2016 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 06

中学生のような恋

kage

2016/05/30 (Mon)

先週の大野君のドラマのラストが衝撃的すぎて、なかなか寝付けなかった。
直前までのドリフのコントのようなドタバタに大笑いして観ていたのに、あの結果は可哀想すぎる。

美咲に好きという想いを伝えるための涙ぐましい努力と実際に泣いていた純情男。
ベッドの仕掛けは、あれは確かに女の子は引くよ。美咲が憤慨するのも分かるよ。
ドラマを観てる私たち側は、純情男の純情すぎるセリフ「本当に好きな人とはキスなんかしなくても、側にいるだけで幸せ」
を聞いているから、ベッドが壊れた事故に見せかけてキスしてしまえ!のお子ちゃま発想も許せるけど、それまでの鮫島の努力を知らない美咲からしたら、呆れかえるのは当然。
「いい年して何やってるんですか」
グサッとくるな~。当たってるだけに。
鮫島も、美咲が迫ってきた時になぜ逃げた?
おそらく、「女の方からキスするのは社長の財産目当て」と秘書に言われたし、今回は自分からキスするぞと意気込んでいたから、美咲からのキスを受けることは出来なかった。
なんて考えすぎか。

もう、水曜日が楽しみでしょうがない。
すぐ仲直りとはいかないでしょうね。
鮫島のお父さんがキューピットになってくれれば良いけど。

それにしても、「クビだ」
とは言ったけど、「別れよう」とは言ってない。
クビ=破局とは違うと思うけどな。会社を辞めたら付き合えないわけじゃなし。まぁ美咲から去って行ったのだけど。
ただのケンカってことで済まされないのでしょうか。
そもそも、ベッドの仕掛けを作った鮫島が悪いのは置いといて、美咲が怒っている理由は、自分からキスしようとしたけど、純情男は避けようとした。キスも出来ない意気地なしの上、それを自分のせいにした。訳の分からない仕掛けを作る暇があればキスの一つもすれば良いじゃないの!
う~ん、美咲さん男らしい!交際2週間で、しかも相手は社長だというのに、意外と積極的。
美咲さん、3話では「人は問題があっても我慢できたり、いつか好きになったりする」と言っていたのに、自分のこととなると感情的になってしまうものです。

この二人は、思った事をはっきり言う点では似たもの同士。

秘書も、鮫島の良さは人には理解しにくいと言っていた。
一途で純情な本当の姿を、美咲さんも早く分かって欲しい。
うわあ。久々にドラマにはまった~。

味噌スープとリモン

kage

2016/05/19 (Thu)

大野君のドラマがおもしろ過ぎる。
続きが楽しみでしょうがない。
大野君演じるレイさんが、かわいいじゃないか!
あれで今までモテなかったのが不思議だ。
みささんも、「ツボだ」と言っていたが、私もツボにはまりまくりだ。

一緒に観ていた夫は、「いさなみすやお」のくだりで、「ふっ。くだらない」とバカにしていたが、私はキュンキュンして泣きそうだった。
ロマンチックな恋愛スキルの無い男は、こういう盛り下がる反応なんだろうな。
お前はレイさんを見習え。

それにしても、ネットの一部で話題になっていたが、なぜ美咲は断ろうと思っていた社長の告白を、急に気が変わってOKしたのか、と言う点。
思うに、美咲は仕事はバリバリできるが自分の恋愛には鈍感なタイプではなかろうか。
社長と同じで。
「何色が好きだ」の質問が気になったり、車で送ってもらった後、態度が変わった社長を不思議がったり。
普通、全く気のない相手だったら、色を聞かれたぐらい聞き流すし、「私を避けてますか?」など質問しない。
自分でも知らないうちに惹かれていたことに、走っている途中でやっと気が付いた。
「なぜ、もう帰っているはずの相手の元へ急いで駆けつけたいのだろう。早くこの思いを伝えなければ。」
まじめな学級委員タイプだからこそ、恋愛に疎いのでしょうか。
みささんとレイさん。お互いに純すぎて、中学生の恋愛みたい。

さらに言えば、一流ホテルの社長と付き合うということは、恋人同伴のパーティーなんて当たり前でしょうに。
海外留学の経験があるなら、言うまでも無く承知でしょうに。
やはり天然で鈍い子なのだろうか。恋愛に関しては。マイペースすぎる。
ハイブランドで固めた社長の隣で、小学生のお呼ばれみたいなファッション。
どうなのこれ?と思ったけど、自分が目立とうとしない、計算の無い自然体の子なんだろう。そんな彼女をレイさんは好きになった。
と言うことか。

和田社長は鮫島がライバル視している相手なのは、社内の人間なら皆知っているはず。ならば、からかわれた自分の社長を庇うくらいの度胸はあっていいと思う。それなのに、不機嫌になって途中で帰るなんて。
美咲は仕事の一貫として参加したつもりならば、勝手に帰るなど失礼なことは分かっているはず。
ただの同伴者として行ったつもりなら、自分がパーティーの日の為に用意された恋人だと誤解しても、怒る必要はない。
頭が良いはずの美咲が、これほどまで冷静でいられなかったのは、やはりレイさんを好きだからなのだろう。と分析。
なんやかんや言っても、レイさんに惚れちまってるのだね。

来週の予告で言っていた「歴代1位のキス」
見たい!
二人がベッドで転げまわってましたが、何だあれは。
彼氏の部屋にお泊りしていながら、みささんが逃げていたのなら、純情なのはレイさんよりみささんのほう?
予想外の行動をするみささんだから、みささんの方からキスしてくると期待。

恋愛はまったく苦手だったはずの社長は、メールや電話の言葉選びも正解で、一体どこが世界一難しい恋なのか分かりませんが、純愛ドラマでニヤニヤしたのは、花男以来だ。

「いさなみしほ」
実際にいそう。うらやましい名前だ。



昭和の空間で

kage

2016/05/14 (Sat)

実家の法事で、安来市の料亭「山常楼」 に行きました。

去年、国の有形文化財に登録された、築80年の、歴史漂う老舗料亭。
目の前は国道で車がビュンビュン通っているというのに、そこだけが異空間のよう。

160514_1327~01 (2)

160514_1328~01 (2)

ジブリに出てきそうな、夏目漱石のドラマのロケでもしてそうな、趣きある佇まい。
置いてある美術品も高級そうで古そうなものばかり。

廊下の灯りが良い感じ。

KC4D0012+(3)_convert_20160514211732.jpg

料理はこちら。
配膳途中。
160514_1213~01 (2)

敷居の高そうな歴史ある日本建築なのに、女将さんは気さくで温かいおもてなしをいただきました。
予約すれば個人での入店も出来るとか。
今、古民家ブームだから、流行るかも。



痛いGW

kage

2016/05/03 (Tue)

あー。ゴールデンウイークだと言うのに、私は 何してんだ。
この前の三連休は2日休みだったので、ずっと前から決めていた部屋の模様替えを決行。
ベッド、机を移動して、思い切って断捨離もついでにしちゃいます。ゴミ袋3つ分と古紙は大量。
休みは大掃除で費やしました。

すると、何だろう。右手首が痛い。
体力仕事を二日間やったせいだろうと、湿布を貼って、月曜日バイトに行ったのです。
その時点では、ちょっと重い物持つと痛むな〜ってくらいだったので。
帰ってからも普通に夕飯作ったり出来てたのですが。
火曜日の今日、朝からめっちゃ痛い。
指が曲がらないし、しびれていて、ちょっと触っただけでものすごい痛みが走る!

もしかして骨折?
だとしたらヤバイわ〜。
旦那も休みなので休日診療している病院に連れて行ってもらいました。
なんせ、ハンドル持てないから運転できない!

それで、診てもらったら『手根管症候群』だって。
薬指中指のしびれと手首の痛み。腫れ。
原因は不明だが手首の酷使による場合もある。
だそうで。

また、へんな症状持ってしまった!

安静にして手を動かさないようにと言われたけど、トイレや着替えでも手は使うからね。
腱鞘注射という、めちゃ痛い注射打たれて、しばらくそっちの痛みの方がキツかった。

とりあえず、明日も仕事休みでよかった。
利き手が使えないと不便ね。
手が不自由な人の大変さが、まさに痛いほどわかった日でした。