2009 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2009 09

犬夜叉1~36巻 あらすじ

kage

2009/08/27 (Thu)

『犬夜叉完結編』スタートを記念して、これまでのアニメ放送( コミックス36巻まで)のあらすじを載せてみました。
長いです。興味ある人はどうぞ読んでみて。


 中学三年生の女の子かごめは、ある日、神社の古井戸を通り抜け、五百年前の戦国時代へとタイムスリップしてしまいます。
 そこでかごめは、胸に矢が刺さり、木に張り付けにされたまま封印され眠る、半妖の少年犬夜叉を見つけます。突然戦国時代へ来てしまい訳がわからないかごめですが、ひとまず村の老巫女・の家で世話になります。
そんな時、落ち着く間もなく突如妖怪が襲ってきたのです。妖怪の狙いはかごめの体内から出てきた『四魂の玉』
 あわやのところで、強い霊力を持つかごめは、誰も解くことの出来ないと言われた犬夜叉の封印を解き、蘇った犬夜叉は一撃で妖怪を倒します。
 四魂の玉とは、あらゆる欲望が叶えられるという宝玉。すべての妖怪が欲しがっています。50年前に消滅したはずの四魂の玉が復活し、かごめが持っていることを嗅ぎつけた妖怪たちが次々とかごめを狙い始めます。
 犬夜叉も四魂の玉を狙う者のひとり。犬夜叉は妖怪を父に、人間を母に持つ半妖。そのため、犬夜叉も玉を使い、本物の妖怪になることを望んでいたのです。
 ところが、妖怪との闘いの最中、かごめの放った矢が玉に当たり、周りに砕け散ってしまったのです。かけらでも妖怪の中に取り込めば、その妖怪は強さを増す。早く取り返さなければ大変なことになる!
 ……というわけで、かごめは、わがままで暴れん坊の犬夜叉とケンカしつつも、四魂のかけらを探す恋と冒険の旅に出るのです。
 かごめは人間の巫女桔梗の生まれ変わりに違いないと、村の老巫女・楓が言います。桔梗と犬夜叉の二人には、因縁の出会いと悲しい別れがあるのです。

 それは、かごめと犬夜叉が出会う五十年前のこと。
 犬夜叉と桔梗はお互い想いを寄せ合うようになります。桔梗は犬夜叉に四魂の玉を使い、人間になることを勧め、二人は共に生きようと誓い合います。
 しかし、四魂の玉を狙う何者かの手によって、二人は騙され誤解から互いに怨みあうようになります。罠だとは知らないまま、犬夜叉は四魂の玉を奪い暴走し、それを止めるために、桔梗は犬夜叉に封印の矢を放ち、自分も四魂の玉と共に、後を追って絶命したのです。
 ところが、五十年の時が経ち、消えたはずの四魂の玉が、戦国の世にかごめと共に現れた、と言う訳です。

 そんな時、死人を蘇らせる妖怪により、桔梗の魂は墓土と骨で作った人形の中に宿り、生きる死人として姿を現します。今や、怨念と恨みと、犬夜叉への未練の塊になった桔梗は、犬夜叉を地獄に連れ去り、邪魔なかごめを殺そうとする執念だけで、さまよい続けるのです。

 旅の途中、右手に風穴を持つ法師の弥勒、妖怪退治屋の娘珊瑚、子狐妖怪の七宝、という仲間ができ、妖怪を倒し、かけらを集める旅を進めて行くうちに、五十年前に自分たちを罠にかけた奈落の正体を知るのです。

 その当時、桔梗は鬼蜘蛛という、全身を火傷し動けない野盗を洞穴の中にかくまい、手当てしていました。そんな桔梗を自分のものにし、逃げたいと企む鬼蜘蛛のあさましい邪念が妖怪を呼び寄せ、数多の妖怪に体をさし出し寄せ集め造り出したのが、妖怪奈落。
 こうして自由な体を手に入れた奈落は、犬夜叉と桔梗の仲を引き裂き、二人の憎しみの心で汚れた四魂の玉を手に入れようとしたのですが、桔梗が四魂の玉と共に死んでしまったので玉を手に入れることができず、どこかに潜伏。
 だが、その五十年後に四魂の玉が復活したことで、奈落も犬夜叉たち同様、四魂のかけらを集めているのです。
 そして、奈落は何度も犬夜叉たちの前に現れ、卑怯な手口でみんなを苦しめ、あざ笑いながら逃げ去ることを繰り返しながら、着々と四魂のかけらを集めていくのです。
 しかし、人間である鬼蜘蛛の心も一緒に取り込んでしまった奈落は、自分の中にある、鬼蜘蛛が桔梗を想う恋心、犬夜叉への嫉妬心の存在に戸惑い苦しみます。もともと妖怪である奈落にとってはいらない心。その心が奈落の弱点でもあるのです。

 亡霊としてさ迷う桔梗は、犬夜叉たちと別行動をとり、奈落を自分の手で滅してやろうとチャンスを狙います。
 犬夜叉は桔梗が自分の後を追って死んでしまったことに責任を感じ、また、そんな桔梗への想いが断ち切れずにいます。かごめとの三角関係を、周りから常に責められるも、優柔不断のため結論は出せず、いつまでも引きずるのです。      
 しかし、かごめは犬夜叉と桔梗の深い絆を理解し、自分は二番目でもいいから犬夜叉のそばにいたいと、中学生とは思えぬ大人の広い心で犬夜叉を癒しているのです。

 そして、もうひとり、忘れてはならないのが、犬夜叉の義兄殺生丸
 純血の妖怪で本性は巨大な化け犬。プライドが高く強い戦闘能力を持つが、冷酷無慈悲で人間を見下しています。そのため、人間の血が流れる犬夜叉を、犬妖怪一族の恥だと疎んじて、隙あらば殺してやろうと犬夜叉の前に何度も現れるのですが、止めを刺さずにいつもどこかへと立ち去るのです。
 初登場のときは、父の形見の刀鉄砕牙をめぐる争いで犬夜叉に敗れ、左腕を斬られたため、その後も殺生丸は片腕なのです。
 そして、犬夜叉の放った『風の傷』で体を吹き飛ばされ大怪我をした時、自分を介抱してくれた人間の娘りんとの出会いにより、殺生丸に少しずつ慈悲の心が芽生えるのです。

 犬夜叉の持つ刀『鉄砕牙』、殺生丸の持つ刀『天生牙』。
ふたつとも父上の形見です。
 鉄砕牙は「一振りで百の妖怪をなぎ倒す」と言われる闘いの刀。未熟な半妖の犬夜叉には、使いこなすのも難しい強い刀なのですが、犬夜叉は次第に成長し、鉄砕牙に相応しい使い手になっていきます。
 一方、天生牙は、「一振りで百の命を救うも可能」と言われる癒しの刀。人間を生き返らせる刀であり、人を斬ることは出来ません。人間を慈しむ心を持たない殺生丸にとっては何の役にも立たない刀。そのため弟の犬夜叉のほうが、敬愛する父の形見として鉄砕牙を譲り受けたことが不満で、奪い取ってやろうと、幾度となく犬夜叉に闘いをけし掛けてくるのです。
 しかし、そんな殺生丸が初めて天生牙を使ったのは、りんが狼にかみ殺された時。今まで人間の命などゴミにしか思っていなかった殺生丸ですが、りんを天生牙の力で生き返らせます。そして、その後は連れて歩くようになりました。殺生丸本人は口には出さないけれど、りんの存在は殺生丸にとって、なくてはならないようです。

 珊瑚の弟、琥珀。かつて奈落に操られ、父親と仲間を殺し、自分も殺されてしまうが、奈落に四魂のかけらを埋め込まれ、生き返った少年です。自分が父を殺したという辛い記憶から逃げ、奈落の手下として仕えていたが、やがて記憶を取り戻し、敵討ちのチャンスを狙うために、奈落のそばにいるのです。

 そして、四魂のかけらをほとんど集め完成させつつある奈落は、ますます力をつけ、自分の分身を作りそれらと犬夜叉たちとを闘わせます。奈落の体を何度砕いても死なないのは、心臓を外に出しているから。その隠し場所は奈落の分身赤子の中。さらに奈落の分身白童子は奈落を裏切ろうと、その赤子をさらに別の妖怪の中に隠したのですが……。

 犬夜叉たちも殺生丸も桔梗も、ついでに分身であるはずの神楽も、奈落の心臓を探し出そうと必死になっているところで、前回のアニメは終わり。おそらく今までの総集編を始めにやってから、このあたりから再スタートになると思います。

 犬夜叉後半の見どころは、殺生丸に少しずつ芽生えた慈悲の心と、父上が刀に遺した息子たちに伝えたい真意。これが今後の殺生丸の心の成長ストーリーと繋がるわけです。
 また、分身をいくつも作り出すが、その分身に裏切られ追い詰められた奈落はどうするか……。犬夜叉は桔梗とかごめとの三角関係をどう決着つけるのか……。
 妖狼族の鋼牙や、琥珀も大活躍しますし、殺生丸のお母さんが出てくるし、おすすめポイントは書ききれないほどたくさんあります。

さあ、ぜひあなたも犬夜叉にハマリましょう!

対話体小説 『熱伝導率の高い女たち』

kage

2009/08/24 (Mon)

 競作参加作品  テーマ『夏』 お題『肝試し』



「ごぶさたしておりますわ。奥さま」
「ええ。お久しぶり。うちの主人が出張だと嘘をついて、あなたのマンションに泊まっていたのを目撃した日以来だから、2か月ぶりかしら?」
「まぁ、そんなこともありましたわね」
「その節は主人がお世話になりましたわ。(すました顔して何よ! 泥棒ねこのくせに)」
「いいえ、どういたしまして。毎度のことですから。それにしても、奥さまのスーツ、素敵ですこと。ディオールの新作ですわね」
「よくご存知ね」
「ええ、私も買おうと思ったのですけど、おばさんしか似合わないデザインだから、やめたんですの」
「確かに、スタイルの悪いガキには、着こなしは無理ね」
「今日の奥さまは、メイクもヘアスタイルもばっちり決めていらっしゃいますものね。ずいぶんと気合の入ったこと」
「あら、そうかしら。普段通りよ」
「メイクに時間とお金をかけないといけないなんて、大変ですわね~。年を取ると」
「(何言ってんのよ! あんただってアラサーじゃないの!)いいわね~、若い子は。安っぽい服を着ても似合うから」
「マーくんもきみの若さがいいって言ってくれるわ」
「あら、それは良かったわね。(ふん! ばかじゃない! あんたから若さを取ったら何が残るのよ!頭悪い女ね)その、さらさらヘアーも羨ましいわ~。まっすぐにセットするのも大変なのよね」
「ストレートパーマですから」
「ええ。知ってるわ」
「……ところで、何ですの? 奥さま。急にこんな人目につく喫茶店に呼び出して」
「呼び出された理由も分からないのかしら。可哀そうね(おばかで)。すいぶんと鈍いこと」
「さあ。何のことでしょう?」
「あなたには、はっきり言ったほうがよさそうね。いいかげんにうちの主人と別れてもらえないかしら?」
「だって~。マーくんのほうが別れたくないって言っているのよ、ご主人に聞いてごらんなさいよ」
「主人は優しいから、あなたに何も言えないのよ」
「そうかしら。奥さまを怖がっているんじゃなくて?」
「えっ? なあに? 主人がそう言っているの?」
「ええ、いつも妻がガミガミうるさくて嫌になるよ。お前が一番だよ~って甘えてくるから、膝枕してあげているのよ」
「(あのバカ亭主! いい年して恥ずかしくないのかしら!)……ほら、主人の出世に響いてもよくないでしょ?」
「あら、やだ。ヤキモチかと思えば、それが心配?」
「あなたは愛人だから分からないのよ。妻は夫の仕事にも気を遣うものなのよ」
「私にはご主人の出世のことしか考えていない、強欲な妻に見えるわ」
「そんなことないわよ。わたくしたちは愛し合っているもの。あなたが現れるずっと前からね。この銀のブレスレットも、主人のプレゼントなのよ。シンガポールに出張した時に買って来てくれたんだから。この緑の石、珍しいんですって」
「やだっ! ちょっと! それ私も持ってる! マーくんがくれたのよ! ほらこれ!」
「何ですって! 緑と青の石の部分が違うだけじゃないの!」
「どういうこと? 奥さまと色違いのお揃い?」
「一点ものだって言ったわよ。あの人が特別に作らせたって!」
「私にもそう言ったもの。ひどい、マーくん!」
「いったい、どういうつもりかしら? 妻と愛人に同じものをプレゼントするだなんて! ……ちょっと、あんた、聞いてるの? どこ見てるのよ!」
「……奥さま、窓の外、見て」
「窓の外って、どこよ」
「ほらあれ! 前の歩道を歩いて向こうからやってくるカップル!」
「やだわ! あれ、うちの主人じゃない! 隣の女と腕組んじゃって!」
「どう見ても、十代よね、あの女」
「ちょっと! あの女の腕見て! ほら、左手のブレスレット!」
「何よ! あれ、私たちのと同じじゃない! あっちは赤よ! 赤!」
「いったい、何個配ってんのよ! あの男!」
「許せないわ! マーくん! とっちめてやらないと気が済まない!」
「奇遇ね。わたくしも今、そう思っていたところよ」
「今すぐここへ呼びましょうよ」
「いいわね、そうしましょう。あの女も一緒にね」
「話が合いますわね。奥さまとは前から気が合うと思っていたのよ」
「いい? それじゃあ、電話するわね。……もしもし、あなた? 今どこにいるの? へー、仕事中なの。とぼけても無駄よ。お見通しなんだから。今すぐ来てちょうだい。駅前ビル一階の喫茶店。お連れの人も一緒にね。何をするかですって? 決まっているじゃない」


「肝試しよ」





a0002_001907.jpg





縄文時代の森

kage

2009/08/18 (Tue)

090817_1203~01

夏休みに行ったところ
 『三瓶自然館サヒメル』
そこに、三瓶小豆原埋没林の埋没樹が展示してあります。
3500年前の森が、三瓶山の噴火によって火山灰に深く埋もれていたものが、現代になって発掘されたもの。
なぎ倒された木のほかに、根を張った立ち木のまま発見されたのが30本もあり、きれいなまま残っているのは奇跡的なんだそうです。
詳しくはわからないけど、縄文時代の落ち葉や昆虫の羽根なども出てきて、大発見なんだそうですよ。
島根は「神話のふるさと」と言われるだけあって、古代の雰囲気ただよう場所が、たくさんあります。
ちなみに、サヒメルは神話にでてくるお姫様の名前からきているんだって。

サヒメルには展示物のほかに、プラネタリウムもあって、この日は『銀河鉄道の夜』のストーリーと星座を組み合わせたお話を、CGの映像で見せてくれた。
CGの美しい画と、車酔いしそうな迫り来る球体のスクリーンと、宮沢賢治の丁寧な文体がぴったり合っていた。銀河鉄道の夜はちゃんと読んだことなかったけど、比喩や描写のロマンチックで幻想的な世界に感動した。読んでみよう。銀河鉄道の夜。


田舎の自治会長

kage

2009/08/08 (Sat)

自治会長さんです。私ではなくダンナが。
私の住む町の中では、一番人口が多い自治会で、130世帯あります。田舎だからこれでも多いほうなの。
自治会長は持ち回りなのだけどね、つまり130年に一度回ってくる年が今年だったというわけ。
普通、自治会長さんってもっと高齢の人で、その奥さんもでっかい指輪をギラギラさせた手で、ちっさい犬を抱いているようなイメージがあったのだけどね。(勝手に)
なんでうちが?自治会長ってガラじゃないだろ?
デパートでうろうろしていると「今日はおうちの人と一緒じゃないの?」と補導されそうになったこの私が?セールスの人が来て玄関を開けると「お父様かお母様いらっしゃいますか?」と言うので、この家の子供のふりしてごまかしているこの私が?
自治会長の奥さんだってさ! 笑っちゃうよね!

四月に引き継いで、五ヶ月経ちました。けっこーいろいろ細かいお仕事があります。
市の広報誌を各戸に配ったり、回覧板で回す内容をパソコンで作ったり、ゴミの出し方が間違っていないかチェックしたり、公園に落し物がありましたよ~というポスター作ったり、共有駐車場の貸し出しの管理したり……。本当はもっと会計的なことや契約的なことがあるけど、それはダンナがしているので、私はよくわかんない。
でも、選挙のときに候補者さんが、わざわざ家に挨拶に来られたので、今まで演説なんて聞きに出たことないけど、一番前の目立つ所で拍手して応援したり、自治会行事でお世話になった人のお宅へ、お礼を持って挨拶に行ったり、ダンナがしているとはいえ、私の役割もあって、いろんなところでいい顔しないといけなくて、自治会長を引き受けた年は、あちこちで気を遣うんだな、と思った。

春に自治会総会というのがあったのだけどね。町の自治会長全員が集まって、いろんなことを決める会です。平日の昼間にあるので、ダンナは出られないから「終わった頃に資料だけ取りに行って」と頼まれたのです。
総会は2時から。4時過ぎに行けば、さすがに終わっているだろうと思ったので、夕方役場に行って、受付の人に「総会は?」と聞くと、「まだやってます」と言われた。
やばいじゃん!資料だけもらって帰るつもりだったのに。出席しないといけないの?
会議室に近付くと、マイクを通してなんだか難しげな話が廊下まで聞こえてくる。
しょうがないので、後ろからそろーっと入って、資料だけ取って帰ろう、と思って、会議室のドアを開けて中を覗きました。
そしたら、そこは正面のドアで、中にいる大勢の目がいっせいにこっちを見たのです!
げっ! やべっ!
とっさに私は「すいません。間違えました」と言ってドアをバタンと閉めました。
やっばいよ~。もう入れないよ~。間違えましたと言っちゃってるもん~。
一瞬だけ中を覗いた時に見えたのは、白髪頭のおじいさんたちが大勢、正面向いて座っていて、それと向かい合うように司会者席に並んだ人たちは、スーツを着た偉そうなおじさんたち数名。
場違いだよ!ほら、やっぱり、自治会長さんておじいさんがやるものなんだってば!迷子になった子供が、おじいさん探して入ってきたみたいになってるって!Tシャツにジーンズ、裸足にサンダルで来ちゃったもの!

そんなわけで、まだ会議が続く外の廊下で、しばらく悩んだけど、「まっ、いいか」とあっさり結論は出て、見なかったことにして、帰りました。
受付の人が「?」という顔して、私を見たけど、知らん顔して、さっさと役場を出たのさっ。

次の日、紺色のスーツを着て首から身分証明書をさげた役場の人が数人うちに来て、昨日私がもらって帰らなかった資料をわざわざ持ってきてくれて、ご丁寧に挨拶されました。

いや、本当、自治会長って気を抜けない。
日曜でも、朝から近所の人が、なにやら用事を言いに来る。
どこで誰に見られているか分からない。気をつけよう。
でも、おかげで今まで付き合いがなかった近所の人にも顔と名前を覚えてもらって、知り合いが増えたのはよかったかな。
まあ、貴重な経験かもね、しんどいけど。
私はともかく、ダンナは自分の仕事が忙しいのに、帰ってきて自治会のこともしないといけなくて大変そうだ。
秋には町民運動会というのがあります。走らされるのだろうか。運動不足の人間が突然走るとどうなるやら……。それが恐怖。