2008 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2008 11

二次『テニスの王子様 ~マムシの初恋~』

kage

2008/10/27 (Mon)

テニスの王子様 二次創作小説

  ~マムシの初恋~

 四月。青春学園中等部の校舎沿いに並んで植えられた桜の木は、満開だった花がいっせいに散り始め、地面をピンク色に染めている。
 テニス部の朝練習を終えた海堂 薫は、ピンク色のじゅうたんの上を足早に歩いて、三年D組の教室に向かった。

 今朝の教室は、いつも以上にざわついている。
「転校生が来るらしいわよ」「えぇ~。かっこいい男子だといいわね」
 などと女子が集まって騒いでいるからだ。
 海堂はその女子の集団にゆらりと近づいていった。女子に何か用があるわけではない。自分の席の周りで騒いでいたのだから仕方ない。ポケットに手を突っ込んだまま、ヘビのような眼で睨んで横に立つ海堂に気が付くと、女子たちは一目散に自分の席に着く。海堂が何かしたわけでもないのに、目が合うと誰もが逃げるように避けていく。
(いつものことだ。気にしちゃいねぇ)
 海堂は自分の席にどかっと座ると、ふしゅ~と息をはいた。

 その時、担任の先生が教室に入ってきた。騒いでいた生徒たちも、慌ててそれぞれの席に着く。しかしみんなの視線は、先生の後ろについて教室に入ってきた、ひとりの美少女に注がれていた。
 肩までのストレートヘアに印象的な大きな瞳。制服が間に合わなかったのか、青学のセーラー服とは違う、前の学校の制服らしきブレザーを着ている。
 ドラマでも漫画でも、転校生は美少女と決まっている。
 にやにやとお互いを突き合う男子生徒。軽く対抗意識を燃やす女子生徒。
 海堂はそんなことには無関心そうに腕を組んでうつむいている。
 先生はざわつく生徒たちを静かにさせて、
「転校生の篠原麻奈さんだ。五歳までこの青春台に住んでいたそうだ。ご両親の仕事の都合で北海道に引越しされたのだが、またこっちに戻ってきたそうだ。小さい頃を知っているヤツがいるかもしれんな」
 そう言うと、美少女が「篠原麻奈です」と挨拶した。
 そして、先生が空いている一番後ろの席に座るように指示すると、麻奈はその席を目指して歩き出す。クラス中の視線を浴びながらも、堂々とした歩き方だ。
 海堂の席まで近づいたとき、麻奈の足がぴたりと止まった。

「―― 薫ちゃん? 」
「……なっ」
 海堂はぎょっとして麻奈を見上げる。

 ―― 薫ちゃん? おい、海堂のこと薫ちゃんってよんだぞ。ぷっ、薫ちゃんだってよ。
 ひそひそと声がする。海堂は驚きのあまり、声も出せないでいると、
「あー。やっぱり薫ちゃんだ! 覚えてない? 私よ、まな。同じ幼稚園だったでしょ? 家も近くだし。うわぁ~、変わってなーい。薫ちゃん」
 無邪気にはしゃいでいる麻奈。
「なんだ、やっぱり知り合いがいたじゃないか。海堂、教科書見せてやれ」
 海堂にとって、先生の言葉は嫌がらせにも聞こえる。クラスのあちこちから、「えぇ~。うそー」と驚きの声が上がる。よりによって海堂とは……。クラス中のみんながそう思ったに違いない。周囲がざわざわと騒がしくなる。だが、それ以上にびっくりしているのは海堂本人だった。予想外の展開にただ固まるしかなかった。

 放課後、テニス部の練習を終えた生徒が次々と帰って行く。部長の海堂は鍵閉めをして一番最後に部室を出た。
 校門を出ようとすると、そこには夕焼けを背景にした麻奈が立っていた。海堂はちらりと見て一瞬足を止めたが、気がつかない振りをして横をとおり過ぎようとした。
「薫ちゃん。待ってたの。一緒に帰ろう」
 そう言って無視しようとする海堂のそばに駆け寄ってきた。
「なれなれしくするんじゃねぇ。それに……」
「それに?」
「薫ちゃんって言うな! 絶対にだ!」
 海堂は背中を向けたまま顔だけ麻奈の方を振り返り、ド迫力の眼で睨みつけた。
 すると麻奈は海堂の凄みにもひるまず、意外そうな顔で言った。
「なんでー? 幼稚園の頃は薫ちゃん、麻奈ちゃんって呼び合っていたじゃなーい」
「お、覚えてねぇ」
 スタスタと大股で歩く海堂の後ろを麻奈はちょこちょことついて歩く。
「ねぇねぇ、薫ちゃん。テニス部の部長なんだってねー。青学ってテニスの名門なんでしょ? そこで部長なんてすごいじゃん!」
「……」
「私もテニス部入ろうかなー。前の学校ではバレー部だったんだけどね。それがへたっぴーでさー。この前もね…」
(まったく女子というのは、これほどまでよくしゃべるのか。よくもまぁ息が続くもんだ。女子ってのはみんなこうなのか。俺が聞いていようがいまいが、お構いなしじゃねえか)
 海堂は女子とこんなに長く話したことが無い。話すといっても麻奈が一人でしゃべっているのを聞いているだけなのだが。その上一緒に帰るなんて、自分のことながら前代未聞だ。何を話していいかわからない。
 猫背気味にうつむいて歩く海堂の少し後ろを、何が嬉しいのか朗らかにおしゃべりしながら麻奈がついてくる。

