2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

犬夜叉最終回考察

kage

2008/06/20 (Fri)

『唯一正しい願い事をすれば四魂の玉は浄化され消滅する』
今まで四魂の玉を手にしたものは「唯一正しい願い事」をしていない。
奈落は「桔梗の心が欲しい」 桔梗は「犬夜叉を人間にしたい」
世界征服や自分の野望の為ではなく、ほんの些細な願い。なのにその望みさえ、四魂の玉は叶えてくれませんでした。そして最後に四魂の玉を手にしたかごめは、唯一正しい願い事とは何かに気付きます。
かごめが願ったこと、それは
「四魂の玉、消えなさい!永遠に」
その言葉通り四魂の玉は浄化され、この世から消え去ります。
人間も妖怪も、四魂の玉欲しさに長きに渡り争いが繰り返されていました。その争いの元を消し去ってしまえばいい。
楓ばあちゃんが「かごめは四魂の玉を滅するためにここに来た。かごめのこの世界での役割は終ってしまった」と言っています。だから、かごめは現代に戻り、犬夜叉は戦国へ。そして、井戸は閉じてしまったんだと。

物語の始め、かごめを戦国時代に呼び寄せたのは四魂の玉だと思っていたけど、四魂の玉を滅するため…というのなら、誰がかごめを呼び寄せたのか。桔梗か……?それとも四魂の玉の中で永遠に闘い続けているという巫女翠子か……?
そもそも、井戸を行き来出来るのが、なぜかごめと犬夜叉だけなのか?
正確には、井戸を通れるのは、かごめと犬夜叉と四魂のかけら。四魂のかけらがタイムマシンを通って未来に行ってしまえば、過去の完成された玉はなかったことになるのに。
大人の事情……? 漫画だから漫画だから。

…という疑問も残しつつ、話しを戻して。
四魂の玉の消滅と共に通れなくなった井戸。映画では井戸が通れなくなったとき、時代樹の木を通して犬夜叉とかごめの心が通い合い、井戸が通れるようになりました。漫画8巻では塞がれた井戸が通れたのは、四魂のかけらの力でした。
では、今回は何故井戸が閉じてしまったのか。
かごめは自分で考えます。四魂の玉の闇の中に閉じ込められた時、みんなのいる現代に帰りたいと願ったこと、自分のするべきことを終えたので、戻らないといけないと…。自分の気持ちのせいで通れなくなったんだと。
それでも、犬夜叉に会いたい、と強く願ったら、再び井戸があっちの世界へ繋がりました。
四魂の玉の力を借りなくても「犬夜叉に会いたい」の気持ちだけで、井戸が通れるようになるってこと?そんな「どこでもドア」的なものだったのか…。だったら、3年かけなくても、すぐにそう思えばよかったんじゃ……。

そして、かごめの匂いを素早く感じ取った犬夜叉は、井戸へと迎えに行きます。
3年ぶりの再会なのに、そんなあっさりと…。ちょっと出かけてました、みたいな…。
犬夜叉ファンとして残念なのは、犬夜叉と桔梗は作中で2度キスシーンがあります。でもかごめとはまだ一度もキスしていない。高橋先生は最終回のためにキスシーンを残してあると思っていたのに!……なかった。
もっと、むぎゅーーって抱き合って、ぶちゅーーってキスして欲しかったな…(あ、少年漫画だったか、これ)

そしてかごめは戦国で犬夜叉と共に生きる道を選びます。
弟の草太が言っていた。「ねえちゃんは嫁にいった」と。
そうか、そんな感覚なんだ。なかなか帰って来れない遠くの国に嫁に行くような…。
最後は犬夜叉が現代に行くのかと思っていたけど、嫁と考えればかごめが戦国に行くのも分かるような気がします。

最終回で書かれた、それぞれのメインキャラのその後…。
珊瑚と弥勒は結婚して「私の子供を産んでくだされ」のプロポーズ通り、3人の子供が産まれ、琥珀は退治屋の修行の旅へ。七宝も立派な狐妖怪になるための修行中。
りんは楓の村に残されています。てっきり殺生丸が連れて歩くのかと思っていたけど。
「人里に戻す訓練」だって。いや、元々人里で暮らしていたのを殺生丸が連れて出たんでしょうが!「どちらでも選べるように」らしいが、このまま人間の村で暮らすのか、殺生丸のところへ戻るのか。りんはどちらを選ぶんでしょうね。殺生丸はついて来て欲しいんだろうな。しょっちゅうお土産もって様子を見に来ているみたいだしー。物で釣ろうってか。素直について来いとは言えないお方だからね。
かごめに呼び捨てにされても、あんた呼ばわりされても平気だった殺生丸が、「お義兄さん」と言われたら、ピクッって反応していました。……嫌なんだ…。いや、嬉しいのかな?
お義兄さんってことは、もう犬夜叉と祝言はすませたのかしら。
もし殺生丸がりんと結婚したら、りんはかごめのお義姉さんになるわけね。りんと殺生丸……すんごい年の差婚。だって殺生丸って100歳くらい?もっと? それ気にしちゃだめ。

最後のページの「私はここで生きていく。犬夜叉と一緒に」のこの二人の顔、いい顔してたな。
『大団円』とタイトルにありました。大団円とはすべてが上手くいって結末を迎えること。本当にそう思います。感動のフィナーレです。拍手!
最終回で初めて分かった。
『犬夜叉』ってかごめ主人公のラブストーリーだったんだ。

犬夜叉(56)

価格:420円
(2012/2/11 23:57時点)
感想(168件)




関連記事

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 19:32:55 2012/10/16 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック