2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

BLEACH40巻 感想

kage

2009/09/15 (Tue)

090915_1220~01URU
                 あれ?髪のびた?

  心在るが故に妬み
  心在るが故に喰らい
  心在るが故に奪い
  心在るが故に慠(おご)り
  心在るが故に惰(あなど)り
  心在るが故に怒り
  心在るが故に
  お前のすべてを欲する
                   (Bleach40より)
 心にこだわるウルキオラの詩。
(「惰」は「あなどり」と読まないと思うけど、本文のまま)

 ウルキオラの圧倒的強さ、冷静無表情の戦いっぷり、はだけた胸元。ウルファンにはたまらない40巻でした。このままウルキオラが勝利してくれないかな~と願わずにはいられない。
 ウルと織姫の関係がいろいろと噂(?)されていますが、ウルは織姫に特別な感情を持っていないと私は信じていた。だって戦いに生きる人なので、そんな浮ついた感情は持ち合わせていないはずだし。
 でも上の詩。「お前のすべてを…」って。こんなん書かれたら、そういうことかと思わざるを得ないでしょうが。

 たとえば、織姫が一護とウルキオラの戦いの最中に割り込んで、一護を助けようとした時も、ウルは「助けるならなぜ最初からしなかったのか」「何を躊躇っていたのか」と織姫にしつこく訊きます。答えられず戸惑う織姫に、「教えてやろう、お前は――」と尚も話しかけ、戦いの真っ最中なのに織姫の方に顔を向け、刀を下ろしてまで、なぜ織姫の心を知る必要があるのか。教えてやろう――のあと、何を言おうとしたのか。気になります。
 織姫も自分でさえ分からないのに、ウルキオラは織姫が何を考えていたか分かるとでも言うのでしょうか。織姫が関わるとお喋りになるウルさんですからね。
 だいたい、躊躇ったも何も。あれだけ素早く動いていたら、手も口も出す隙は無いじゃないのさ。それだけの理由ちゃうの?

 そして、そのあと女の子アランカルが織姫にちょっかい出すのですが、一護がそれに気付き織姫を助けようと、そいつらに月牙を出そうとしているのを、ウルは立ちはだかり止めています。「俺との戦いが先だ」と言っていますが、実のところ、織姫をかばおうとしたのでは?一護があの時女の子たちに月牙を放てば確実に織姫も巻き込まれていたはず。アホですか、きみは。そのため、瞬時にウルが止めに入ったに違いない。一護の攻撃を防御しつつも、視線は織姫の方向へ。
 ウルキオラはそれ以外のときもよくちらちらと織姫を見ていますよね。織姫はその視線に気付かないのかな~。一護に一途だしね~。

 それと、天蓋の上での戦いで、今にも一護にトドメを刺そうとしているところに、織姫が現れたのを見て、まるで織姫が来るのを待っていたかのような発言をしています。
「お前の愛する男は俺が倒す。俺の強さを見ておけ」と。(←言っていない)
 それから、胸に穴を空けられた一護に絶叫しながら駆け寄る織姫に近付きはしたもの、横を通りすぎ背を向けて走る織姫に攻撃するでもなく、ただ黙って行かせています。
 ウルが織姫に攻撃する訳が無い。むしろ守っている。あんなに激しい戦いの中にいて無傷なのは、一護のお陰というより、それまでウルが手を出さなかったから。織姫もあんな姿になったウルを見ても怖がる様子もなかった。一護でさえ刀を持つ手が震えていたのに。織姫にはウルが自分を殺すはずないという自信があるんだろうな。

 作者さんが、こんな風にそれとなくほのめかすから、もしや……?と思ってしまうじゃないですか。つーか、ほとんどの読者はそう思っているけどね。今更言うまでも無いか。

 ウルは「構えを崩すな」「一瞬も気を緩めるな」「賢明な判断だ」と敵にアドバイスするほど余裕です。自分の強さによほど自信があるようですな。実際今の時点では圧倒的にウルキオラが強いですから。一護も認めているように。
 しかし、ラスノーチェスの決まりを説明したり、『心』はくだらないと講釈たれる前に、さっさと一護にトドメをさせばいいことに気が付かなかったのでしょうか。そうすれば自分がコナゴナになって死んでしまうこともなかったのに。ウルさん油断しすぎ。

 それと、織姫に言いたい。
「黒崎くん」「黒崎くん」言い過ぎ。目の前で石田くんが、自分を守るために戦って片腕を千切られているのに、「どうしよう黒崎くん」って……。
 その黒崎くんは胸に大穴空けられて倒れていて瀕死状態。そんな人に向かってあんた、「助けて黒崎くん!」って……。無理だろ?
 しかしその声が届いたのか、一護はドクンと反応しています。
 そこまでして護りたいほど一護は織姫を愛しているのか疑問。ただ仲間を護りたいから、それだけで死を恐れず戦える人だと思う、一護って。
 一護の名前の由来って「一つのものを護る」だったと思うけど、たっくさん護るもの出来ちゃいましたね。お疲れさん。

 それと斬魄刀票結果発表。
 1位 氷輪丸 2位 袖白雪 3位 斬月 4位 詫助 5位 千本桜

 今のアニメの実体化した斬魄刀を見たあとだったら、票が変わっていたかもね。18位の灰猫はもっと上だったかも。かわいい猫耳ちゃんだし。氷輪丸は冬獅郎の相棒だからもっと若いかと思ってたよ。鋼錬のスカーに似てる。蛇尾丸に至っては、うーん、恋次の自業自得ってことで。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック