2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

犬夜叉 完結編 第4話 感想

kage

2009/10/26 (Mon)

妖刀『奪鬼』は人間の刀鍛冶刀秋が、竜人の鱗を繋ぎに打ちおこした刀だった。
その刀を取りにやって来た竜人と犬夜叉との闘いの最中に割って入る刀秋は、竜人を斬ることで、刀に竜人の妖力を奪わせ、奪鬼を完成させる。
そして、刀に取り付かれた刀秋は、犬夜叉の鉄砕牙の妖力も奪おうとする。激しいぶつかり合いの末、妖力を取られ後がない犬夜叉だが、もともと非力な人間である刀秋は、奪鬼の溜め込んだ強い妖力に耐え切れず体が滅びてしまう。
竜人の刀を斬ることで、鉄砕牙に竜人の妖力も加わった。

一方、奈落の分身『夢幻の白夜』は、四魂のかけらを妖狼族の少年に与え、弟を人質に鋼牙の四魂のかけらを盗って来るように命じる。少年に襲われた鋼牙は、奈落が関わっていると察知して、少年の後をつけると、そこには魍魎丸が。
再び魍魎丸と対決することになるが、鋼牙の足のかけらは、翠子の支配のため動かない。あわやのところに駆けつける犬夜叉。
合流した二人は魍魎丸と闘う。さっそく犬夜叉は『竜鱗の鉄砕牙』で魍魎丸の妖力を吸い取ろうとするが、妖気が逆流して逆に犬夜叉を傷つける。

    ◇

もうどれが何巻の話かわからなくなってきた。ごちゃ混ぜで。
魍魎丸が犬夜叉の金剛槍破の槍を吸収して得た触手で、鋼牙を握り潰そうとしていた場面は、原作では鋼牙ではなく殺生丸。
また、犬夜叉と白夜が初めて顔を合わせる回が違ってましたね。鋼牙が先に会って、鋼牙から奈落の分身だと説明される話に変わっていた。
原作では犬夜叉が竜鱗の鉄砕牙を得たときは、もっとコテンパンにやられていたけど、その辺もカットですか。
なんか、あっさり勝って、さらっと新しい技を手に入れる気がして……。
どうもな~、なんかドキワク感がないんだよ。
魍魎丸も諦めが早く逃げて行くけど、もっと追いつめれば犬夜叉を倒せると思うんだよ。
なぜ逃げる?

それに、白夜の声が違うと感じたのは私だけですか。私のイメージではもっとおネエ系かと…。
誰かと思ってエンディングを観たら、
真殿さんじゃありませんか! コンの! ウォン・サンウの!
うーん、そう思うとますます違う……。

これから竜鱗の鉄砕牙をモノにするために苦労する犬夜叉ですが、最終回までを知っている私の感想。

それ、いる? 
あまり使ってないじゃん!
関連記事

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

奈落の分身は美形が多いですよね。悟心鬼以外。
奈落も戦国時代にあの髪型はないだろうと思いますが、人見の姿でずっといるのはお気に入りなのでしょうね。自分でもイケてると思ってるんでしょうね。
私は白夜はけっこう好きでした。あの飄々とした感じが。犬夜叉と奈落を客観的に見て楽しんでいる風にもみえるし、かと言って奈落を裏切るでもなし。さしたる攻撃もしてこない。

原作の長い話を26話にまとめないといけないので、あちこち省略されてしまうのは仕方ないとして、それでもすっきりしてわかり易くなっているのは何でだ。アニメ班が『いらない』と判断した内容は? …まあ、あまり本編に必要ないか…。

そうですね、こうやってみると魍魎丸も手を変え品を変え変化を繰り返してますね。殺生丸に「ますます醜くなった」と言われてますが、しょせんは動物系妖怪の繋ぎ合わせですから。奈落のように衣装のデザインごと変化する趣味はないようです。

Posted at 16:48:02 2014/10/14 by 朔の月(さくのつき)

この記事へのコメント

kage

竜鱗の鉄砕牙、神楽と入れ替わるように登場した新たな分身、夢幻の白夜初登場回でしたね。
原作と比べるとすっきりした省略回だと思いました。
妖刀奪鬼、鉄砕牙にひび(物理的な攻撃によるものではない)を入れるなど信じられないぐらい強い妖刀でしたね。最終的に奪鬼自身も折れたあたり、これでもまだ失敗作だったと思います。
熱心な努力家の刀鍛治・刀秋も飛田さん(劇場版4の蓬莱島の四闘神・凶羅の人でもある)の声で良いキャラでした。無念や怨みの血を吸った刀はそれを吸えば吸うほど強くなるなどアニメ蛮骨の蛮竜妖刀化の逆輸入みたいです。
魍魎丸の金剛槍破の吸収も異なっていましたね。原作では数多ある妖怪の中で最も硬い『最強の鎧甲』と呼ばれる甲羅を持つ顔が鬼のような亀妖怪・冥王獣を復活させ、犬夜叉と戦闘。金剛槍破が刺さった冥王獣ごと取り込みます。個人的にはアニメのほうがかっこいいのでこれでいいと思いました。
完結編2話で冥王獣を吸収、この回で金剛槍破を得たので魍魎丸は最強形態である第3形態になりました。1期アニメの165話で白童子がいくつもの失敗作、試作品を経て作り上げた完成品・第1形態(人間に一番近い形態でこの時は再生能力を持ったただの合成妖怪。腹に模様、腕にトゲがあり、コウモリ妖怪のものと思われる翼で飛行)、完結編1話から2話まで登場した第2形態(とりついた御霊丸の死体を取り込んだと同時に奈落の心臓である赤子が入り、自我があるようになる。御霊丸に変身でき、第1形態と同じ能力を持ち瘴気が吐ける他、御霊丸の声で喋り、右腕は御霊丸と似て少し違う貝のような形になり裂け目から右手が出ている。腕の指は両方とも3本指)、そして今回の頭以外の全身を冥王獣の鎧甲化、金剛石の右手を持った第3形態と実に長かったです。
しょうもないことで喧嘩する犬夜叉と鋼牙の攻撃をまってやる魍魎丸が面白いですwwwwwwwww

夢幻の白夜は今で言う男の娘っぽいです。私も彼が最初、女だと思いました。
奈落の分身の中では一番イケメンじゃないでしょうか?
もともと分身達を作り出したの時の奈落は人見というイケメンの若殿の姿に変身、これをベースに新生奈落にもなったくらいですから、人間に近い分身達はそれが影響しているのかもしれません。

Posted at 21:50:20 2014/10/12 by シャドームーン

この記事へのコメント

kage

Re: NoTitle

アニメでは、まさしくこの回です。原作では40巻です。奪鬼を倒したあとの、毒みずちとの戦いの時が初登場です。このあたりアニメでは、原作にあるザコ妖怪の戦いは省いて、いくつかの話を合体させてあるので、原作の何話がアニメの何話なのか、うまく説明できません。

Posted at 22:23:47 2012/07/09 by 朔の月(さくのつき)

この記事へのコメント

kage

NoTitle

夢幻の白夜が一番最初に出たシーンはいつですか?

Posted at 15:00:53 2012/07/09 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック