2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

ニューパソコン

kage

2010/09/12 (Sun)

新しいパソコン買いました。よく知らないメーカーのです。まだ慣れてないせいか、接続がうまくいってないせいか、インターネットに繋がるまでものすごい時間がかかって、自分のブログを覗くことも出来ず途中で諦めていたのですが、今日はなんとか入り込めました。
しばらくこんな状態かも。

久しぶりに何を書こうか……で、思いついたのが、バイト先のお話。
私がバイトしている縫製工場は、ごく普通の田舎の小さな工場なのですが、時々おもしろい物を作っています。
アニメやゲームのキャラのコスチュームです。
ここでそのキャラの名前を言ってしまうのはNGなのですが、結構有名なゲームやアニメです。

注文時にはイラストしか資料がないので、そこからパターンナーさんがパターンを起こして試行錯誤しながら縫い上げます。
おへそが出るようなセーラー服や、戦国の女戦士の着物風の衣装や、裸エプロンみたいな露出度高めのコスチュームもあります。
コスプレが趣味の人って自分で縫ったりされてますけどね、うちに発注されるのはショーに出るようなモデルさんだと思います。
こっちもプロの洋服屋なので、制服のワッペンなんて一点モノなのに、わざわざ刺繍の機械で本格的につくっています。
他にも、エナメル素材のペッカペカのや、どこぞのテーマパークのコンパニオンさんが着ているようなのや、いろいろやっているみたいですよ。
会社の中で私が一番細身なので、試着を頼まれて着ちゃったりもしてます。メイド服みたいなスカートがふわっと広がったのなんて、普段絶対着ないようなのを着せてもらって、きゃっきゃ言いながら着てみたりして、楽しい職場です。
スタッフや社長(40代・男)が大真面目な顔して、「しっぽはどうやって立たせるか」とか「うさ耳をどこに付けるか」とか相談しているのは、笑えるけど、真剣な仕事です。
あらかじめ型紙があるわけでなく、見本があるわけでもなく、生身の人間でないアニメのコスチュームを実際に形にしていくのって、わくわくする仕事です。
でも、本当は著作権関係でいろいろと問題があるそうです。
会社のホームページに『コスプレもやってます』と宣伝してあるのに、『非売品です』と載っていて、笑ったわ。
どういうことや? 非売品って! 売らないものをただの趣味で作っているわけないだろ!
まあ、社長さんはそのへんも分かっていてやっておられるので、問題ないと思いますが、素人とは違うので、そっくりに作らないとプロじゃないしね。似ていないものや、オリジナルのコスプレ作ったって、売れないものね。

自分の好きなアニメのキャラの服や、自分でデザインした服を、プロに一点モノで作ってもらえるのって、すごくないですか?
どうやって会社を知ったのか分かりませんが、全国からそういった注文があるみたいですよ。
この不景気の時代に、小さな工場が生き残っていくには、大変な苦労があるらしく、社長もいろいろな分野に手を出しているのですが、一応ノーマルな人なので、オタクの好きそうな萌え系アニメやメイド系は分からない世界らしく、私なら詳しいと思ったのか、仕事中に私のところへやってきて、「○さんコスプレする?」とか「ゲームの~ちゃんって知ってる?」と声かけられるので、ぞわっとします。

そもそも、私がこの会社に入ったのは、私の書いたイラストをたまたま社長が見て、「イラストを描ける人を探していた」と言われたのがきっかけです。
でも、私が書いているのは漫画のまねなので、それをそのまま使ってしまうと、それこそ版権問題でまずいのですが、かといってオリジナルのイラストを描くような依頼もなく、仕事としてイラストを描くまではいかないですね。
ラインストーンのデザインは頼まれてしたけど。
いろんな仕事があるんだな~と思いましたよ。

ああ、でも、本当は婦人服やスポーツウエアなんかを縫う工場ですからね。会社のユニホームや某婦人服のブランドやゴルフウエアをやってますね。
先日は「これを着ると飛距離が伸びる」というゴルフウエアを、みんなで「うっそ~」と言いながら縫ってました。

この会社でお世話になって10ヶ月くらいですが、おもしろい経験や発見をさせてもらって(三原じゅんこにも会えたし)何にでも挑戦してみることが大事だなって思いますよ。それまでは私が縫製の仕事なんてできると思っていませんでしたからね。

そんな訳で、暑さでやられた旧パソコンは部屋の隅に放置。
だいぶん秋らしくなったとはいえ、まだまだ30度超えの毎日。災害も各地で起こって大変な夏でしたよね。暑すぎるのも大概にしてくれ!
シメの言葉も見つからないので、この辺で。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック