2015 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 05

寄生獣 完結編 観てきました

kage

2015/04/27 (Mon)

映画館を出るとき、他の人たちも「いやー良い映画だったわ~」と言っていた。
激しいバトル映画なのに、泣けるし感動が残る。

完結編はほぼ原作通りでした。
違うところは、最後の後藤との戦いの場所と、後藤にダメージを与える原因が違う、かな。
あと細かい違いは、山の中に逃げ込んだとき原作ではおばあさんにかくまってもらうのだけど、それは無かった。
ミギーが無期限の眠りにつくという理由も微妙に違う。あといろいろとあるけど、探すのが面倒。
原作と違うと言えば、新一のお父さんはすでに死去しているし、不良少女の加奈もいない。同じ様に顔に寄生された仲間の宇田もいない。
朝の番組で監督が言っていたのは、主人公を可哀想なほど孤独にさせるためだそうです。
そのため里美が唯一の理解者だという点が強調されて、なるほど、ただ尺の関係で削除したのではないんですね?

原作を読んで話しの筋を知っているのに、まいった、泣いてしまった。
田宮良子が、自分の子供を取り返すために自分の正体がバレても構わず、子供をかばい死んでしまう場面。
良子の言う
「私たちをいじめるな」
はあ?と言いたくなる台詞だけど、いろいろと考えさせられます。
寄生生物が人間を殺し、人間が寄生生物を殺すのは当たり前。
なのに、人間が人間を殺すのは、大昔からやってきていること。なぜ、寄生生物だからという理由だけで殺そうとするのか。
広川も言います。
地球に住んでいるのは人間だけではない。自然を破壊し動物を殺し、人間こそ地球の寄生虫じゃないか。いや寄生獣だ。
それっぽい台詞を言っていたような気がしますが、あってたかな。
ただ、原作では、人間とパラサイトは共存出来ないから殺し合いをしている、人間とは何なのだろう、命とはなんだろう、と考える作品だったと思う。でも、映画は、最初からミギーと新一が良き相棒になっているのが、違和感でもありテーマと反れる気がして残念。

しかしながら、役者さんたちの迫真の演技が、より引き込みます。ヘタなアイドル女優とか使わなくて正解です。   
VFXの完成度もすごくて、作り物ぽくなくて、日本が誇れる最高傑作になるのではないでしょうか。
進撃の巨人はアニメみたいで作り物感が出てるけど、VFXの技術はリアルで恐いくらいだ。

とにかく、原作のテーマが深いので、ひと言で言い表せないけど、世界観そのままで感動的に仕上がっていて素晴らしかったです。
っと、私は絶賛だけど、映画館のお客さんは少なかったな~。好きか嫌いかがはっきり別れる作品かもしれない。

人間は自分以外の大切なものを愛しむ心がある。それが人間。固体では弱いけど団結すれば今以上に強くなる。
人間は、何十何万何十万と集まって、一つの生き物なんだと。
ミギーや田宮良子、パラサイトに教えられるとは。

しばらく感動の余韻に浸っていられる映画でした。



ライアーゲーム 最終巻 ネタばれ感想

kage

2015/04/19 (Sun)

ライアーゲーム19巻。なんと合わせて40ページ加筆され、内容が少し変わってる!
最終話に、驚くコマが加えられ、加筆前よりずっと興味深いものに!

前回の最終回感想の記事で、物足りない終わり方で不満を書いてしまいましたが、修正されたお陰で、アキヤマ、ナオ、ヨコヤがぐっと人間臭くなり、納得のいく結末になりました。よかったよかった。

まず、大まかなあらすじから。
18巻はあまり印象が薄く、感想を書くほど頭に残らなくて、スルーしてしまいましたので、飛ばして19巻。
最終戦はまさかの団体戦。4チームに別れ、プロジェクションマッピング映像で攻撃し合いポイントを減らし、ポイントが無くなったら負け。
ヨコヤはナオを自分のチームに入れアキヤマチームを落とす作戦に。アキヤマは成すすべもない…かと思いきや、やはりすでにアキヤマは作戦実行中。
そもそもアキヤマの敵はヨコヤではない。ライアーゲーム事務局の正体を暴き、潰すこと。そのため、ゲームを続行できないように仕向けること。最後に残った2チームが1ポイントずつになれば互いに攻撃できず膠着状態になる。そうなればゲームの続行不可能。
アキヤマの作戦が進む中、そこで動いたのはヨコヤ。コンピューターシステムを壊しデータを消し混乱させる。そのためゲームは終了。勝者はなし。事務局の敗退。

ヨコヤにしては気の利いたことしてくれました。
ヨコヤは幼少の頃から偉大な父親の言われるままに行動し逆らわず支配されていた。お前も支配者になれと言われてきた。
しかし、『支配者になると言いながらあなたは、偉大なお父様の支配から抜け出せていない』
ナオの幻に言われ、ヨコヤは気付かされます。
アキヤマやナオに勝って、そして、どうなる?
ヨコヤは自分が勝利するでもない、大金を得るでもない、父親の教えを忠実に守るでもない、事務局を潰すこの結果に満足しています。

こうして事務局の責任者アーチアから聞かされる事務局の正体。
(ここは最終回感想の記事で書きました)

加筆ページでも書かれていた(記憶曖昧)アキヤマの恩師、丘辺教授。この巻で急に話題に出てきましたが。
以前、アキヤマがナオに言った言葉、「人を信じることは人を疑うこと」疑うことで相手を知り、その人に何かを託すことが出来る、それこそ信じる行為だと。アキヤマの言ったこの言葉でナオは強くなれました。その言葉とは丘辺教授の受け売りだったのですね。
さあ、そのアキヤマも尊敬する心理学の権威、丘辺教授。
なんと、その人は、ディーラー、レロニラさんだったとは!
これまでも、影のコンピュータールームで、アキヤマの心理を解説する役割をしていましたが。
アキヤマがゲームに引き入れられたのは、この人のせいだったのですね。犯罪者になった教え子の今後を心配してのこと。変わって欲しいと。
アーチアが言う「私やレロニラは一億の報酬を辞退した」ヤンジャン掲載時には、なんでここでレロニラさんが出てくる?と疑問に思いつつ気付かなかったのですが、ふむふむなるほど、そうか。
読み返してみたら、伏線あった。
15巻入札ポーカー編で、ナオがアキヤマのせいで窮地に陥り二人の仲に亀裂が入ったのでは?と思わせて実はこれもアキヤマの計算だったという場面。
ここでレロニラが「アキヤマはカンザキにこう言った。人を信じるためにはまず疑うこと、その二人の絆はそう簡単には切れない。ふふふ」と言います。ここ伏線だったとは。まったく気付かなかった。なんでレロニラが自信たっぷりでそう言うのか。他にもアキヤマの事を知っている風な発言がちらほら。

そしてさらにさらに、びっくり新事実。物語後半に出てきた事務局最高責任者、アーチアさん。
このライアーゲームをドキュメンタリー映画にして世に発表しようとした映画監督。だが、何者かに妨害され脅迫され中止せざるを得なくなり、今まで姿を隠していた。そして18年後、年老いて先が長くないと感じる今、やり残した映画化で、信頼こそもっとも強い力だと世にメッセージを伝えたい。
……その映画監督とは、ナオのお父さんだったのです!
たしか、末期がんで入院中だったよね。時々登場していましたが、まさかの事実!
なぜ、これを本編で書かず、コミックスで明らかにするんだろう。確かに18年前の写真に赤ちゃんが写ってるわ。その赤ちゃんがナオってこと?

実の娘を危険なゲームに参加させるとは、どうして?
自分が癌で死ねば、ナオがひとりになる。騙されやすくて馬鹿正直なナオが心配。汚い世の中で強く生きる力を身につけて欲しいという、親心だったのでしょうか。
確かにナオは強くなりました。ただ騙されにくくなったのではなく、ヨコヤやアキヤマを変えるほどに。

アキヤマとナオがライアーゲームに参加した裏の理由が分かりました。

アキヤマもまた、変化がありました。決勝戦でヨコヤと会話をするとき、とても穏やかだと感じました。敵に対して愛情があるというか。人を信じられなくなっていたアキヤマが人に委ねるなんて言えるほどに。本人もナオの影響だと言っていますが、ナオのお人よしがうつったのかもしれません。
加筆された、嬉しいシーンの一番はこれ。
ライアーゲームがついに終わったと言って泣いているナオに、アキヤマが優しい言葉をかけて、抱きしめています。
今まではナオが抱きついてきても手を握ってきても、引き気味だったのですが、自分から近付き腰に手を回してますね。
ナオの気持ちには全く鈍感な男かと思ってましたが、二人の関係性に変化アリ、かな。

ヤンジャン本誌最終回を読んだときは、物足りなさを感じてしまいましたが、ごめんなさい。納得いく最終回でよかったです。
最後の、「闇は俺たちの想像より遥かに深いってことだ」「そんな…」
は、作者さんが「何年後かに続編を書くかも?」とツイッターで言われてたので、あえて思わせぶりな完結にしたってことですかね。
とりあえずはハッピーエンドで、すっきりしました。改めて完結お疲れ様です。


【漫画】ライアーゲーム LIAR GAME 全巻セット (1-19巻 最新刊) / 漫画全巻ドットコム

価格:10,485円
(2015/5/5 09:21時点)
感想(2件)





沖縄旅行 お土産

kage

2015/04/17 (Fri)

家族が今度は沖縄に行ってきました。
私は留守番。
お土産は、ほぼ食べ物。

150417_2054~01 (2)

アタリメの豚肉版、ブタリメだって。

150417_2056~01 (2)

サンゴカルシウムの入った塩とごはんの塩。
なんだかおいしそう。
そして、かわいいシーサー。
玄関に置こうかな。

150417_2056~02 (2)

それと、海岸で拾った、貝殻。サンゴのかけら。

150417_2058~01 (2)

出発はあの事故のあった同じ日の広島空港からで、事故のニュースを知ってびっくりしたけど、事故のあった時間より早い便の飛行機だったから、無事飛び立っていきました。
帰りは伊丹空港着。
恐いわ~。危うく巻き込まれるとこだった。
でも、行きの飛行機も天候不順か何かで遅れたらしく、やはり、あの日はトラブルが起こり得る天気だったのでしょうか。



しばらく我が家のおやつは、沖縄三昧!





暮らしやすさ1位

kage

2015/04/01 (Wed)


経済産業省が「暮らしやすさ」を貨幣価値に置き換える調査を、全国一万人にアンケートをした結果

1位 松江市
2位 出雲市 
3位 江津市 
4位 米子市
5位 福井県小浜市       
6位 鳥取市
7位 安来市
8位 佐賀県大町町
9位 群馬県桐生市
10位 雲南市
 
 全国ランキングの調査で、上位10位に山陰7市が入っているという驚きの結果に。

適度な人口規模で生活の質の高さ、大地震のリスクが低い、などや、自宅からショッピングセンターまでの距離や保育園の待機児童率、などを「暮らしやすさ」と定義して調査したのだそうです。
全国の統計調査を計算し、暮らす価値を貨幣換算した結果がこれ。

『経産省は通勤時間の短さや自然環境など「生活の質」にいくら支払う価値があるのか調べた。』
だそうです。
なんかよく分からないけど、つまりは、ド田舎過ぎず、大都会過ぎず、生活に便利な施設もあり、災害も少ない。
「へ~、結構良いトコじゃん。年取ったら、住みたいな~」
って、人生のリタイヤ後にひっそり暮らす南の島のような町ってことかしら。

私は、独身のときは関西に住んでいて、結婚を機にこっちに帰ってきたのだけど、確かに、独身女性が住むには関西は恐すぎるし、物価が高いのでお金も必要。買い物には便利だけど、安心して住めない。
その点山陰地方は、家賃や飲食代も都会に比べ安いし、治安も良い。年寄りが多いせいか、福祉施設はたくさんある。
全国区の店も少しはあるけど、今ならネットで何でも買える時代だし。
田舎暮らしは良いけど、あまりド田舎過ぎても嫌だ。松江市ぐらいがちょうど良いかも、って意味でしょうかね。

しかし、ランキングに島根が5つも入ってるって、おかしいでしょ?
一体誰にアンケートしたのですか?
関係者、みな島根県民?