2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

著作権ってなーに

kage

2010/10/18 (Mon)

中学三年生の女の子の詩が文学賞新人賞を受賞したが、実は投稿サイトにあった詩の盗作だったことが後でわかって、受賞取り消しされた、というニュースがネット上でも話題になっていますが。
……騒ぎすぎじゃないですか?

確かに、丸写しってのはまずいですよ。いくら14歳でも盗作が良くない事ぐらい知っているはず。だけどそれに気がつかない審査員も抜けてるんじゃないですかね。
小説の一部を盗作したなら、数多いネット小説から探し出すのは大変だけど、詩の全篇なら検索したらすぐ出てくるでしょうし。分かりそうなものなのに。
何度も受賞経験があり、中学生と思えない言葉の使用などで審査員の間では実力のある子として有名だったらしいですが、盗作作品で受賞しても平気でいるような子なら、それらのすべても盗作だと思われても仕方ない。ていうか、常習犯だったという噂もあるけど、本当ですか。
盗作された人の気持ちを考えるとひどい話だわ。

単なる国語の宿題として提出したってんならこれほど大騒ぎにならなかったのに、丸写しして賞を狙っちゃあだめでしょう。そんなことも分からない、そこがまだ子供なんだね。やっぱり中学生の考えそうなこと。
だから、この子を犯罪者のようにネットで中傷するのはやめてあげようよ。
その子が実際どんなつもりか、知らないけどさ。
バレなきゃこれからも同じことして、賞金もらってヌケヌケと自慢してるような子なのか、悪いこととは分からずに軽い気持ちでつい丸写ししてしまって、新聞に出てしまい学校や周りからいじめや悪口言われて、家に引きこもっているのか、その子が今どんな状況なのか私には分かりませんけど、詩とか新人賞とかまったく興味もなかった人まで、悪口言うのはおかしいよね。

盗作された元の詩ってのは、確かにいい作品だと思います。大人が書いたのなら。
あれだけの難しい詩を中学生が書いた、というそれだけが受賞理由だとも思う。
さほど人生経験のない14歳が書いたとしたら、それは心の底から出た叫びではなく、借り物の言葉を並べているだけだと安易に予想できる。つまり自分の言葉じゃなくてもかっこよければそれでいい。それほどまでに中学生の女子なんて、夢見る夢子ちゃんなのだ。それが見抜けなかった審査員が悪い。

以前、投稿サイトをあちこちのぞいていた時、そこにいる中学生たちはやはり怖いもの知らずだった。
誉めると作家気取りで調子に乗り、けなされると、相手に悪態をつく、そんな勘違い中学生を何度もネット上で傍観した。もちろん私は単なる傍観者。ネット上で見知らぬ中学生と喧嘩するほどアホじゃない。

中高生が詩や小説で受賞するのはすごいですよ。でも、それは大人の目線で「中学生が書いたにしては上手だね」というレベルだ。同じ作品を「20歳です」と言って出したら受賞できるか分からない。
でもまあ、賞をもらっただけとはいえ、賞金を受け取っちゃってるから、中学生のした事だから許してあげてじゃあ済まされないかもね。どっかの元モー娘のようにパクリを集めて本にして販売したってほどではないから。

今回の騒ぎは、狭い世界で生きている甘ちゃん中学生には、きつすぎるお仕置きだったかもしれないが、私が中坊だった頃と違って、今は子供でもブログをしたり、パソコンでコピペなどの操作ぐらい出来てしまう時代。ちゃんと子供にモラルを教えない大人が悪いんじゃないか?

話は変わりますが、詩の受賞で思い出したけど、私も中学一年生のとき、詩で賞をもらったことがある。
お母さんの詩、というテーマで。
国語の授業時間に書けなくて、放課後適当にささっと書いて先生に提出した詩が、どういう訳か県で入賞してしまったのです。県民会館で表彰されるって言うので、お母さんが喜んじゃって一緒に表彰式に行ったんだけどさ。
お母さんは「どんな詩書いたの?」とうきうきしている。きっと母親に感謝の言葉を贈った詩だと思っているに違いない。私は「う、うーん」と言いにくそうに答えるしかなかったのさ。だって、その詩は「うちのお母さんはお父さんとけんかばかりしています」という小学一年生が書いたようなガキくさい内容で、とても中学生の書く詩とは思えないんだもん。しかも夫婦喧嘩のことしか書いてないよ。
表彰式で初めて詩を読んだお母さんの、青ざめた顔ったらないね。
その後も、その詩が詩集になったり市の公報誌に載ったりショッピングセンターに貼り出されたりで、お母さんに「あんたのせいで、恥ずかしくて外歩けんわ!」と怒られたよ。こっちだってまさかあんな詩が入賞するとは思わないもん。
いや、本当、中学生ってこんなもんだって。

つくづく、詩ってわからない。
自分でも恥かしい思い出のひとつだ。なんであんな詩が?って本気で思うよ。
無理して難しい言葉を選ばなくても、短い詩でも、相手に何かが伝わればいいってことなのかな。
我が家のみっともない日常が伝わっただけだと思うけど。
ん? でもあれ以来、詩や作文で賞もらったことないぞ?
私の受賞歴って、あれで最後?

