2010 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2010 11

劇場版BLEACHのポスター

kage

2010/10/27 (Wed)

映画の前売り券を買った人はもらえます。
三枚入りで三種類、すべてをゲット。


101026_1529~01


中でもお気に入りは、これ。
この時期、ギンさん見るとつらいわ~。
ウルキオラのわざわざ胸元をはだけたポーズがかっこよい。

101026_1523~01


裏はみんなの私服姿。
ウルって私服に着替えると、仮面も取るの? ああ、グリもだ。
あれ、着脱自在なの?

101026_1526~01


著作権ってなーに

kage

2010/10/18 (Mon)

中学三年生の女の子の詩が文学賞新人賞を受賞したが、実は投稿サイトにあった詩の盗作だったことが後でわかって、受賞取り消しされた、というニュースがネット上でも話題になっていますが。
……騒ぎすぎじゃないですか?

確かに、丸写しってのはまずいですよ。いくら14歳でも盗作が良くない事ぐらい知っているはず。だけどそれに気がつかない審査員も抜けてるんじゃないですかね。
小説の一部を盗作したなら、数多いネット小説から探し出すのは大変だけど、詩の全篇なら検索したらすぐ出てくるでしょうし。分かりそうなものなのに。
何度も受賞経験があり、中学生と思えない言葉の使用などで審査員の間では実力のある子として有名だったらしいですが、盗作作品で受賞しても平気でいるような子なら、それらのすべても盗作だと思われても仕方ない。ていうか、常習犯だったという噂もあるけど、本当ですか。
盗作された人の気持ちを考えるとひどい話だわ。

単なる国語の宿題として提出したってんならこれほど大騒ぎにならなかったのに、丸写しして賞を狙っちゃあだめでしょう。そんなことも分からない、そこがまだ子供なんだね。やっぱり中学生の考えそうなこと。
だから、この子を犯罪者のようにネットで中傷するのはやめてあげようよ。
その子が実際どんなつもりか、知らないけどさ。
バレなきゃこれからも同じことして、賞金もらってヌケヌケと自慢してるような子なのか、悪いこととは分からずに軽い気持ちでつい丸写ししてしまって、新聞に出てしまい学校や周りからいじめや悪口言われて、家に引きこもっているのか、その子が今どんな状況なのか私には分かりませんけど、詩とか新人賞とかまったく興味もなかった人まで、悪口言うのはおかしいよね。

盗作された元の詩ってのは、確かにいい作品だと思います。大人が書いたのなら。
あれだけの難しい詩を中学生が書いた、というそれだけが受賞理由だとも思う。
さほど人生経験のない14歳が書いたとしたら、それは心の底から出た叫びではなく、借り物の言葉を並べているだけだと安易に予想できる。つまり自分の言葉じゃなくてもかっこよければそれでいい。それほどまでに中学生の女子なんて、夢見る夢子ちゃんなのだ。それが見抜けなかった審査員が悪い。

以前、投稿サイトをあちこちのぞいていた時、そこにいる中学生たちはやはり怖いもの知らずだった。
誉めると作家気取りで調子に乗り、けなされると、相手に悪態をつく、そんな勘違い中学生を何度もネット上で傍観した。もちろん私は単なる傍観者。ネット上で見知らぬ中学生と喧嘩するほどアホじゃない。

中高生が詩や小説で受賞するのはすごいですよ。でも、それは大人の目線で「中学生が書いたにしては上手だね」というレベルだ。同じ作品を「20歳です」と言って出したら受賞できるか分からない。
でもまあ、賞をもらっただけとはいえ、賞金を受け取っちゃってるから、中学生のした事だから許してあげてじゃあ済まされないかもね。どっかの元モー娘のようにパクリを集めて本にして販売したってほどではないから。

今回の騒ぎは、狭い世界で生きている甘ちゃん中学生には、きつすぎるお仕置きだったかもしれないが、私が中坊だった頃と違って、今は子供でもブログをしたり、パソコンでコピペなどの操作ぐらい出来てしまう時代。ちゃんと子供にモラルを教えない大人が悪いんじゃないか?