「ちょっとー。もっとゆっくり歩いてよー。薫ちゃーん」
「だから薫ちゃんて言うな!」
 ギロリと振り返る。
「なんだ。聞こえてんじゃん。反応ないから聞こえてないのかと思っちゃった」
 海堂に怒鳴られても恐れる素振りも見せない。
(こんな女初めてだ……。いや、十年振り…か……)
「ねぇ覚えてる?」
 そう言って麻奈は学生証に挟んだしおりを見せた。海堂は立ち止まって麻奈の手元を見た。
「私が引越しした日。薫ちゃん見送りに来てくれたよね」
 麻奈はさっきまでと違う、静かなトーンで話を続けた。
「薫ちゃんがくれた四つ葉のクローバー。今でも大切に残してあるの。泥だらけになって息を切らして、私の家に見送りに来てくれた。トラックの出発にぎりぎり間に合ったのよね。私に渡すために一生懸命探してきてくれたんだなぁって、嬉しかった。今でも覚えてるんだ」
「……わ、忘れてたぜ。そんな昔のこと」
 慌てたように前に向き直ると、また背中をかがめて歩き出す。今度はゆっくりと。麻奈のペースに合わせて。
 麻奈はほっとしたように、だまって後ろを歩く。

 だんだん薄暗くなった住宅街の細い道。しばらく歩くと麻奈は気がついた。
(あれ? 薫ちゃんち、この角を曲がるんじゃ……)
 海堂の家はこの交差点を右に曲がった奥にある。しかし海堂は道を曲がらず下を向いたまま直進している。そして数分後、麻奈の家に着いた。
(薫ちゃん。送ってくれたんだ。私の家、覚えていてくれたのね……)
 海堂は麻奈の家の前で止まらずに通り過ぎると、だまってどんどん先を歩く。
「薫ちゃん! ありがとう。送ってくれて」
 海堂の後ろ姿に向かって大きな声で言う。
「ちげーよ。いつもここからランニングして帰ってんだよ!」
 焦ったようにそう言って、急に走り出した。

「バイバーイ! また明日。学校でねー」 
 麻奈は近所中に響き渡る大きな声で叫ぶと、走り去る海堂に手を振った。
 海堂は見ていないが構わない。海堂が見えなくなるまで、ずっと手を振って見送った。

 海堂はそのままの勢いで家の玄関に走りこむと、スニーカーを揃えて脱いで台所にいる母親にただいまと言った。悪ぶっていても育ちの良さが自然と出るのだ。
 すると海堂の異変に気付いた弟が顔を覗き込んで言った。
「あれ? 兄さんどうしたの? 顔が赤いよ」
「うるせぇ。何もねぇよ」
「……何かあったな」
 弟はにかりと口元をゆるめる。
(走って帰ったからだ。だから身体が熱くて心臓がドキドキしているだけだ)
 海堂は必死にそう分析しようとした。たかがあれだけの距離のランニングで呼吸が乱れるわけがないのは、自分がよく知っているはずなのに。
 海堂は顔を隠すようにして、自分の部屋に入り、戸を勢いよく閉めた。
 テニスバッグを机の横に置くと、本棚の下の段に何年も前から鎮座している、分厚い生物図鑑を取り出した。ぱらぱらとめくると、新聞紙に挟まれた、四つ葉のクローバーが出てきた。

 十年前、麻奈の引越しの日。公園で見つけた四つ葉のクローバーは二つあった。
 ひとつは麻奈に渡して、もうひとつはここに挟んでしまっておいた。
「あいつ……。こんなもの大事に残していやがった」
 そう呟くと、また丁寧に図鑑に挟んで元に戻した。

 『バイバイ。また明日』

 十年前も聞いた気がする。そう言って麻奈は次の日引っ越して行った。
 けれども、あの時とは違う。明日も麻奈は学校にいる。

 ―― 明日の朝、おはようと言われたら、どう返そうか。どうしたらあいつは薫ちゃんと呼ぶのをやめてくれるだろうか。――
 
 海堂は今まで体験したことのない悩みに、自分でも戸惑っていた。
(こんな時はこれしかねえだろ)
 海堂は制服からスポーツウエアに着替えると、ラケットを持って庭に出た。
 自主トレメニューの素振り千五百回。息ひとつ乱さずに一心不乱にラケットを振り、心を落ち着かせる。
 星がひとつふたつと光りはじめた夜の静けさの中に、力強いスイングの音が響いた。

ランキング

『花より男子』あらすじ③

kage

2008/10/24 (Fri)

『花より男子⑩巻~』

つくしは司の家に泊まりこみ、茶道・華道・ピアノなどの特訓。厳しい指導に弱気になりながらも、司に励まされ優勝を目指す。そしてTOJ本番。様々なトラブルを乗り越え、綾乃が優勝、つくしは特別賞。F4と会場の人たちが労う。
その後つくしは、天草の気持ちには応えられないと断りに行く。つくしはいつでも助けてくれる司に対して、自分でも分からない気持ちが芽生えたことに気付きはじめた。
次の日、司はつくしをデートに誘い、うまくいくかのように思えた二人だったが、デート中にまた喧嘩してしまう。そのため美作と西門が二人を仲直りさせるスキー旅行を計画。F4とつくし、優紀、学園の意地悪三人組も付いてきてカナダへ行く。しかし三人組の企みで、つくしは吹雪の中道に迷う。雪の中倒れているところを助けに来たのは司だった。
二人きりの山小屋で身体を温めるために裸で抱き合う。緊張の中、一夜を過ごす。

日本に帰国後、つくしは中学校の同窓会で、男友達の織部と再会。たまたま居合わせた司がヤキモチで不機嫌になり、お店で暴れて同窓会をめちゃくちゃにする。つくしとまたしても喧嘩になってしまう。
織部の弟、順平は英徳の一年生。目立たない男の子かと思っていたが、実は人気モデル。順平はつくしと友達になれたと無邪気に喜ぶが、実は昔、司に暴力を振るわれて大けがをした友達のために、つくしを利用して司に仕返しをしようと企んでいたのだった。
順平は道明寺の不在中に勝手につくしのロッカーに赤札を貼り、それがきっかけで、またイジメが再発。順平はつくしを囮に司を呼び出す。つくしを守るために、一方的に殴られても手を出さない司。つくしは自分のためにそこまでしてくれる司をかばう。そんな二人の姿を見て、順平は復讐を諦めて学園を去る。


平凡でわるいか

kage

2008/10/19 (Sun)

ある人に教えてもらって『ブログ通信簿』というのをやったみた。

tushinbo_img.png

誰かが私のブログをみて採点してくれるのではなく、自動的に解析して1分もかからずに出てきました。
ブログ年齢23才…。ま、まぁそんなもんです(え) ブログの年齢ですから。
漫画のことばかり書いてるから、もっと若く出るかと思ったけど…。「浮気」「中学の同窓会」などの内容から、分析したのかなぁ。中らずといえども遠からず。

肝心の中身。自分自身のこと言われてるみたいだよ! 学生の頃の通信簿をみてるようだよ!
ごく普通の生徒でわるかったね!
『漫画の原作者を目指しましょう』って言われちゃったよ。なんでだよ。漫画の原作者になりたいなんて、ひと言も書いてないのに。私の心まで読めるのか?
目指したいよ!出来ることならな!
誰か「漫画家を目指しましょう」と出た人いませんか?私と組まない?

『花より男子』あらすじ②

kage

2008/10/14 (Tue)

『花より男子⑤巻~』

一年生の桜子がつくしと友達になりたいと言って近づく。しかし桜子の本当の目的は、昔ブスと言われた司に復讐すると同時に、自分に振り向かせようとすることだった。そのため顔を整形し、別人になりすまし二人の前に現れたのだ。
桜子はつくしを騙して男と裸でツーショットの写真をこっそりと撮り、その写真をばら撒いて、学園中のいじめに遭うように仕向ける。はじめは写真騒ぎにショックな司だったが、つくしを信じ、いじめの現場に現れつくしを助ける。
そして司の家に連れて行き、告白しキス。だが次の日、類がフランスから帰ってくる。心が揺れ動くつくし。
桜子は意地悪したのに自分をかばってくれたつくしの器の大きさを知り改心。

その後、司に誘われ南の島にみんなで旅行に行く。静とうまくいかず自棄になった類は、つくしや他の女の子に気安く声をかける。変わってしまった類が気になるつくし。浜辺で類に抱きしめられたところを、司が目撃。嫉妬する司は、類をF4から外し、つくしを学園から追い出すと言うが、そこへ現れた司の姉・椿の提案で、バスケで対決することに。
類とつくしが力を合わせて司に勝とうと頑張っている姿を見て、司はバスケのやる気をなくし試合を放棄。つくしを諦めようとする。しかし類はつくしに「今でも静を忘れていない」と言い、つくしは失恋。
そうとは知らない司は、つくしを類に渡す決心をして、ニューヨークに留学すると言い出し、ひとり旅立つ。

