2012 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 02

うちのごはん

kage

2013/01/26 (Sat)

主婦ブログっぽく、我が家のご飯を載せたりする。だから何?って感じだけど、書くことないからしょうがない。

魚料理が好き。うちでは肉より魚の日が多いです。
なぜなら、安いから! ここ島根では、安くて新鮮なお魚がスーパーで簡単に手にはいるので、嬉しいですよね。

121221_1751+01+(2)_convert_20130126163221.jpg
(あれ、お魚どこ?)
お魚のムニエルは我が家で定番メニュー。
自分で作っていながら何のお魚だったかすぐ忘れる。いつもスーパーで見かける、あの安いやつ、ほら、アレ、なんだっけ。
で、調べてみたら『ワカナ』でした。出世魚ブリの30cm未満の呼び名らしいです。島根県産で新鮮でおいしい。

都会では高いとされているお魚が、島根では安かったりするので、島根県民で得した気分でした。
……そう、今日までは。
首都圏では高級魚とされている『キス』
こっちのスーパーでは、8匹ぐらいのパックが280円ほどで売られているので、よく夕飯で登場するお魚です。
そう、『ニギス』とか『オキギス』とか呼ばれている、あのお魚ですよ。
……、二ギスって?
またまた調べてみたら、ニギスとキスは、まったくの別もの。キスに似ているからニギスだって。
知らんかったーー! 子供の頃から、あれがキスだと思っていたよ。
紛らわしい名前付けんといてくれ。

漫画でひとりごと

kage

2013/01/22 (Tue)

ネウロのコミックス文庫を買おうか迷っています。
日本中で手に入りにくいと噂のネウロのコミックス。苦労した末、手に入れたネウロのコミックス全巻でしたが(前の記事に書いたとおり)、数ヵ月後には、文庫化されたという、嬉しいような悲しいような…。
全巻持っているのなら、また買わなくてもいいんだけど、欲しくなってしまうのがファンの本能。でも、文庫最終巻の11・12巻にはコミックス未収録の読みきり掲載予定らしいので、それだけ買ってもいいかな。(中途半端なファン魂)

『暗殺教室』が漫画大賞ノミネートされたそうです。たしかに今のジャンプでは一番おもしろい。地元の本屋さんでも漫画売上げランキングで、ワンピースの次の2位だった。ジャンプの代表漫画になってしまうの?

暗殺教室のさりげない伏線から今後を勝手に予想。

生徒たちに暗殺させている理由は、殺せんせーのスキルアップのため。今より強くならないといけない訳がある。ネウロの時のように、中盤から最強の敵が現れ、ギャグ漫画からバトル漫画へと変わる。その本当の敵との戦いに備え、今の生徒たちとのおふざけは準備段階。殺せんせーがE組に来たのは、生徒たちに殺されるためではなく、すっかりやる気を失ったあの子たちの、向上心を高めるため。1話に出てきた女性にE組に行くように頼まれたのには、もっと別の理由がある。実はE組に地球を救う重要人物がいる。それはもちろんあの子。
その1話に出てきた女性は、殺せんせーの恋人で、当時どこかの大学か研究所で働いていた。しかし敵はその研究所で開発した薬品か何かを狙って襲ってきた。そこで、人間だった殺せんせーは、まだ試験段階だった薬品を自ら飲んであの体になってしまう。地球を助けるために月を爆破した殺せんせーは、世界中から命を狙われるはめに。
ところが、命を狙われているというのはカモフラージュで、E組の生徒たちに殺せんせーが地球を爆破する超生物だと思わせる必要があった。

なぜ?

それは知らん。

2巻のデザイン予想は当たったぞ。案外上の予想も近かったりして。

飽くなきミカン

kage

2013/01/12 (Sat)

そうだった。今日もみかんを食べないといけなかった。

12月に箱買いしたみかん。「ひとり2個ノルマ」を課すべく、やっと年末も差し迫った頃、食べ終えたというのに、正月に実家へ行ってもらったお土産はみかん1箱。しかも2Sサイズのちっさいのがびっちびっちに箱詰めされたやつ。
早く食べないと腐ってしまう。「ひとり3個ノルマ」の達成は過酷になったころ、「ジュースにしよう」という我が子の提案で、ミキサーに投入。10個程度でコップ3杯分のフレッシュジュースの出来上がり。
でも市販の100パーセントジュースより薄く感じるのはなぜ? 濃縮具合がちがうのね。
他の果物を入れてミックスジュースを作ってみようぜ、と、ちょっとしたジュースブームに。
りんご、梨、キウイを入れて作ってみたけど、ドロドロしてなんか違う。おいしいけどぐんぐん飲みたいとは思わない。もっと水分が多い果物のほうが飲みやすいみたいね。
それならオレンジとみかんの混合ではどう? うん、これはばっちり!
てなことを繰り返していたら、あっという間にみかんは箱の3分の1まで減りました。ジュース作戦で頑張って消費したけど、すこし飽き気味。こうなりゃ、みかんを海苔で巻いて醤油をつけて、「イクラ」として食べることにしようか…。

などと思っていた矢先、図書館で見つけた『みかんのむき方』という本。
みかんの皮を上手くむいて、ウサギやヘビやら、動物の形を作って遊ぶという、なんとも楽しい遊び本を見つけてしまったのだ。
さっそくおうちでやって見ましたよ。しかし、なんとも難しい。我が家にある2Sみかんではやりにくいし、失敗もあるので、ついつい何個もむいてしまう。もうひとり3個ノルマどころじゃない。気がつきゃみかんの皮アートがわんさかと。どんだけビタミンCとりゃ気がすむのさ。

みかんむきっ子になってしまったうちの子がひと言。

「もっとみかん買ってきて」

おい! からだ黄色くなっちゃうよ!

あけましておめでとうございます。

kage

2013/01/05 (Sat)

今年も取るに足りない事をスカスカの文章で書いていきますので、よろしくお付き合いくださいませ。

ところで、元旦から、もやもやとする出来事に遭遇してしまった。(と言うと大げさに聞こえてしまいますね。)
いやー、あのー。ぜんぜん知らない人から年賀状が届いたのです。
名前を見ても思い出せない。自分一人で映っている写真が載っているのだけど、その顔を見ても知らない人なのです。
結婚して苗字が変わったとしても、下の名前も思い当たらないし。
市会議員とか?そんなところかと調べてみたけど、それらしい人はいない。家族の関係者かと思っても、誰も知らないと言ってる。

えー? あなた誰ー?

普通、同級生とかママ友なら、子供の写真とか家族で映った写真とかを、使うじゃない? 自分だけで撮った写真を使う私と同じ年齢らしき女性って、それだけで珍しいように思うけど。
お店とか、議員さんとか、宣伝用の年賀状でもなさそうだし。

私、とうとうボケたのでしょうか。知り合いを思い出せないほどに。
それとも、そのお方、どこかの誰かと間違えて、はっきり私の住所氏名を書いて出してしまったのでしょうか。

返事出してみようか?
「わー久しぶり。元気だった? 今度ゆっくり会いたいね」
と書いたら、相手の人も「誰だこの人」って思うかな。
来年も年賀状が届いたりして。この際、何年も知らない者同士で、年賀状だけのお付き合いをするってのはどうだろう。
それも何かのご縁かも?