2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

昼ドラです。

kage

2009/11/27 (Fri)

窪田正孝くん出演のドラマ、『Xmasの奇蹟』
今日の放送観てドッキリ!
あのベビーフェイスの窪田くんの、あのかわいいと評判の窪田くんの、熱いキスシーン&ベッドシーンがありました。
そして、裸になった上半身を見てさらにどっきり!
何あの体!?
顔と体が合ってないじゃん!ボクサーのような引き締まった体!中学生のような顔立ちにあの筋肉って!

かっこいい~!

久しぶりに昼ドラにはまりました。
死んでしまった恋人(岡田浩暉)の魂が、同じ日に事故に遭い生死をさまよっていた20才の青年(窪田正孝)の体の中に宿るというお話。
岡田さんが演じるのは、正体不明として人気のあったピアニスト『ゼノ』。彼の死後、無名のピアニストだった友人が自分がゼノだと言い出し、名声も恋人も奪おうとしている。しかし今は窪田くん演じる青年の姿なので、誰も自分に気付いてもらえず苦しんでいる。しかも、もし正体がばれてしまえば、自分の魂は消えてしまう。という切ないラブストーリーなのですね。
ファンタジーなお話なので、昼ドラ特有のドロドロ感は無く、韓国ドラマが好きな人に受けそうな気もする。
実際年齢21才の窪田くんが、中身は35才の男の演技をしていて、その声の出し方や大人びた雰囲気や、本当に岡田さんがのり移ったんじゃないかと思うほど、細かい部分も岡田さん風に演じているのが伝わってきて、感心して観てしまう。
今までの窪田くんとは違う芝居をしています。彼も大人になったな~。

劇中で使われる曲「青の月」もすごくいい。
サントラCDも出ているそうです。誰が弾いているんだろう。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック