2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

アニメブリーチ#272

kage

2010/05/26 (Wed)

とうとう来てしまいました。ウルキオラの最期。録画して何度も何度も再生して観た。前半のヤミー(天蓋からの落し物)の辺りは飛ばして。

石田くんの「それをしたら本当にお前は人間でなくなる」
ホロウ化した一護の姿は、今、人間のギリギリラインにいると見ているってことですね。
お腹に刀が刺さっても死なない石田くんも、普通じゃないけど。

織姫ちゃんも優しいな~。
さっきまで大事な黒崎くんを殺そうとしていたウルキオラに、手をつなごうとしてあげるなんて。
そんな織姫ちゃんだから、ウルキオラもあれほど知りたがっていた『心』とは何かを理解できた。

原作で読んだときのイメージより、数倍切なくて美しい映像でした。
ゆっくりとしたつぶやくようなウルキオラの声と音楽が合っていて、よけい切なさがこみ上げます。主人公が敵を倒すシーンがこんなにも悲しいなんて。
もう~!あのかすれ声で「そうか」って!
「この掌にあるものが」のあとたっぷり間を取って、



「心か……」



うう……、たまらない。

「ようやくお前たちに、少し興味が出てきたところだったんだがな」の「ようやく」とは、彼はその時を待っていたという意味にもとれますよね。
原作では、上半身だけ消えていったように描かれていたので、「織姫ちゃん、早く治してあげて!」と思ってしまったのですが、アニメでは、あっという間にさら~っと風に吹かれてコナゴナに消えてしまいました。

もうブリーチでウルキオラを見られないならば、つまらんからどうでもいいや。しばらく現世だらだら編に入るし。

おまけの石田の父ちゃん&一護の父ちゃん。
なんなん?
息子のお腹を串刺しにされて怒るのは分かるけど、なんであの人たち、ウェコムンドの出来事を知ってるのさ。どうやって見てるのさ。
一心はともかく、石田の父ちゃんってあんな人でした?
ウルキオラで泣いた直後にあれって……。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック