2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

BLEACH二次小説 『HEART』

kage

2009/05/18 (Mon)

~Ulquiorra Schiffer~ (ウルキオラ小説) 

  ――ここまでか――

 俺はもう歩く力も残ってはいない。俺を殺すなら今だ、死神。今斬らなければ勝負は永遠につかなくなるぞ……。
 なぜ躊躇う。なぜ勝ち方にこだわる。最後まで思い通りにならん奴だ……。
 不思議と俺の脳裏にあの日の疑問が蘇る。



 ――怖いか。
 お前は藍染様に不要とされた。最早お前を護るものは何もない。お前はここで誰にも触れられる事なく、たった一人で死んで行く――

 特殊な能力を持つこの女も、死神たちをおびき寄せる為の道具に過ぎない。お前の仲間たちももうじき死ぬのだ。人間共は愚かだ。俺なら自分の力量も量れずに、このウェコムンドに乗り込んだ奴らの愚昧に怒るがな。
 わからんな。なぜそうまでして生き死ににこだわる。仲間の一人が死ぬぐらい、どうでもいいではないか。
 あの時、女は俺の頬を打った。俺にとっては蚊ほどの痛みもないのだが。非力な人間ごときがエスパーダに丸腰で向かってくるとはな。自分が攻撃されるかもしれぬのに。
 気丈な女だ。お前の恐怖は何処にある。

 ――怖ろしいかと訊いている――

 落ち着いた眼で安心した表情で、女は言った。

――こわくないよ――

 本気で言っているのか。戯言だ。仲間が来たから恐怖は無いと。
 くだらん。死する仲間と感情を共にするなど、お前たち人間の気休めだ。感情の共有など現実には存在しない。人間の無意味な錯覚に過ぎない。

 ――心だと?
 貴様ら人間は容易くそれを口にする。まるで自らの掌の上にあるかのように。
 俺のこの眼はすべてを映す。捕らえられぬ物などない。映らぬ物は存在せぬ物。そう断じて闘って来た。
 心とは何だ。
 その胸を引き裂けばその中に視えるのか。
 その頭蓋を砕けばその中に視えるのか――

 俺の疑問に女は応えない。あの男が来たのだ。
 女に投降を命じた際に、一人にのみ別れを告げて来た男。
 この男とは何度も対峙している。その度に新たな力をつけて来ている。
 そろそろ本気を出してやろう。剣を抜く価値のある相手として、破壊すべき対象として認めたということだ。
 かかって来るがいい。死神。貴様らの言う心とやらが、脆くか弱いものだと、この女に見せつけてやるのだ。




 ……これで終わりだ。
 この俺が虚化した人間ごときにやられるとはな……。

 俺には時間が無い。再生した腕も脚も体も見せかけだけだ。
 あの男は自分の左腕左脚を斬れと言った。この俺と対等な状態で闘う為に。
 何を考えている。片手足を斬ったところで、俺と対等になれるとでも思うのか。
 もし俺を倒したとしても、まだ上がいる。そんな体でこの先どうやって闘いぬくと言うのだ。

 ……わからんな。心とは何だ。俺は知りたかった。
 貴様ら人間が最も近くに置きたがる、恐怖すら失うほどの眼に見えぬ力を生み出す心とは。

 どうやらこれまでのようだ。俺はもうじき灰になる。
 目の前の女が霞んで行く。なぜこの女は哀しそうに俺を見るのだ。
 俺はお前に恐怖しか与えていなかったはずだ。
 目の前で仲間を傷つけ、苦しめ、現世から連れ去ったのもこの俺だ。

  ――俺が怖いか、女――

 応えはわかっているのに、俺の手は何を求めているのだ。

  ――こわくないよ――

 ……今、わかったのだ。
 伸ばした指の先に、俺の欲しかったものがある。
 人間は虫けら以下だ。ただの塵に過ぎない。
 そんな人間にあって俺に無いもの。いや、無かったのではない。忘れていたのだ。
 エスパーダとして生きる為に俺は虚無を選んだ。
 暗く静かなウェコムンドにさらって来た太陽。消え行く視線の先にそれがいる。
 俺は眼に見えぬものに温もりがあると気づいた。
 ……今、思い出したのだ。


  ――そうか、この掌にあるものが、



            心か――         

                                    了
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック