2008 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2008 12

犬夜叉55巻感想

kage

2008/11/25 (Tue)

最終巻を目前にして55巻は1ページ1ページの内容が濃くて名場面名台詞が多く、丁寧にあらすじ感想を書いていたらものすごく長くなるので、大まかなあらすじと特に印象に残った場面だけ書きたいと思います。(なのにこの長さ、許して)

曲霊に取り憑かれた犬夜叉ですが、妖怪化してもかごめを想う心は消えないようです。曲霊を斬るチャンスはひとつ、犬夜叉からかごめに乗り移ろうとする一瞬。「今だ」とばかりに、殺生丸さまが天生牙の華麗な刀さばきでばっさりと斬っておしまいになられました。刀を鞘に納める姿もお美しい。
曲霊を倒したことにより封印されていた霊力を取り戻したかごめは、本来の力がよみがえり、辺りの邪気が取り払われ、黒く汚れた四魂の玉も光を取り戻します。そのため悪あがきを始めた全裸の男奈落は、またまた卑劣な手口で弥勒と珊瑚を騙し、二人の愛し合う心を利用し絶望へと追い込み、四魂の玉に再び闇を与えます。
そしてとうとう汚れた四魂の玉を吸収しさらに強い力を得た奈落。(やっと服着ました)犬夜叉が何度砕いても何度も再生します。
そのころ離れたところで奈落が追い詰められたことを感じ取った殺生丸さまは、爆砕牙を一太刀。爆砕牙とは斬ったあとも破壊の効力が続き、その残骸を吸収した体をも破壊し続けるという、すんごい刀。すなわち奈落の体は再生できず壊れ続けるという、奈落にとっては勝ち目のない刀。殺生丸さまったら、何でもっと早くそれをお使いにならなかったんでしょう。
爆砕牙の威力で崩れ落ちる奈落の体内で、ばらばらになっていた仲間達は逃げ惑いながら次第に一つに集まっていきます。そして奈落は最期のあがきでかごめに何か仕掛けを残し、今にも葬り去られようとしています。
次はいよいよ最終巻。

今回は殺生丸さまが大活躍でした。この世の者を斬れない刀天生牙であの世の者曲霊をばっさり斬り、何度も再生を繰り返す奈落を再生不可能にしてしまう爆砕牙で斬る。強力な武器を上手く使いこなしていらっしゃいます。
長い犬夜叉物語の中で一番変わったのは殺生丸さまですね。はじめの頃は人間などゴミとしか思わない冷酷無慈悲な殺生丸さまでした。それが今回はどうでしょう。
人間の心は弱い。愛する弥勒を救うために、りんを犠牲にしても構わない。しかしその罪に心を痛め、罪滅ぼしのために命がけで我先に敵に向かう。か弱き人間、珊瑚。
そんな珊瑚の心を察し、全てを理解し、哀れみの眼差しで見つめ、救おうとする。
以前の殺生丸さまでは考えられないことです。
かっこよすぎます!殺生丸さま!強くて優しくて男前!キャンキャン吠えるだけの犬夜叉よりずっと頼りになります。殺生丸さまがいなかったら奈落も曲霊も倒せなかったんだからね。

それともうひとつ、とても重要なかごめの発言。
「今まで奈落が、人々の愛し合う心を呪い、仲間の絆を引き裂こうとしてきたのは、人の心を知っているからこそ出来ること。四魂の玉は奈落の本当の望みを叶えてくれない。今まで四魂の玉を手にしても、すぐに吸収しなかったのは身も心も妖怪になってしまうのを恐れていたから」と、奈落の心を見抜きます。そして犬夜叉も「俺たちは同じ半妖。人間の心、妖怪の心、どちらかの生き方を選ぶことが出来たはず。なのに人間の心に背を向け妖怪の生き方を選んだお前が許せない」と。かごめも犬夜叉も、奈落の悩み迷う本当の心に気付いてあげたような言い方をしています。犬夜叉なんて「俺たち」と言ってるし。仲間発言じゃん。
かごめの言った「奈落の本当の望み」とは、最終巻で分かるのでここでは書きませんが、結局奈落は可哀そうな男だったのかな…と。もし奈落によき理解者がいれば、仲間がいれば、愛してくれる人がいれば、もっと別の生き方があったのかもしれません。
あぁ…犬夜叉って深いわ……。語り出したら止まらないので、このへんで。


某タレントさんのピンチ

kage

2008/11/21 (Fri)

私のmixiに、今度は某有名タレントのマネージャーを名乗る人からメッセージが届いた。
内容はこういったもの。
『タレントが忙しさのあまり精神的に疲れているようで、これまでにないほど心を閉ざしている。そのタレントがあなたに感じるところがあったらしく、メールして欲しいと頼まれたので連絡しました。事務所には内緒で彼と連絡をとってほしい。
彼を助けてあげてください。このアドレスに登録すると、彼から返事が来ます』

