FC2ブログ
自作小説と漫画・小説感想と、主婦日記のブログです。宇野昌磨選手と嵐のファンです。
いや〜しかし。
山ちゃんの結婚も衝撃だったけど、宇野くんも続けざまにファンを驚かせてくれますねー。

名古屋の古巣を卒業するのも、驚きはしたけど"良かったな“という気持ちでした、私は。
ヤフーニュースやツイッターの声を見ても、多くは宇野くんの新章突入を喜んでいるようでした。
涙が出たというファンさんは、悲しいというより、日本からいなくなる寂しさかな。
ファンさんは母のような目で見てますから。
大学へ行くために初めて親元を離れて生活する息子を送り出す母親のような心境。ご飯ちゃんと食べてるかな、洗濯自分でできる? 朝遅刻せずに起きなさいよ、と心配で仕方ない。
そんな私も、髪の毛爆発したまま取材受けないでね、Tシャツ後ろ前じゃないよね、と、スケート以外のことばかり考えてしまう。

どこに行くのかわからないけど、宇野くんなら大丈夫。どこに行っても可愛がられるよ!

情報が錯綜していて混乱中ですので、まとめながら私の考えを書きますと、合宿先は決まっているが何らかの理由で公表出来ない。それは移籍先がまだ確定しておらず、合宿先と移籍先が同じ所なのか、状況を見つつ交渉中なので、正式な契約が成立するまで公式に発表出来ないから。この期に及んで全然違う場所とは思えないんだけど。
しかし、来季の振付師を発表したということは、ほぼ話し合いは進んで、後は宇野くんがその場所で感じる空気感が良ければOKってことかな。

以前から宇野くんは、日本だけでなく海外からも「コーチを変えた方がいい」「振り付けもマンネリ」などと言われてきたので(正直私も思ってた)、来るべき時がついに来た!と言っていいでしょうか。

「遅すぎる」と言った声もありますが、私はベストな時期だと思います。
ブログやツイッターで、今回の移籍をマイナスに捉えた言い方する人たちは、何が気に入らないのでしょう。
英語が話せないのに行ってもムダだと言う人。あのねぇ、何しに行くのか分かってる?
例えば、野球やサッカー選手の移籍、ピアニストやダンサーの海外留学、海外でミュージカル女優になる夢がある人、目の前にチャンスがあるのに英語が苦手だからと言う理由で断りますか?

話が脱線して申し訳ないですが、ちょっとイミフなことがあったので。
今回の宇野くんのビッグニュースをよく思わない一部界隈は、どんな会話をしているのかツイッターを見に行ったんですね。そしたら「Hくんのアイスショーで盛り上がっているのを利用するコバンザメだ」と言うリツイート群があって、なんでやねん!
って笑いました。
その時、私 間違えて指が当たったのか何をしたか分からないけど、どうやら相手にコメント無しの返信していたみたいです。相手に速攻でブロックされました。同時にその方のフォロワーさんにもブロックされました。
ブロックされてもログインせずに行けば見られます。理由がわからないので行ってみたら、私に宛てたのか別の方宛なのか、「後輩くんのツイートをしている人はブロックします」とツイートされてました。
とにかく、相手がHファンであろうと誰のファンだろうと、宇野くんの話題をする人は拒絶するそうです。
なのに!
なぜ、宇野くんのニュースにいちいち食いついてくるの? 自分で宇野くんの話題出してるじゃん!

私はツイッターもブログも他の人の所へコメントを残しに行きません。フォローもしません。
コメントをしていただいた人へは お返事しますが、自分からリプしたことありません。こじんまりやって行きたいの。
ツイッター検索に引っかかりにくくするため、ハッシュタグも付けません。
こっちからは何も攻撃していないのにブロックされるとは、過敏な防衛本能に驚きました。
別にブロックされて私は何も困りませんが、喧嘩してないのに考え方が合わないだけで拒絶する人いるんだ〜。
(因みにスケート関連だけです、検索除けをしてるのは。スケオタは独特なので😓)


話が逸れたので戻しますね。
こんなに連日情報が入り乱れ、ネイサンの所?まさかオーサーは無いよね。エテリ? ノーコメントらしいよ。振り付けがあの二人?て言うことはロシアは無い?
…、とスケオタさんは新情報を求めて忙しいと言うのに、当の本人は、韓国で可愛い可愛い❤️
お疲れの様子にも見えるけど、いやもう可愛い❤️
私もほっぺつんつんしたい!
韓国でも他のスケーターから質問責めだろうな。噂の渦中にいるからね、今の彼は。

いずれにせよ、宇野くんは素晴らしく絶妙なタイミングでファンの知りたいことを公式HPでお知らせしてくれるので、勝手にいろいろ推理するより、静かに待とうかな。

決断は、そう遅くないと思うので。



FC2blog テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

【2019/06/06 18:29】 | フィギュアスケート宇野昌磨
トラックバック(0) |