話は変わりますが、詩の受賞で思い出したけど、私も中学一年生のとき、詩で賞をもらったことがある。
お母さんの詩、というテーマで。
国語の授業時間に書けなくて、放課後適当にささっと書いて先生に提出した詩が、どういう訳か県で入賞してしまったのです。県民会館で表彰されるって言うので、お母さんが喜んじゃって一緒に表彰式に行ったんだけどさ。
お母さんは「どんな詩書いたの?」とうきうきしている。きっと母親に感謝の言葉を贈った詩だと思っているに違いない。私は「う、うーん」と言いにくそうに答えるしかなかったのさ。だって、その詩は「うちのお母さんはお父さんとけんかばかりしています」という小学一年生が書いたようなガキくさい内容で、とても中学生の書く詩とは思えないんだもん。しかも夫婦喧嘩のことしか書いてないよ。
表彰式で初めて詩を読んだお母さんの、青ざめた顔ったらないね。
その後も、その詩が詩集になったり市の公報誌に載ったりショッピングセンターに貼り出されたりで、お母さんに「あんたのせいで、恥ずかしくて外歩けんわ!」と怒られたよ。こっちだってまさかあんな詩が入賞するとは思わないもん。
いや、本当、中学生ってこんなもんだって。

つくづく、詩ってわからない。
自分でも恥かしい思い出のひとつだ。なんであんな詩が?って本気で思うよ。
無理して難しい言葉を選ばなくても、短い詩でも、相手に何かが伝わればいいってことなのかな。
我が家のみっともない日常が伝わっただけだと思うけど。
ん? でもあれ以来、詩や作文で賞もらったことないぞ?
私の受賞歴って、あれで最後?

まあ、輝かしい栄光ってことで。


古代ロマンの郷

kage

2010/10/12 (Tue)

日本一の青銅器遺跡、荒神谷遺跡へ行って来ました。
と言っても、家から車で15分くらいの近場なんだけど。
荒神谷遺跡とは、昭和57年、道路建設に伴う遺跡調査で、調査員が田んぼのあぜで一片の土器のかけらを見つけたのをきっかけに発掘調査を進めていくと、358本の銅剣が同じ場所にきれいに4列に並べられた状態で出土されたという、歴史的な場所なのです。
その翌年には、銅鐸6こ、銅鉾16本がすぐ近くに埋められているのが発見され、当時は大騒ぎになったそうです。
実際の発掘場所にも行ってみましたが、置いてあるのはレプリカで、本物は出雲大社の隣の『古代出雲歴史博物館』に展示してあります。
 
私は歴史に詳しくないのでうまく説明できませんが、ひとつの遺跡から3種類が同時に出てきたことは、世界でもないらしく、大発見らしいですよ。
銅鐸は近畿地方で、銅鉾は北部九州で多く発見され、近畿と九州が古代の文化の中心だと考えられていた今までの古代史研究の見直しをするきっかけとなる、大きな出来事らしいです。
この出雲に弥生時代に栄える別の文化があったとしても不思議じゃない。

10月は神無月。でも、この島根では神在月(かみありづき)と呼ばれています。
日本中の八百万(やおよろず)の神様が出雲大社に集まって、話し合いしているんだって。
今神社に御参りにいけば、神様がいっぱいいるので、お願い事は誰でも暇な神様がきいてくれるそうな。

島根は地面を掘ると遺跡や遺物が出てくる(大げさ)ので、その度に道路工事や病院建設がストップしたりするんですよね。
私の友達で、自分ちの庭から遺跡が出てきたので、その遺跡にそこの家の屋号を付けられて、庭で洗濯物を干していると観光バスが来てガイドがこっち向いて何か話しているのを時々見るって言ってました。


中一の歴史の授業で習った竪穴式住居。

yayoi.jpg

荒神谷は遺跡を含むその周辺が公園になっていて、遊具やバーべキューサイトのある同じ場所に、竪穴式住居があったりする。

島根って神話とか遺跡とか、古代色豊かな郷なんですよね。
いったい誰が何のために358本もの銅剣を、わざわざ丁寧に埋めたのか。未来の私たちへのメッセージなのか。なんて考えると神秘的な気分になります。

テレビで佐野史郎(島根出身)が言っていた。
パワースポットブームであちこち行くのもいいけど、そこの場所の歴史を知ろうとせずに、パワーだけもらった気でいるのはよくない、と。

ゲゲゲブームでお隣の鳥取県に観光客が増えたらしいですけど、足を延ばして島根まで古代に触れる旅をしてみませんか?

今日のごはん

kage

2010/10/02 (Sat)

101001_1134~01


バイトが急に休みになったので、友だちを誘ってランチ。
人気の和食やさんの限定ランチメニュー。
お刺身、天ぷら、鍋、茶碗蒸しなど、旅館の晩御飯並みの料理が13品、ご飯と味噌汁、食後のコーヒー付で、
な、なんと、1000円!
このごーかなセットが千円よ。お腹いっぱいになって大満足。

写真の向こうに写っちゃってるのは、お友だちのYちゃん(妊婦)

この後、スティックケーキのカフェにも行きました。ケーキは別腹!

女同士って、なんでこうも話が尽きないんでしょう。
主婦のお楽しみよね。