なんだこれ? 某有名タレントって誰?
『クリック詐欺』というやつですか。
そこのアドレスをクリックしたら、どうなっちゃうんでしょう。
某有名タレントさんが大変なことに! 早く! 彼を助けてあげなくちゃ!
……ということで、mixi運営事務局にスパム報告しておきました。

私のミクシイにはこんなメールが多いのよ。
前回の記事に書いた百人のミクシイ作家の作品を集めて本にするという話。もうすでに4作目が単行本化されているようです。
今でも「あなたも参加しませんか」のメールが来るけど、どーも引っかかるんですよね~。
参加者のメリットは『自分の作品が本という形になる』だけで、逆に出来上がった本を制作費として一人五冊以上買わないといけないんですって。
ド素人の作品ばかりを集めた単行本サイズのソフトカバーの本が、1575円。高くない?
知らない人たちが集まってお金を出し合って、印刷屋さんで本を作ったという感覚にすぎないと思いますが。それを、「印税も利益もありません」とか「著作権の保護」とか言うから怪しげなんだよ。
高い遊びだと思ってやりたい人はやればいいですけどね。

『花より男子』あらすじ④

kage

2008/11/13 (Thu)

 『花より男子⑮巻~』

 その後、司の誕生日パーティに呼ばれ出席。そこで初めて司の母・に会う。楓の前でピアノをめちゃくちゃに弾き失態をさらしたつくしは、楓の激怒にあう。
 つくしは司と一緒にパーティ会場を抜け出し、船の上で二人きりに。そしてためらいながら誕生日プレゼントの手作りクッキーを渡す。すると司は大感激。子供のように喜ぶ司の意外な一面を知る。
ところが、その頃司の母がつくしの身元調査を始め、つくしの家に押し入り、手切れ金を渡し司と別れるようにと迫る。しかし、つくしの母は怯まず楓を追い返す。
 すると楓は、つくしに司の婚約者を不意打ちに会わせて諦めさせようとする。ところが司もその婚約者とは初対面だった。母のやり方に怒った司は、婚約者を置き去りにして帰る。
 つくしは婚約者・大河原滋が、社長令嬢ながら自由奔放で純粋に司を好きになっていることを知り、「滋のほうが似合っている」と司に言ってしまう。司はそんなつくしに怒って自棄になり、つくしを忘れるために、滋と付き合うことにする。滋に嫉妬する自分がいることに気がつかないつくし。
 
 なりゆきで滋の別荘に行くことになったつくし、司、類、滋の4人。司と滋の姿を見るのが辛いつくしだが、司もつくしと類が二人きりでいるのが気になってしょうがない。別荘で服を脱いで迫る滋に司は、「つくしが好きだから、婚約解消してくれ」と言う。滋は司の中のつくしの存在の大きさを知り身を引く。
 一方、破談に怒った楓の出方を恐れるF3だが、楓の本当の怖さを知らないつくしは強気な態度で意気込む。

 その頃、つくしの両親と弟は漁村に出稼ぎへ。ボロアパートの床が抜けて住む家がなくなったつくしは、司の姉の計らいで道明寺家に使用人として住み込むことに。夜、司に呼び出され望遠鏡で土星を見せてもらう。そして土星のネックレスをプレゼントされ、「ちゃんと付き合おう」と言う司の言葉に、自分でもまだ司への気持ちが本物なのかわからないつくしは、2ヶ月限定で付き合う約束をする。
 しかし付き合ってもギクシャクして普通の恋人のように振る舞えない2人。つくしの親友、優紀の提案で優紀の彼氏とつくしたち4人でダブルデートをする。ところが、司は優紀の彼の言葉に激怒して殴ってしまい、そのことでつくしとケンカ。しかしそれは優紀の彼が、つくしや優紀の悪口を言ったためだと後でわかる。傷ついた優紀に西門が付き添って仕返しするため彼の元へ。そこへつくしと司も駆けつける。仲直りしたふたり。そして優紀にも、男気のある西門に対するほのかな恋心が芽生える。

 数日後、優紀と西門が2人を刺激するために、わざとデートして見せつけようと計画。優紀が心配なつくしは司と後をつける。
 優紀と西門を追ってつくしたちもホテルに入るが、そこで司の母を発見。母が帰国したと聞き、つくしは慌てて道明寺家を出ようとするが、母に見つかってしまう。
 つくしが住み込みしている事を知った母は、手をまわし優紀と和也の父親の会社を倒産に追い込む。そして母は会社を元に戻す代わりに、つくしに司や道明寺家とは関わらない約束をさせる。友達を守るため司と別れる決心をしたつくしは、雨に打たれながら、司に「あんたが好きならこんな風に出て行かない」と嘘をついて道明寺家を出て行く。心が壊れそうになるほど辛いつくし。今やっと司への気持ちに気付いたが、本心を押し殺し、住む世界の違いを痛感する。そして司も同じように心が凍りつく。


おすすめ漫画

kage

2008/11/09 (Sun)

