2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

犬夜叉 完結編 第17話 感想

kage

2010/01/29 (Fri)

楓の村に帰り体を休める犬夜叉一行。桔梗の死とかごめの霊力封印を報告する犬夜叉に楓は、「封印しているのは桔梗ではなく、かごめの霊力を恐れる四魂の玉のせいではないか」と投げ掛ける。
一方、洞窟の中で奈落は、黒く汚れた四魂の玉と向き合っている。すると、四魂の玉の中から現れ出た何者かが、奈落の体内に入り込み、奈落の妖怪の体を借り(憑依し)、奈落の体を突き破ると、洞窟の外に飛び出した。

旅を続ける殺生丸一行の前に、先ほどの敵が現れる。敵はまっすぐ琥珀を狙う。こいつの狙いも琥珀の四魂のかけら。
武器を失い自分の爪だけで闘う殺生丸は、敵の体に毒の爪を突き刺す。しかし、殺生丸の腕は敵の体を貫いているのではなく、飲み込まれている。とっさに逃げる殺生丸の腕は、毒でただれている。
殺生丸に加勢しようと飛び出した琥珀の首の四魂のかけらに、敵の触手が触れると、一瞬で汚されてしまった。かけらで命を繋いでいる琥珀は、意識を失う。
触手に捕らえられた琥珀を救おうと、殺生丸が手を伸ばすと、敵の触手で腕が貫かれてしまった。
元々左手は失っている。武器も無い。残された右腕まで失ってしまえば、闘うすべは無い。
そこへ現れ助太刀する犬夜叉。誰もが奈落の分身だと思っているその敵が、ひと睨みすると、かごめは意識を失い倒れてしまった。
「自分に技を譲ったせいで殺生丸が大けがをしている。そうでなければ、ここまでやられるわけがない」殺生丸を気遣う犬夜叉に、強気な態度を見せる殺生丸は、気合で傷をふさぐ。巨大な化け犬に変化した殺生丸は、敵の頭を噛み千切った。

首が取れても生きているその敵の名は『曲霊(まがつひ)』
曲霊とは、四魂の玉の悪なる部分。それが妖怪となり実体化したものだった。
曲霊の触手が、化け犬の殺生丸に巻きつく。人の姿になりすり抜けた殺生丸は、我が誇りに懸けて、曲霊を自分の手で倒そうと躍起になる。
鼻が利く殺生丸は曲霊本体の居場所を嗅ぎ分け、天生牙を抜く。
この世に生きる者は斬れない天生牙で斬れるもの。それは、この世の者ではない、霊魂の集まりである曲霊本体。
天生牙で斬られた曲霊本体は、奈落の妖怪の肉片で自分を守る。そして、触手で殺生丸の体を貫き、巻き付かせる。殺生丸を助けようとする犬夜叉も、触手に捕らえられ後が無い。

その時、曲霊の触手の塊の中から、光に包まれた殺生丸が現れる。
光の中に立つ殺生丸は、犬夜叉に斬り落とされたはずの左腕が復活し、しっかりと刀を握りしめている。
その刀こそ、父上の形見ではない、殺生丸自身の刀『爆砕牙』
爆砕牙で斬られた曲霊は体が砕け、斬られてない部分にも効果が移り切り刻まれていく。
たまらず曲霊は逃げ去った。
爆砕牙誕生の気配を察して現れた刀々斎は、こう告げる。
「殺生丸は元々自分の刀を持っていた。それを手にするには、真の大妖怪として独り立ちする必要があった。
かつて、鉄砕牙を奪おうとして左手を失った。だが今、新たに真の自分の刀と共に、新しい腕を得た。それこそが真の大妖怪として父上を超え、鉄砕牙から開放された証」だと。

  ◇

形見の鉄砕牙に執着しているようでは、独り立ちできない。自分の刀は自分自身の中にある。それを手に入れるために父上が与えた試練。殺様はやっと父上の本当の真意に辿り着きました。
父上はこの時を待っていた。鉄砕牙への未練を捨て、癒しの刀天生牙の使い手に相応しい慈悲の心を知ること。殺生丸が強さだけでなく、心も一人前なる日を。
偉大な父上の深い愛情です。
確かに、殺様は今までではあり得ないほど、優しくなりました。琥珀のかけらを狙う鬼どもが現れた時も、琥珀を気遣って鬼が何かしゃべる前に切り捨ててしまったし、曲霊に捕らえられた琥珀を、ケガをした右手で救おうとしたり、犬夜叉の仲間の人間たちを巻き添えにしないように一箇所に集めたり。
以前は人間を虫けらのように殺していた殺様が、人間を守りながら闘うなんて。
「ついて来い」「あとは自分たちで身を守れ」
弥勒たち人間グループにかける言葉は、ぶっきらぼうだけど、優しさがあります。
それなのに……。
化け犬の殺様が曲霊の触手でがんじがらめにされた時、
「犬だし。賢そうじゃないし」
失礼だぞ! 邪見!
確かに、苦しそうにもがく犬が、殺様と同一人物とは思えません。殺様はどんな時でも冷静のはず。
化け犬になると、脳みそは犬レベルになるってこと?
うわ~! 考えたくない!
もう化け犬になるのは本人も懲りたでしょう。怒りが爆発すると、本性を現してしまうけど、犬になると刀が持てないし、捕まり易いし。却って不便だよ。

左腕も元通りになり、最強の刀も手に入れた殺様の反撃開始! …と思ったら、来週かごめはお受験のため、現代へ里帰り。
かごめ、いつ受験勉強してたのさ。大丈夫?

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック