2011 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2011 07

タダより怖いものは、ある?

kage

2011/06/24 (Fri)

3月頃のお話です。
こちらのブログサービス会社の管理ページを開くと出てくる広告に、「あなたの小説を無料で出版しませんか」「今応募すると無料でプロから感想をお届けします」「○日までに応募すると全員に図書カードプレゼント」ってのがあったんです。文○社という会社です。
今でも時々同じ広告出てますけどね。
出版は無理だとしても、感想と図書カードは欲しい。プロって誰?何のプロ?と思いつつも、とりあえず自作の小説をひとつメールで送ってみた。
そうすると、さっそく次の日に、会社の担当者と名乗る人から電話がありました。

そのときの会話

「読ませてもらいました。すごくよかったです。上手いですね。」
「はあ、そうですか」
「作家の○○風な文体ですね」
「あー。そうなんですか。その人知りません。」
「公募に出されたことは無いんですか」
「そういうのよく分からないし、執筆暦も浅いんで、まず無理でしょう」
「えー。出されたらいいのに」
「面倒くさいし、興味もないんで」

やり取りで、私が相手に心を許してない雰囲気だと分かってもらえると思いますが、おそらくこれが、「プロからの感想」
何がどうよかったのか、読んでどう思ったのか、具体的に何も言われず、ただ「上手いですね~」を繰り返す。本当に読んでんの? 「公募に出したらいいのに」は褒め言葉ではなく、それとなく他に発表した作品なのか確認しているだけ。

会話の続き。

「では、こちらで審査をしますが、ほかの作品も読んでみたいので、あれば送ってください」
「は? 審査って何の?」
「出版するかどうかの審査です。いい作品しか審査しないんですよ」
「誰が審査するんですか。」
「スタッフです」
「……。短編しかないですけど、何ページ必要ですか」
「合わせて7~80ページあれば大丈夫かと」
「……。はいはい、分かりました。メールで送ればいいんですね。」
「あ、私のデスクのパソコンに送ってください。アドレスは……」

とまあ、とりあえず、後でメールすると約束しておきましたが、本当に送っていいものか半信半疑。言われた通りに原稿を送ったら、まずいことになるんじゃ?
電話を切ってすぐ、私はネットで文○社を調べました。
すると、まあいろいろあるようですね。私のようなケース。
調べたところ、文○社とは、著者が出版費用を負担する、自費出版専門の会社だそうで。
文○社という会社を知らなかったという時点で、私は自費出版にまったく興味がないわけで、こんな風に「出版させてあげますよ」と言ってこられても、まったく信用する気もない。

だけど、「文○社トラブル」「文○社詐欺」で検索すると、出るわ出るわ。
私のほうから原稿を送りつけといて何も言えないんだけど、ただそれは単に図書カード欲しさ。本気であんなヘタな作品が出版されるなんて思ってないし、うまい話に浮かれるほど馬鹿じゃない。
電話の内容だっておかしいような……。
まず、何に載せるための審査なのか説明がまったく無い。なぜ70ページ必要なのかもわからない。金銭的な話し合いもなく、一方的に作品をもっと送れと言って来ている。
すぐに信用出来ないのは当たり前。

それなのに、「詐欺」だの「騙された」だの言っている人が多くいるのは、その人が勝手に「無料で本が出せる」、「デビューできる」と思い込んで、よく調べもせずに契約して、結果「騙された~」と騒いでいるだけなんじゃないかと。確かにあの電話だけじゃ、説明不足だし、一番肝心である金銭的なことについては、まるで敢えて話題に出さなかったかのように、スルー。
期待した本気の感想がもらえなかったし、もういいやと言う訳で、メールすると言ったけど無視しました。
向こうからも催促の電話もないので、それっきり月日は流れました。

誤解のないように一応言っておきますが、私は文○社が詐欺しているとは思っていません。そういった営業方法でやってこられたのだから、べつに何の問題もない。
出版費用が150万だったり50万だったり、人によって差があるようですが、お金に余裕があって、大金出しても本にしたいという人は、やればいいんじゃ?

その後、すっかり忘れたころに、郵便で図書カードが届きました。
ウソじゃなかったのね?本当にあれだけで図書カードくれたよ。
ラッキーラッキー。

またまたしばらくして、すっかりさっぱり忘れたころの6月。
留守番電話に、前回と違う人の声で『文○社です。またお電話します』と入っていた。
えー! 原稿送った本人が忘れているのに、今頃になって返信の催促じゃあるまいな?
また電話かかってきたらどうしよう。

私と同じ経験した人いますか?
ちなみに私の母親は、自作の俳句と俳画の本を自費出版して親戚友人に配り、かなり自己満足しています。私にもやれやれと勧めます。
親戚のおじいさんも、別の会社で自作小説を出版しているそうです。だんなのお義母さんは、「本にしませんか」と知らない人から電話かかってきたけど、即答で断ったそうです。
なに? 流行ってんの? 『出版しませんか』ってのが。
お金さえ出せば、簡単に本になる時代なのね。
まっ。私はやる気ないんで。図書カードで満足している安い女なんで。


異色の歴史番組

kage

2011/06/11 (Sat)

NHK総合『タイムスクープハンター』
未来の「タイムスクープ社」からタイムワープしてやってきたジャーナリストが、歴史の教科書に載らないような様々な出来事を、密着取材ドキュメントする、という歴史番組。
ジャーナリスト役の要潤が、いかにも未来人ぽい格好をしていて、現代に現れたとしても違和感たっぷりなのに、昔の時代に行っても周りの人が彼を見て驚かないのは、過去に紛れ込み取材を円滑に進めるために特殊な交渉術を使い、うまくカモフラージュしている、という設定だから。
要がレポートし、密着取材という形で話は進んでいきます。

何より私が驚いたのは、ドラマ仕立てになってはいますが、ドキュメントという設定でやっているため、役者さんたちの芝居のリアルなこと。実際にその時代に生きている本物の人なんじゃないかと、一瞬勘違いしてしまうほどの、自然な演技。
普通、時代劇って、台詞がくさかったり、はっきり発音して力が入っていたりするじゃないですか。特に大河とか? そういうのとぜんぜん違う。
大河とかは台詞が現代語に訳されているけど、スクープハンターは平安時代の回も、その時代の言葉っぽくしゃべっている。しかも聞き取りにくい。画面の下にドキュメンタリーらしく字幕が出ます。
また、お金をかけて作った風に見えない、そこら辺の山で撮影した自然感。町の様子はどこかの撮影所や映画村で撮っているのですが、小型性能カメラという設定のハンディカメラで撮っているので、隠し撮り風になっていて回りも暗い。走っているのを追いかけるシーンも思いっきりぶれています。セットや衣装がボロい。いや、わざとボロく作ってあるリアル感。

私が一番すごいと思ったのは、セカンドシーズンのかごやの回。かどやの若い二人が、ある女の人をかごに乗せて連れて行く途中、何者かに女の人がさらわれるのを助けかばいながら無事目的地へ届ける、と言う話。
かごやの二人の演技の上手さに感動すら覚えました。言い合いしているシーンも本当に喧嘩しているのかと、どきどきしてしまうほどの、迫真の演技。実際にかごを担いでいるので息も上がっている。観終わってから「これ芝居だったんだ」と気づくほど、その時代の人になりきっている。
ドラマで見る有名な俳優さんを使っていないというのが、いかにも現実ぽい、作り物ぽくない理由だと思う。バラエティにも出ている有名俳優が時代劇やっていても、どうしても「この人こんな役もやってんだ」と最初から冷めて観てしまうからね。
エキストラの人たちかもしれないけど、彼らの芝居の上手さに感動します。

海外でこの番組が有名な賞をもらったそうで。創造性やオリジナリティのある作品に贈られる賞らしく、海外の人からも、この番組の貫いている概念が理解できたのは素晴らしいことかなと。
先週の「後妻打ち(うわなりうち)」が、めちゃ面白かったです。離婚された先妻が後妻に殴り込みに行く話しです。絶対教科書に載らない内容だけど、江戸時代の人はこんなこと大真面目にやっていたんだな、と知ることができて得した気分。ちょっと違う方向から歴史の勉強になりました。

木曜10時『タイムスクープハンター』
何度も再放送して、サードシーズンてことは、もうすでに十分知られたヒット番組だったのでしょうか。視聴率もいいそうだけど、視聴率に左右されない局なので、このまま長寿看板番組になって欲しいと思える、おすすめ番組です。

ばかにすんなよ、ことりちゃん

kage

2011/06/06 (Mon)

どういうわけか、最近ツイッターにログインできなくて。
パスワードを忘れたはずはないんだけど、ここ数日、いや数週間ツイッターに入れません。
ログインに失敗すると、上のほうに「確認ですが、あなたは人間ですか」と出て、すぐ消える。

なんやの? 
自分のパスワード忘れてアホちゃう? ていうかあんたそれでも人間?
……と、小鳥ちゃんに言われてる気がして、むちゃむかつく。

確かにアホやけど? ツイッターもロクにできないパソコン音痴ですけど、何か?

ブログに書き残すのもアレな、ちょっとしたネタの、まさしくつぶやきを書き込もうとしてもできなくなったわ。
自分がアホだな~と思うこと山の如しの、情けない日常を、なんでみんなに知ってもらわんとあかんの?と思いつつ、とりあえず書いとこっていう、おそらく開き直りの精神なんじゃろか。

別に、ツイッターに書きたいことがあった訳じゃないのよ。
ただ、今日会社で、社長がお土産のお菓子をみんなに配ってくれたんよ。『白い恋人』ではなく、『面白い恋人』という、大阪チックなお菓子。
「あはは。おもしろ~い。ありがとうございます」と受け取って、ミシンの上に置いたまま、帰っちゃったよ。
社長が、「いらんのかい!」と突っ込んでるよ。
私の後でミシン使う人、「何でここにお菓子が?」と思ってるよ。
また、アホしでかした~!


ってな、話し。
ツイッターにコケにされても、仕方ないか。
同じく、「人間ですか」と言われ、イラっとした人、私のお仲間♪