「高橋留美子展」で、殺生丸が天生牙の秘密を知り冥界へ行くときの話しをアニメでやっていたそうですよ。観たかったー!

ども、こんにちは。
犬夜叉の最初の敵キャラは女性キャラでしたね~、たしか。
中盤まで神楽がずっと健在だったから、バランスがとれてるかもです。

ちらちらと海外のサイトを見ていると女性キャラだと神楽さ珊瑚は人気があるみたいですね。絵も綺麗ですが、性格的にわかりやすいかも。

>藤咲様
鋼の錬金術師、またやるのですか!?
今ちょうどコミックスで読んでいたところです。家族愛とか友情とかテーマになったいい話だし、絵もきれいで読みやすい!

なんか、今、昔のアニメが復活するの流行ってません?ヤッターマンとかコブラとかゴルゴ13とか金田一少年とか。
このブームに乗って犬夜叉アニメ続編やってほしいなー。再放送は関東ではしてるらしいですよ。スカパーも。

犬夜叉キャラ、特に敵がイケメンぞろい。奈落が男前だから、その分身の白夜ってのがまた、中性的な色男なんですわ!敵は男が多いんですよね。「犬夜叉が女を斬るのはまずい」と留美子先生が言っていました。

いやー、十六夜さんのおかげで、犬夜叉を読んでもいなのに内情が知れて、本当ありがとうございます^^
よく考えたら犬夜叉って美男美女ばっかだよなー……ホントにアニメまたやらないですかねー。再放送でもいいよこの際。
鋼錬もまたアニメやるみたいですし、そんな感じにならないでしょーか。

久しぶりに見ましたねー。北条くん。
最後の弥勒さん、本当に死んでしまうのかと思いましたよー。
軽薄に見えて冷静な判断力の持ち主、犬夜叉一行の頼れる影のリーダーですよねー。弥勒さんて。物事をフカンで見れる、頭のいい人だと思います。
動画で海外版の犬夜叉アニメを見たんですけど、タイ語やヘブライ語の字幕スーパーの中に、「tessaiga 」「bakuryu-ha 」「kazeno-kizu」と、そのままの言葉を使ってあって、これで外国の人、意味わかるのかなー、と思ってしまいました。

ども、こんにちは。
54巻は、いいところで終わってましたね~。すっかり忘れられてた北条くんも出てきたし、終わりに向かってひた走ってる感じです。

今日の教育テレビ『英語でしゃべらナイトJr.』に、ちょっとだけですが、ニューヨークの本屋さんに並んでた犬夜叉が紹介されてました。
プロフィール

朔の月(さくのつき)

Author:朔の月(さくのつき)
    
性別;女
居住所;島根県


ジャンルごちゃ混ぜブログ。カテゴリからお探しください。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑気に入ったらクリックしてやってください。

ライフメディアへ登録









↑アンケートに答えてお小遣い稼ぎ

このブログに掲載されている全ての作品の著作権は朔の月にあります。無断転載は禁止です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

現在の位置
朔夜にひとり
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年09月 07日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 犬夜叉
  └ 犬夜叉54巻感想
by AlphaWolfy
アイコン付きツリー化カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
過去記事(ログ)スクロール

2018/07 (3)

2018/06 (5)

2018/05 (2)

2018/04 (1)

2018/03 (4)

2018/02 (2)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (3)

2017/10 (2)

2017/09 (2)

2017/08 (2)

2017/07 (1)

2017/06 (3)

2017/05 (4)

2017/04 (2)

2017/03 (1)

2017/02 (2)

2017/01 (2)

2016/12 (4)

2016/11 (8)

2016/10 (2)

2016/09 (2)

2016/08 (2)

2016/07 (5)

2016/06 (5)

2016/05 (4)

2016/04 (1)

2016/03 (3)

2016/02 (2)

2016/01 (2)

2015/12 (4)

2015/11 (2)

2015/10 (2)

2015/09 (1)

2015/07 (1)

2015/06 (2)

2015/05 (1)

2015/04 (4)

2015/03 (3)

2015/02 (3)

2015/01 (3)

2014/12 (4)

2014/11 (4)

2014/10 (3)

2014/09 (4)

2014/08 (2)

2014/07 (3)

2014/06 (4)

2014/05 (1)

2014/04 (5)

2014/03 (4)

2014/02 (3)

2014/01 (4)

2013/12 (2)

2013/11 (3)

2013/10 (5)

2013/09 (4)

2013/08 (5)

2013/07 (2)

2013/06 (5)

2013/05 (3)

2013/04 (5)

2013/03 (7)

2013/02 (3)

2013/01 (4)

2012/12 (6)

2012/11 (5)

2012/10 (4)

2012/09 (4)

2012/08 (6)

2012/07 (5)

2012/06 (6)

2012/05 (5)

2012/04 (4)

2012/03 (5)

2012/02 (5)

2012/01 (6)

2011/12 (7)

2011/11 (8)

2011/10 (6)

2011/09 (6)

2011/08 (5)

2011/07 (3)

2011/06 (3)

2011/05 (4)

2011/04 (4)

2011/03 (4)

2011/02 (5)

2011/01 (2)

2010/12 (3)

2010/11 (2)

2010/10 (4)

2010/09 (1)

2010/08 (2)

2010/07 (4)

2010/06 (3)

2010/05 (6)

2010/04 (2)

2010/03 (5)

2010/02 (5)

2010/01 (5)

2009/12 (5)

2009/11 (7)

2009/10 (7)

2009/09 (6)

2009/08 (4)

2009/07 (6)

2009/06 (10)

2009/05 (9)

2009/04 (8)

2009/03 (5)

2009/02 (2)

2009/01 (3)

2008/12 (4)

2008/11 (6)

2008/10 (7)

2008/09 (5)

2008/08 (5)

2008/07 (4)

2008/06 (11)

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
374位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
49位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

文字を大きく・小さく
    ブログ内検索