ヤングジャンプコミックス『風が強く吹いている』
三浦しをん原作の同名小説の漫画版です。駅伝ド素人の大学生たちが、箱根駅伝目指す青春ストーリー。
この小説、いつだったか図書館で借りてきて、ほとんど読まずに返しちゃったんですよねー。マラソンとか駅伝とか、全く興味ないんです。私。
高校の時も、校内マラソン大会を「心臓が悪くて…」と、バレバレの理由で3年間堂々と怠けていたくらいですから。
なので、駅伝やマラソンをしている人の気持ちがわからない。
しんどいし、苦しいし、ただ走っているだけでつまらないし、どうして走りたがるのか、全く理解できない。

この漫画のテーマはまさにそれ。
『なぜ、走るのか』
『強さとは、何なのか』

選手がそれぞれ自分を振り返る場面が、とてもうまく描けています。
駅伝選手ってレース中に、ライバルとの駆け引きとかペース計算とかテンションが上がったり下がったりとか、あれこれ考えながら走っているものなんですか?
そんな心の中の描写はもちろん、レース中の光景が見開きを使った迫力の絵で描かれてあるので、駅伝を知らない私でも、興奮して入り込んじゃうんですよね。
ちなみに漫画家の海野そら太さん、女性だそうです。
ほらまただよ。なんで男っぽい名前で男っぽい絵を描く女性漫画家さんが多いんでしょうかね。

とにかく、これを読んだらお正月の箱根駅伝を観る目が変わってくるよ。出場している大学生達にも、みんなドラマがあるのかなぁ…って。
まだ連載途中だけど、走ることに熱い男たちの青春ストーリー、ぜひ読んでみてください。
…っていうか、漫画が素晴らしいということは、原作の小説が素晴らしいということ。舞台化もされた有名な小説らしいです。
それなのに……。読めなくてごめんなさい。

来てくれてありがとう。

kage

2008/11/07 (Fri)

私がよく行く図書館は、パソコンを自由に使わせてもらえます。それで今日図書館で、時間もあることだしブログチェックでもしておくか、と思って私のブログを開けてみようとしたのですが……。出てこないんです!このブログ!
ブログ名でも私の名前でも、何をしても検索に引っかからないんです。リンク先のサイトから飛ぼうと思って探してみても、トップページには行けるのですが、私の名前のあるページには行けないんです。
朔の月さんも十六夜さんも同じ名前の人がたくさんおられるので、その人たちのサイトは見つかるのですが、私のこのブログはなぜか見当たらないんです。

どこいっちゃったの! 私!

小説のタイトルや記事の内容や思いつく検索ワードを入れてみるのですが、全部だめ。
じゃあきっと、そのパソコンがおかしいんだ!と、図書館の人に言って台を変えてもらったのですが、結果は同じ。
「なんでーーー!」
図書館で叫びましたよ。web上から私の存在が消えてしまったような、いや~な感じ。

図書館などに置いてあるインターネットは悪質サイトに繋がらないようにしてあります。
……もしかして、私のブログ、悪質サイトと見なされたの? どこがいけないの?
この記事を読んでくれたあなた。よくぞたどり着いてくださいました。

バトンでもしてみるか

kage

2008/11/04 (Tue)

バトン

Q1 護廷十三隊。もし入隊するなら何番隊?
A1 四番隊
Q2 その理由は?
A2 闘わなくてもよさそうだから。
Q3 BLEACH男性キャラクターは誰が好き?(複数回答OK)
A3 檜佐木修兵、石田雨竜
Q4 BLEACH女性キャラクターは誰が好き?(複数回答OK)
A4 朽木ルキア、四楓院夜一
Q5 十刃(エスパーダ)の中では誰が好き?
A5 ウルキオラ、グリムジョー
Q6 BLEACH登場人物の名言は?
A6 おかげで心は此処に置いて行ける。
Q7 忘れられないシーンは?
A7 ルキアの処刑直前、一護が妨害するシーン。志波海燕とルキアの過去
Q8 好きな斬魄刀は?
A8 千本桜かなぁ
Q9 どの卍解が好き?
A9 やっぱり、千本桜景厳。じたばた動かずしてあの強さ。
Q10 恋人にするなら誰?
A10 雨竜くんでしょ。 頭よし顔よし戦闘能力よし、裁縫上手のツッコミ上手。
Q11 結婚するなら誰?
A11 うーん… 白哉兄さまかなぁ。雨竜はまだ高校生だし。…って白哉何歳?
Q12 友達にするなら誰?
A12 恋次とか。たつきちゃんとか。
Q13 兄弟姉妹にするなら誰?
A13 やちるは妹に、冬獅郎は弟に、浮竹さんは兄さんに、乱菊さんは姉ちゃんに。
Q14 担任の先生にするなら誰?
A14 修兵先生!国語の先生っぽくない?
Q15 もし、目の前に大好きなキャラクターが現れたら!?
A15 ウルキオラに監禁されたい、グリムジョーに「おい女」と言われたい、修兵と雑誌編集の残業したい、雨竜に洋服縫ってもらいたい