まあ、輝かしい栄光ってことで。


関連記事

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

今回のこのニュース、親さんが気の毒だと思って。
天才中学生詩人的に言われた自慢の娘が、新聞にまで載って犯罪者扱いですからね。まあ、実際、著作権侵害と賞金の詐欺ですから犯罪ではあるけど。
親さんが賞の辞退や賞金の返金とかであちこちに謝罪して回っているらしく、そんな親の姿見たら、この子も事の重大さにやっと気がついたかもしれないな。親に迷惑かけちゃいけないよ。

親に迷惑と言えば、私の詩の話。
いや、あれねー。子供の詩ってこどもらしくてユニークなのが大人にウケたりするじゃないですか。たぶんそれだと思う。
詩の内容は『くだらん原因で夫婦喧嘩ばかりしている親をあきれて見ている私。ある日お母さんに聞いてみた、「どうしてけんかするの?」するとお母さんは答えた、「そりゃ仲がいいからよ」』
…てな感じだったと思う。
ありのままを書いた詩なのに親には「いらんこと書くな」と怒られ、さんざんな思い出ですよ。
小学校のときは、絵や感想文の賞はよくもらってた記憶はあるけど、中学高校時代はさっぱりですね。
やっぱり子供の感性のほうがいいってことですね。
今では、ランキングに登録したぐらいで、賞の公募は出したことないです。
無理だってわかってるし、ああゆうのって文字数とか原稿用紙の書き方とか、決まり事が面倒くさくって。
それに小説も一年くらい書いてない。つーか書けない。
年に二回もパソコンが壊れるわ、小説のデータが消えるわ、ワードの設定もいちいちし直ししないといけないわで、すっかりやる気ダウンです。

Posted at 23:21:40 2010/10/27 by 朔の月(さくのつき)

この記事へのコメント

kage

えー、そんなことあったんですか。
全然知りませんでした。

ということで軽くググッてみたら、あれよあれよと出ますね~。結構噂になってるんですね。
何度も同じことを繰り返してたって、あらまぁまぁ。

確かに、2ちゃんねるで立ち上げるほどかなぁと思いました。
でも、自分の力だけでコンクールに色々応募したりして頑張っている人が沢山いる中で、そういう事件があると、どうしても責めたくなるのかも。
特に、投稿サイトとかあって、創作活動をしている人って大半の人がネットを使えるから、余計かもね。

何とか探して私もその盗作されたという詩を一つ読んでみましたが、確かに素晴らしい詩でした。
ちょっと中学生が書いたとしたら問題があるくらい暗いなぁと思いますけど。
そういう詩を選んでいる辺り、その女の子も心が病んでいたのかもしれませんねぇ。

それにしても最近詩なんてとんと書いてませんなぁ。
そういえば、今「NovelMark」にアクセスするとどうなるか知ってますか?
何か、車の売り方とか、そういうサイトに繋がるんですよ。
URLはそのままNovelMarkだから、なんか不思議な感じがします。

県で表彰されるとか、すげぇな!!
読んでみたいですw
色々な場所に張り出されたなんて、結構大きなコンクールだったんですね。
十六夜さん、前に詩なんて書けないって言ってましたけど、実は書けるんじゃないですか~。
今度真剣に書いてみてくださいvv

私は感想文とか、国語の授業で作ったやつとか、ほとんど賞なんてとったことないから羨ましいです。
あっても銅賞とかそんなん。
記憶にあるものといえば、小学生の時の愛犬の絵がコンクール入賞して、サファリパークの入場券を貰った気がする(笑)
あと転生學園っていうPS2のゲームが流行ってた頃、公式サイトで川柳募集してて、それに三回くらい入賞して缶バッジもらったような。
なんだか華々しくないんですけどー!

私も何か応募してみよーかなー。
そういうの全然したことないです。十六夜さんはありますか?
その前に作品作らないとだけどね^^;

ではでは何だか長々と失礼しました~。
というかいつも長い上にまとまりなくてすみません;

Posted at 00:22:27 2010/10/26 by 藤咲

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック