広島旅行

『広島市安佐動物公園』

たくさんいる動物の中で私のお気に入り
090919_1457~01 (1)
ミーアキャット
この子が見張り番らしく、石の上に立ってずっと人間を見ていた。

次の日は呉市観光。
IMG_0740_convert_20090924220533.jpg
『海上自衛隊呉史料館』 通称、てつのくじら館。

街の中の、大型スーパーの買い物客が普通に出入りしているまん前に、でんっと本物の潜水艦が展示してある。
掃海艇の活躍や潜水艦乗員の生活を知ることができる。
海で働く男はかっこいい!
レーダーのたくさんある潜水艦の操縦席も見学させてもらえる。

その向かい側にあるのが
『大和ミュージアム』
090920_1042~01大和
戦艦『大和』の10分の1に再現された模型。波動砲も出さないしワープもしない。
10分の1でも、すごい迫力!

戦艦大和の建造の歴史に関する資料や、3000人の乗組員の名簿や遺品などのほかに、
人間魚雷『回天』や『零戦』の実物が展示してある。
あの時代にこれだけの戦艦を造る日本の技術もすごいと思うけれど、回天に志願して乗った青年の遺書を見ると、今ある平和は誰かの犠牲で成り立っているのかな、と考えてしまう。

広島というのは、あちこちで戦争の跡が残っているけれど、そこはもう観光地とされていて、Vサインで記念写真を撮るスポット。
60年前には焼け野原で何万人もの人が死んだ場所で、高校生が道路にしゃがみこんでタバコを吸う。それが今の日常。
60年前。たった60年前のことを、遠い遠い大昔の面影として、人々は暮らしているんだな。
それが平和ということなんだな。

呉は「男たちのYAMATO」や「海猿」のロケ地らしいが、その映画観てないからロケセットが展示してあったけど、感動は薄。
お好み焼きはめっちゃうまかった!

関連記事

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: Re: タイトルなし

>藤咲様
ウルキオラの心理について、完璧な分析ですね。マイリマシタ。
ウルファンとしては『嫉妬』なのかと思っていましたが、嫉妬するのは心があるからであって、心がわからないと言うウルが嫉妬するのは矛盾している。
鋼錬のエンヴィーと同じですね。
「心がある人間に嫉妬している。弱い存在であるはずの人間がうらやましい」
と……。違うか。
40巻のサブタイトルを見ると、ハガレンを思い出してしまったので、つい…。
私が織姫なら、『俺と来い 、女』と言われた時点で、恋の逃避行だわ。

今のアニメオリジナル編では、袖白雪は雪女風の色白の綺麗なお姉さんですよ。
氷輪丸は一応イケメンという設定だけど、私としてはう~ん…。
いやでも、今回のオリジナル篇は、劇場版でしてもいいくらいのクオリティの高さ。

私も、戦争映画は観ないようにしてる。
「ほたるの墓」は観ないつもりが、しつこく毎年やっているのでつい観ちゃったけど。
作り話とはいえ、本当にありそうなお話なので、辛くなりますよね。
お兄ちゃん、あんたが意地張るから妹が死んじゃったんでしょ~!

原爆ドームや平和記念資料館も、きれいに整備された公園の中にあって、観光コースのひとつになっている。
「へー。大昔、日本は戦争してたんだ~」と通り過ぎて行く子供たちを見ると、複雑な気もするけど、逆に考えれば、応仁の乱のように、大昔の先祖がしていたこととして、戦争そのものがまったくの過去のことになってしまえば、そのほうがいいのかもしれません。

まずはブリーチから。

ウルは織姫になにかとご執心ですよね。
私が織姫だったら、そろそろMに目覚めます。
ウルキオラは、織姫の心を屈服させたいのかな?
何を言ってもこちらを向かない、心を曲げない、一護を信じている。
それをへし折ってやりたいんじゃない?と言うのは冗談ですがw
その強い心の正体をウルは知らないけど、織姫が見せる一護への「恋心」には何となく気づいているんじゃないでしょうか。
だけど、心がないウルはそれが「恋心」であることを理解できない。人は好きな人を想うだけで強くなれるし、頑張れる。織姫は典型的なソレだし。
けれどその正体が分かりかねるウルはそれが何なのか知りたい。そしてそれが意味のないものであることを知らしめたい。
でもその一方で、それだけ強い想いというものを自分も感じてみたいとどこかで思っているのかも。織姫を観察することで疑似体験しているのであれば、それが織姫に対する「恋心」であるとも言えなくもない。
まぁ、ウルさんのことだから、織姫を屈服させることができたらあっさり殺しちゃいそうですが。

一護にすがる織姫は、なんともまぁ共感しがたいですね。私も普通にいや、無理だろ。って思いましたよw
一護瀕死じゃん?お前が先になんとかしてやれ?
さっさと時間回帰してやれ?間に合わなくなるぞ?
しかし一護はタフですな。もう既に人間じゃない。
さぁ一護!石田がやられる前に早く甦れ!

