2013 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 11

どっちも天然

kage

2013/10/31 (Thu)

家での出来事

電話が鳴ったので出ると、向こうの人が
「○○です」
私は友人の○○さんだと思って
「あぁ、こんにちは。こないだはどーもー」
と言うと向こうも
「こんにちはー。先日はお世話になりましてー」
と言うので、「この前はお土産まで頂いてすみません」「いやいやこちらこそ」と、世間付き合い的な会話が続いた。

しばらくしゃべった後、お互いなんか変だなという空気を感じたのか一瞬の沈黙。相手の人が
「……××さんですか?」
××とは、私の名前ではない。そこで私は
「いいえ、違います」
もう、お互い大笑い。
間違い電話の人と、会話が成り立ってしまった!
向こうの人も、笑いながら
「あらー、ごめんなさいね。おほほ、あらあら、違ったのねー」
と、いつまでも話し続けるので、私も
「そうですねー。あはは」と笑っていたのだけど、きりがないので、がちゃんと切った。

側で聞いていた子どもが
「誰から?」と聞くので、私が、
「間違い電話」

「なんじゃ、それ!」


サザエさんのひとコマみたい!

どじょっこだーの、ふなっこだーの

kage

2013/10/26 (Sat)

新人のドジョウちゃんは新しいおうちに慣れてきたようで、昼間は貝殻や水草の上でじっとしてますが、夕方になるとにょろにょろくねくね、素晴らしく活発に動いています。
夜行性のドジョウのお陰でいつもならご飯の時間以外はボーっと漂っている金魚ちゃんも、落ち着いていられないご様子。知らんふりしながらもドジョウが気になっているようです。
水草の上で休憩しているドジョウに背後から近づき体当たりしたり、食べ残しを探して砂を突いているドジョウの横で、砂ごとズズーッと吸い込んで邪魔したり、嫌がらせをしてますね。
その仕返しでしょうか、夜にはドジョウが暴れまくって金魚の睡眠を妨害します。お互いストレスだったりして。別居させたほうがいいかしら。

そんな調子で、ドジョウがきて一週間が過ぎた頃、金魚ちゃんが水槽の底でじっとして動かない。どうした?と思ってよく見ると、ひれに白い点々が!
こ、これは、白点病!
もしやドジョウちゃんも? やはり背びれに小さい点々が!

慌てて2匹を別のバケツに移し、治療開始。
フレッシュリーフと塩を少し入れ、水の温度を上げました。と言ってもヒーターが無いので、とりあえず26度に温めた水をバケツに入れて2匹を泳がせたのだけど、これって自然に水が冷めて常温になるんだよね。
温度変化をコロコロさせたら逆にまずいんじゃないの?

ひとまず、この状態でその間水槽を掃除して白点虫を除去。
ところが薬浴を開始して数分後、ドジョウの様子がおかしい。水面に浮かんで気絶してる?バケツをたたいて刺激すると目を覚まして泳ぎだす、これを繰り返したので、こりゃやばいとドジョウを元の水槽の真水に戻しました。
真水→温かい薬液→真水に数分で移動させられたせいか、ドジョウは貝殻の下に隠れて微動だにしなくなりました。気のせいか、体表の色も白っぽくなってる。薬剤は規定より少なくしたけど、うちのドジョウには合わなかったみたいです。急激な環境変化も良くないし。
ごめんよー。どじょっこー!
心配で心配でずーっと水槽の前から動かず見守っていたよ。でも、夜には少しずつ動き出して、次の日は元の元気なにょろにょろちゃんになりました。
どことなく背ひれの点々が消えているような。薬剤に入れたのは数分だけど、初期だからそれで治ったのでしょうか。

ドジョウは薬や塩に弱いそうです。表面のぬるぬる成分がなくなっちゃうらしいです。そういえば料理でも塩を振って魚のぬめりを取るからね。
良かれと思ってしたことがアダになってしまった。
金魚は4日間、隔離して薬液に入れたお陰で、治りました。無事2匹とも水槽に戻して、同居再開です。

なぜ、突然白点病に?
元々白点虫は水槽の中にいるものだそうで、最近寒くなって水温が下がったことや、金魚の体調のせいもあるけど、おそらく原因はこれ。
金魚には水に浮くいつもの餌を。ドジョウには底に沈むかつお節やちりめんじゃこをあげてたのですね。「ダシ汁かよ」と笑っていたけど、これがいけなかった?
人間が食べてもおいしい栄養のある餌のせいで、白点虫が増殖しちゃったのでしょうか。
いりこかつおダシのえさは、やめました。「麩」を細かくして割り箸でドジョウの口元まで持っていって、食べさせてやってる。なんたる過保護。
ドジョウちゃんの、餌にぱくついて口をもぐもぐさせているとぼけたお顔が、もうかわいくてかわいくて。
病み上がりの2匹は、お互いを意識しながら、無視しながら、今日も同居中。

どじょうがでてきてこんにちは

kage

2013/10/14 (Mon)

