スゴイもの

私の漫画好きは今に始まったことじゃない。小学生の頃は『りぼん』『なかよし』を姉とお小遣いを出し合って買い、喧嘩しながら付録を分けたのを覚えている。
そして、中学になれば少年漫画へとシュミは移り、部活帰りに立ち読みしてたな。大人になれば青年漫画やレディースコミックをひと回りしてから、少年漫画へ戻ってきました。私の人生の片隅には常に漫画がある気がする。
漫画はスゴイ。スゴイ漫画が多すぎる。

スゴイその1
『BLEACH』…ひょんな出来事から悪霊退治をする死神になってしまった主人公。普通の高校生といいながら、普通じゃない能力を持っていて、街や学校でバトルをくり返し、ほとんど学校に行っていないのに退学にならないのはスゴイ。
細部にまでこだわって構築された世界観。作者が連載までに時間をかけて考えたんだろうな、と想像できる複雑なストーリー。やたら多すぎる登場人物。随所に伏線が張り巡らされた物語は、謎だらけの登場人物たちからまだまだ膨らんでいきそうで、bleachの最終回がほど遠いと思えるのはスゴイ。

スゴイその2
『ヒカルの碁』…平安時代の天才棋士の霊にとり憑かれた小学生が、囲碁の世界に引き込まれ、プロの棋士に成長していくお話し。日本中に囲碁ブームを引き起こしたのはスゴイ。囲碁のルールがわからない私でも楽しめた。ストーリーの進み方が現実世界と同じ速さで進んでいくので、主人公が読者と共に少年から青年へと成長していく。なんかスゴイ。

ナルトも犬夜叉もブリーチも日本的なのに、世界中で人気があるのはスゴイ。忍者や平安貴族やサムライや、その他日本の文化を外国の人は漫画から知るのだとしたら、かなり勘違いしている部分はあるかもね。
忍者学校が今でもあると思われたり、日本刀は抜くと巨大に変化すると思われていたりして。

今や漫画やアニメは世界に誇れる日本の文化。作った人たちはスゴイ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

同志だ!

いつもいつもコメントありがとうございます!嬉しいです。
このブログは藤咲さまのために開いているようなものですな。他に訪問者いるのかなあ。

ワンピース。私はジャンプで時々読んだり、アニメで観たりするだけなので、詳しいというほどではなく、ていうかよく知らないんです。
でもギャグ要素あり感動エピソードありで、特に泣かせる話の時は、ページ数使ってしっかり描いてあり、泣くシーンでは涙も鼻水もダーダー出して顔くしゃくしゃにして大泣きしているってのは知ってます。
泣き顔が気になって逆に泣けないわたしです。
絵が細い線で細かく描かれていて感心するけど、ちっさ過ぎて目がチカチカするって思うのは私だけ?(おばーちゃんかい!)
それに、回想シーンが多くないですか? 時々読む私はその時回想だったりすると、ますます分からなくなってしまうのです。

私も漫画は買うより、もっぱら借りる派ですね。近くのレンタルコミック店の常連さんです。三日に一度は行ってるな。
でもその店、えっちなDVDや雑誌も置いてあるので、近所の人にいつも私の車が停まってるのを見られたら、有らぬ疑いをかけられていそうで、とっても不安なのですが、漫画の誘惑には勝てません。
さあ!明日もお得意様が行きますよ。お店の人!
ワンピース一巻から読み直すから、用意して待っててね!

マンガ万歳☆

マンガがない世界なんて、もう生きられない。とすら思えるほどマンガは生活の中での心の支えですよね。
本当スゴイ作品ばかりで……マンガ家になる人って、本当神様だなって思いますよ。
キャストも監督も舞台設定も脚本も、全部やるんですもんね。背景とか細かい部分はアシスタントさんが描いているのかもしれないけど、生み出すのは作者だし。その点小説家よりもすごいと思う。

ブリーチコメントには同感(笑)何で退学になんないんだ……っていうか、いつまで「黒崎一護 15歳!」なんだよ!!まぢかよ!って(笑)

自分では買ってなくて、借りて読んでるだけなんだけど(しかもまだ全部読んでないけど)本気で「このマンガ、死ぬほどすげぇ」と思ったのは多分ワンピースでしょうねぇ。
ストーリーは文句無く良くて、何度涙したり笑ったりしたか。泣く時はマジ泣きですからね!
そして巧妙な伏線とその細かさ。もしかして作者は天然でやってんじゃない?と思える程自然にぽーんと入れてしまう辺り、真似できる人は居ないなと思わされます。背景にある細かい絵まで、その場で最も自然な動きをしていて、そこにまで普通に伏線があったり、細かい設定が生きている。こんなマンガは、他を探してもそうそう無いなと思います。1回読むだけでは失礼。2回3回読んでやっとその凄さがわかるっていうか……。
老若男女問わず愛されるわけだわぁ~。とくに大人に人気ですよね、ワンピース。

外国の、忍者に対する知識は特に間違ってそう(笑)
もともと忍者って、間者とか隠密に動く舞台の脇役なはずなのに、マンガだと派手なアクションで目立つのもいい所ですよね。

あぁ、朔の月さんとマンガトークしたらきっと夜が明けるだろうな(笑)
いい年の大人になっても、マンガは読み続けていると思います。
プロフィール

朔の月(さくのつき)

Author:朔の月(さくのつき)
    
性別;女
居住所;島根県


ジャンルごちゃ混ぜブログ。カテゴリからお探しください。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑気に入ったらクリックしてやってください。

ライフメディアへ登録









↑アンケートに答えてお小遣い稼ぎ

このブログに掲載されている全ての作品の著作権は朔の月にあります。無断転載は禁止です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

現在の位置
朔夜にひとり
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年07月 13日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 十六夜日記
  └ スゴイもの
by AlphaWolfy
アイコン付きツリー化カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
過去記事(ログ)スクロール

2018/07 (3)

2018/06 (5)

2018/05 (2)

2018/04 (1)

2018/03 (4)

2018/02 (2)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (3)

2017/10 (2)

2017/09 (2)

2017/08 (2)

2017/07 (1)

2017/06 (3)

2017/05 (4)

2017/04 (2)

2017/03 (1)

2017/02 (2)

2017/01 (2)

2016/12 (4)

2016/11 (8)

2016/10 (2)

2016/09 (2)

2016/08 (2)

2016/07 (5)

2016/06 (5)

2016/05 (4)

2016/04 (1)

2016/03 (3)

2016/02 (2)

2016/01 (2)

2015/12 (4)

2015/11 (2)

2015/10 (2)

2015/09 (1)

2015/07 (1)

2015/06 (2)

2015/05 (1)

2015/04 (4)

2015/03 (3)

2015/02 (3)

2015/01 (3)

2014/12 (4)

2014/11 (4)

2014/10 (3)

2014/09 (4)

2014/08 (2)

2014/07 (3)

2014/06 (4)

2014/05 (1)

2014/04 (5)

2014/03 (4)

2014/02 (3)

2014/01 (4)

2013/12 (2)

2013/11 (3)

2013/10 (5)

2013/09 (4)

2013/08 (5)

2013/07 (2)

2013/06 (5)

2013/05 (3)

2013/04 (5)

2013/03 (7)

2013/02 (3)

2013/01 (4)

2012/12 (6)

2012/11 (5)

2012/10 (4)

2012/09 (4)

2012/08 (6)

2012/07 (5)

2012/06 (6)

2012/05 (5)

2012/04 (4)

2012/03 (5)

2012/02 (5)

2012/01 (6)

2011/12 (7)

2011/11 (8)

2011/10 (6)

2011/09 (6)

2011/08 (5)

2011/07 (3)

2011/06 (3)

2011/05 (4)

2011/04 (4)

2011/03 (4)

2011/02 (5)

2011/01 (2)

2010/12 (3)

2010/11 (2)

2010/10 (4)

2010/09 (1)

2010/08 (2)

2010/07 (4)

2010/06 (3)

2010/05 (6)

2010/04 (2)

2010/03 (5)

2010/02 (5)

2010/01 (5)

2009/12 (5)

2009/11 (7)

2009/10 (7)

2009/09 (6)

2009/08 (4)

2009/07 (6)

2009/06 (10)

2009/05 (9)

2009/04 (8)

2009/03 (5)

2009/02 (2)

2009/01 (3)

2008/12 (4)

2008/11 (6)

2008/10 (7)

2008/09 (5)

2008/08 (5)

2008/07 (4)

2008/06 (11)

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
374位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
49位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

文字を大きく・小さく
    ブログ内検索