アニメではもう実体化しちゃってるんですか?斬魄刀。
斬魄刀だけなら一位は完全に斬月だと思います。あの黒いフォルムがかっこよ過ぎる……!
黒に対する白い斬魄刀が袖白雪。やっぱりこの二人って出会うべくして出会った感じしますねー。運命だよ。


広島観光いいですねー。私行ったことありません。
ミーアキャットって映画やってましたよねー。見張りが一匹だけなんて可哀想だ。もちろん交代制ですよね?
YAMATOも海猿も観たので、その現場にはウホウホしそうです(笑)
私は日本の戦争ものの映画とか嫌いなんです。怖いし、何気にリアルすぎるし。
日本は戦争をしない平和な国だけど、きっと皆それを普段は忘れているんでしょうね。
戦争でもないのに、人が簡単に殺されていく。戦争だったら文句も言えないようなことを、今の人はちょっとした不満にすぐ文句をたれる。
戦争なんて無いほうがいいに決まっているけれど、今の平和ボケした日本人は、昔そういう時代があったことを忘れてはいけないんですね。たまに思い出して、噛み締めないと。
そうは思うけれど、やっぱりさんまや黒木瞳らがやったさとうきび畑とかはもう観たくないのよ……ムリ。
プロフィール

朔の月(さくのつき)

Author:朔の月(さくのつき)
    
性別;女
居住所;島根県


ジャンルごちゃ混ぜブログ。カテゴリからお探しください。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑気に入ったらクリックしてやってください。

ライフメディアへ登録









↑アンケートに答えてお小遣い稼ぎ

このブログに掲載されている全ての作品の著作権は朔の月にあります。無断転載は禁止です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

現在の位置
朔夜にひとり
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年09月 24日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 十六夜日記
  └ 広島旅行
by AlphaWolfy
アイコン付きツリー化カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
過去記事(ログ)スクロール

2018/07 (3)

2018/06 (5)

2018/05 (2)

2018/04 (1)

2018/03 (4)

2018/02 (2)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (3)

2017/10 (2)

2017/09 (2)

2017/08 (2)

2017/07 (1)

2017/06 (3)

2017/05 (4)

2017/04 (2)

2017/03 (1)

2017/02 (2)

2017/01 (2)

2016/12 (4)

2016/11 (8)

2016/10 (2)

2016/09 (2)

2016/08 (2)

2016/07 (5)

2016/06 (5)

2016/05 (4)

2016/04 (1)

2016/03 (3)

2016/02 (2)

2016/01 (2)

2015/12 (4)

2015/11 (2)

2015/10 (2)

2015/09 (1)

2015/07 (1)

2015/06 (2)

2015/05 (1)

2015/04 (4)

2015/03 (3)

2015/02 (3)

2015/01 (3)

2014/12 (4)

2014/11 (4)

2014/10 (3)

2014/09 (4)

2014/08 (2)

2014/07 (3)

2014/06 (4)

2014/05 (1)

2014/04 (5)

2014/03 (4)

2014/02 (3)

2014/01 (4)

2013/12 (2)

2013/11 (3)

2013/10 (5)

2013/09 (4)

2013/08 (5)

2013/07 (2)

2013/06 (5)

2013/05 (3)

2013/04 (5)

2013/03 (7)

2013/02 (3)

2013/01 (4)

2012/12 (6)

2012/11 (5)

2012/10 (4)

2012/09 (4)

2012/08 (6)

2012/07 (5)

2012/06 (6)

2012/05 (5)

2012/04 (4)

2012/03 (5)

2012/02 (5)

2012/01 (6)

2011/12 (7)

2011/11 (8)

2011/10 (6)

2011/09 (6)

2011/08 (5)

2011/07 (3)

2011/06 (3)

2011/05 (4)

2011/04 (4)

2011/03 (4)

2011/02 (5)

2011/01 (2)

2010/12 (3)

2010/11 (2)

2010/10 (4)

2010/09 (1)

2010/08 (2)

2010/07 (4)

2010/06 (3)

2010/05 (6)

2010/04 (2)

2010/03 (5)

2010/02 (5)

2010/01 (5)

2009/12 (5)

2009/11 (7)

2009/10 (7)

2009/09 (6)

2009/08 (4)

2009/07 (6)

2009/06 (10)

2009/05 (9)

2009/04 (8)

2009/03 (5)

2009/02 (2)

2009/01 (3)

2008/12 (4)

2008/11 (6)

2008/10 (7)

2008/09 (5)

2008/08 (5)

2008/07 (4)

2008/06 (11)

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
369位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
51位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

文字を大きく・小さく
    ブログ内検索