この連休、特にレジャーの予定も何もなかった我が家は、出雲の大きなペットショップへ行ったのが、一番遠出のイベントになってしまいました。

そこで、買ってきたのが、どじょう1匹。石巻貝2匹。
どじょうは、5,6年飼っている金魚ちゃんの水槽で同居させることに。石巻貝は、チビポニョたちの水槽へ。
金魚とケンカするかなーと思いきや、お互いぜんぜん無関心で、金魚は平然といつも通りスイーっと優雅に泳ぎ、どじょうはこれまた、にょろにょろにょろにょろ、落ち着きがないやつで。
一応隠れ家を作ってあげたけど、隠れる気なし。常にくねくねくねくね。どじょうは夜行性と本に書いてあったけど、昼真っからこれだと、夜中はどんだけー!
写真を撮ろうと何度もチャレンジしたけど、なんせ常ににょろにょろなので、ブレて撮れません。

どじょうの飼い方を調べたところ、砂に潜るとあったので、石を敷いていた水槽に砂を追加、底が汚いと死ぬとあったので、石も洗って…。おうちつくりも大変!
どじょうはおならするんだって。一人で寂しいと死んじゃうんだって。なかなか興味深いやつね。

えさは鰹節をいれてやったら、喜んで(たぶん)食べてくれました。でもお口が小さくて食べにくいのか、鰹節がいつまでも水の中に残っているのが気になって…。早く食べないとダシでちゃうよー。かつおだしの中で泳ぐことになっちゃうよ。
だし汁で思い出したけど、私のふるさと安来市は、どじょうすくいの発祥の地。でも安来の人はどじょう食べないよー。実家でも食卓に出たことないよー。
どじょう君の名前は「あらえっさっさ」くんにします。あらえっさくんというゆるキャラはいるので。
ぽにょの水槽に入れた石巻貝はどんどん水槽の壁をお掃除してくれてます。
また賑やかになった水槽の中。

くまもんに続け!

kage

2013/10/09 (Wed)

台風がくる!台風が近づいてるよ!
と、テレビのニュースで何度も言っていた割には、それほど被害は大きくありませんでした。島根県松江市。
夜中中、びゅーびゅー大風が吹いていたから、朝おきて窓を開けてみるのが恐かったけど。ぜんぜん何もなく、前の日と同じところに植木鉢もあるし、木の枝も折れてないし。

思えば、前回の台風も夜中に通り過ぎていったので、通勤通学の時間帯じゃなく特に被害なし。うちの周りは。

恵まれてるなー。運がいいのかなー。

出雲地方は、水害も台風も地震も、あまり大きな被害が出ない。それはなぜ?
出雲の人は、子どもも大人も、「出雲の神さまが守ってくれているから」と口を揃えて言います。
夏の豪雨被害も、東から津和野、江津、大田ときて、出雲を飛ばして鳥取県に移っていきましたから。

ふんふん、確かに今は10月。神在月ですからな。
神無月の事を島根では神在月(かみありづき)と呼びます。普通にカレンダーにもそう印刷してある。

出雲大社に、やおよろず(八百万)の神様が大集合して、今年は誰と誰をくっつけようか、と縁結びの会議をされておるそうな。
私も、子どものころは、10月には、自分の背後にも神様がいて見守ってくれているのかな~って本気で思ってたよ。
島根の人口は70万人。神様のほうが人数多い。

今、出雲大社は観光客が増えて、国道も観光バスだらけ。観光大使はなぜか高橋まーさ。
遷宮のお陰で今年はちょっとだけ島根が注目されてるけど、来年はどうなるかね?
しまねっこちゃんが、ゆるきゃらグランプリで優勝してくれればいいけど。
そんなわけで、ぜひ、しまねっこちゃんに一票を!

(追記)
今日10月10日。あの俳優とあの女優の結婚式があると根も葉もない噂が広まって、出雲大社に野次馬がいっぱいいたそうです。ドラマの最中に島根にまでやってきて、ただでさえ観光客の多いときに、結婚式やるわけないじゃん!

安全運転しましょう

kage

2013/10/06 (Sun)

交通事故って、いつ自分に降りかかるか分かんないし恐いよね。
子どもの列にドリフトしながら飛んできたり、高速で車外に出て轢かれたり……。
いつ自分が被害者になるかと思うと恐怖だけど、それ以上に自分が加害者になる恐さもあるよね。
もちろん、無茶な運転はしてないけど……。

先週は、家族が骨折して入院したりして、日に何度も病院と自宅の往復でした。パートも行ってたから、ずっと車で移動しっぱなしだったよ。
気が散漫だと運転が危ないので、自分に「慎重に、慎重に」と言い聞かせながらの運転でした。
元々、車の運転は苦手で、ラッシュ時の道は通りたくなかったのだけど、怪我となるとそうも言ってられないので、しかたなく恐々の運転だよ。

そんな私が、緊張しながら車に乗っていると、目の前を走っていた障害者マークをつけた車が、交差点で反対車線に入ろうとしているではないか。
周りの停まっている車の運転手もぎょっとして注目している。停まって道を空けてあげたり、徐行したりして、みんなが注意しているなか、障害者マークの人は、はじめ気づいてなかったらしく反対車線に入ったものの、すぐに本来の車線に戻って、何事もなかったように、スイーっと行ってしまいました。
何やー! 周りの車やバイクの人たち、「おいおいおい!」って(心の中で)叫んでるよ、きっと。 私は声に出して言ったけどね。

本当、精神的にバテてる時にやめて欲しい。
みんなで気をつけようね。