2015 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 04

いっちゃんムチュー!春まつり

kage

2015/03/29 (Sun)

地元の日本テレビ系列の局、日本海テレビの公開生番組『いっちゃんムチュー!春まつり』を見に行きました。
会場は松江テルサ。ZIP! やNEWS EVERYの舞台裏を見せてくれたり、ゲストとトークなどの公開生放送です。

ゲストは、日本テレビの藤井アナ、菊池亜美、手相タレントの島田秀平、芸人の三四郎、
ねば~る君としまねっこ、歌唱王の小豆澤英輝くんです。

藤井アナと菊池亜美は、CM中や放送時間でないときでも、おしゃべりが楽しくてサービス精神旺盛な人でした。
島田さんや三四郎も、割りと好印象でした。地元のアナウンサーさんも、さすがトークのプロで、会場を盛り上げるのが上手でした。

私たち親子は、一時間前から並んで席を確保して、テレビに映らなそうな場所を選んで座っていたつもりだったのだけど、テレビで観ていた夫によると、客席にカメラが向くと何度も何度も映っていたらしく、なんだか恥ずかしかったです。

実は、ねば~る君目当てで行きました。
意外と、ねば~る君は大人しかったです。CM中とかのカメラが回ってないときは動かず黙っていたので、置物みたいでした。自分でもそう思ったのか、番組の終わりに「あまりしゃべってないねば」と言ってました。歩くのも遅いので、介助されてました。

放送中はカメラ撮影はダメだけど、最後にねば~る君やしまねっこたち、ゆるきゃらの写真撮影会がありました。
人が多くて上手く撮れなかったのだけど、やっとで撮れたのはこれ。

150329_1515~01 (2)

歌唱王で優勝した中学生、小豆澤英輝君もゲストで来て歌ってくれました。
生で聞くとすごい! 声の響きがすごい!
やっぱり、彼の歌は上手すぎ!

収録が終わってから、外の屋台で食べていると、すぐ近くで小豆澤君ファミリーがから揚げを食べてました。
私は声を掛けようと思いつつも、そっとしておいてあげようと、気付かないフリをしていたのだけど、回りから「ほらあの子、歌の上手い子」とか「小豆澤くんだ」と、注目されていました。そして女子高生から「一緒に写真撮ってください」と言われて、女の子に囲まれてました。
彼の今後が楽しみです。




生放送に客席参加した人にはプレゼントがありました。

150329_1919~01 (2)

クリアファイル、日本海テレビのメモ、花の種、和風だし、おせんべい、zipのシール、缶バッチ。

特にこのシール150329_1920~01 (2)
zipのジジとププじゃんか! 

子供を喜ばせようと行ったのだけど、私の方が楽しんでいたかも。


シンガポールお土産

kage

2015/03/22 (Sun)

家族がシンガポール旅行へ行ってきた。
私は留守番

お土産はお菓子ばっかり

150322_1223~01 (2)


シンガポールの料理は、すごく塩辛いか凄く甘いかすごく辛いか。
味付けが極端らしい。
シンガポールのポカリスウェットは炭酸らしい。
日本の観光客が多いから日本語通じるかと思ったけど、やはりどこでも英語だったとか。

ふーん。大ざっぱなお土産話だなぁ。

悲しいね

kage

2015/03/02 (Mon)

上村君の事件は、日本中で衝撃を受けていますね。
うちの夫は、一年前まで隠岐諸島で単身赴任をしていました。
夫が元同僚から聞いた話では、上村君のいた西ノ島の子どもたちは、みなショックが大きく、カウンセラーをつけている状態だとか。子供だけでなく、島の大人たちも相当なショックだったそうです。
島根のNHKのニュースでは、上村君の小学校時代の作文を取り上げて、彼がバスケットで頑張っていたこと、運動会で張り切って800メートル走に出たこと、などのエピソードを報じています。
彼のお母さんが子供に無関心などと悪い噂を流す人もいますが、運動会では上村君の走る姿をみて感動して涙が出たとか、朝家を出るときに、一等になってねと声を掛けたとか作文に書かれていたらしく、普通に仲の良い親子だったのだと思いました。
西ノ島は、田舎の島根でもさらに田舎で、のどかな小さな漁師町です。
上村君、両親が離婚したかもしれないけど、彼だけでも西ノ島に残って暮らしていれば、こんなことにならなかったのに…、と、考えてもしょうがない事を思ってしまいます。

なんで彼は死ななければならなかったのでしょう。無関係の私でも悲しくて悲しくて冷静に連日のニュースを見ていられません。他人でもそう思うのに彼の家族はどんなに悲しいことでしょう。

ドラマの流星ワゴンで、息子がいじめられているのを観ると、お母さん早く気づいてあげて!助けてあげて!と、現実のことのように感情移入してしまいました。

辛い思いをしている子供たち、他にもいっぱいいるのかもなぁ。
まずは、身近から。自分の子、友達、教え子、近所の子。
同じ事件を繰り返さないように、まずは、自分の身近から、上村君のような子供がいたら早く助けてあげようよ。