同時につくしの親がリストラされ引っ越すことに。もっと貧乏になる。バイトを探していた時、天草という男と知り合う。つくしは同じ貧乏人の友達が出来たと喜ぶが、実は天草は金持ちの息子だった。
その頃ニューヨークで、つくしと天草が載っている雑誌の記事を見て怒った司は、あっさり留学を辞めて日本に帰ってくる。
家を出て自分の力で生活したいと考える天草は、司の目の前でつくしに好きと告白。司と乱闘騒ぎをおこす。
その騒ぎかニュースになり、つくしの家の貧乏振りがテレビで放映されてしまう。司は自分と釣り合う女にするために、女子高生コンテストTOJにつくしを参加させると言い出す。天草の婚約者の綾乃も、つくしをライバルだと勘違いし参加することに。
そんなときにつくしのお父さんが100万円の借金をつくってしまい、どうにもならないつくしは司にお金を借りに行く。すると司はTOJに出ることを条件にお金を出すという。つくしは借金返済のためにTOJに参加することを決め、賞金を狙う。


『花より男子』 あらすじ ①

kage

2008/10/08 (Wed)

『花より男子 ①巻~』

貧乏なのにお金持ちの名門『英徳学園』に通う牧野つくし。学園はイケメン御曹司4人組『F4』が支配していた。
F4のメンバーは、茶道家元の跡取りでプレイボーイ西門総二郎・面倒見がよくまとめ役の美作あきら・マイペースで癒し系花沢類・そしてリーダーの道明寺司は世界でも経済界のトップを競う道明寺大財閥の跡継ぎ。
司は、凶暴で他の生徒も先生も逆らえない学園の独裁者だった。気に入らない生徒がいればロッカーに『赤札』と呼ばれるいじめの指令カードを張り、生徒全員の集団暴力に遭わせ、暇をつぶしていた。

自分は関わらないように大人しくしていたつくしだったが、友達をかばった為、F4のいじめのターゲットになってしまう。ところが司は、果敢にもF4に立ち向かい反撃したつくしのことが気になり始めたのだ。
あの手この手でつくしの気を惹こうとするが、恋に不器用な司はことごとく失敗。だが、そんな司の恋心に気がつかないつくしは、いじめから助けてくれた、柔らかな空気を持つ花沢類のことが好きになる。

その頃、つくしの中学の時の同級生、和也が転校してきて仲良くなるが、司に目を付けられ二人ともいじめに遭う。そんな時、類が小さい頃から好きだった女性、がフランスから帰ってくる。
つくしは夏休みに和也と熱海に行くが、それを知った司がつくしを追いかけて、仲間と熱海にやってくる。そこで船上パーティーでつくしと司が暗闇で思いがけずキス。ますます意識してしまう司。
しかし、つくしが類のことを好きだと知った司は学園で大暴れ。つくしに無理やりキスするが、つくしの涙を見てそれ以上手が出せない。
静の誕生パーティーに誘われたつくしは、そこで静が家を捨てフランスへ行くと聞かされる。ライバルがいなくなると思う反面、ショックを受ける類のことを考えると複雑な心境になる。しかし、類の気持ちを優先したつくしは、類を後押しし、勇気をもらった類は静を追ってフランスへと旅立つ。
その後、司は一方的につくしをデートに誘うが、行くのをためらったつくしが遅刻。雪の中待ち続けた司は熱を出し、その上エレベーターの事故で一晩一緒に過ごしてしまう。これが学園に知れ渡り、付き合っているという噂が流れる。

メール機能に気をつけて

kage

2008/10/08 (Wed)

先日美容院でおもしろい話を聞いた。
私の隣でカットしてもらっているお客さんが、「自分の夫が浮気していた」と興奮している。夫の携帯電話のメールから浮気を見つけたらしい。夫に問い詰めたらあっさり認めたと言うのだ。
そんな(おもしろい)話をお店の人や他のお客さんたち皆で(おもしろがって)聞いていた。

夫は浮気相手のメールや着信履歴はすべて削除していた。
では、なぜ奥さんにばれてしまったのか……。

メールって文字を入力するとき、前回使った単語や変換頻度の高い単語の候補が、順に表示されるでしょ? そこに出てきた言葉が「愛してる」「ホテル」「彼女の名前」で、それを見た奥さんが、これは!? と思ったらしい。
奥さんすごーい! 名探偵!

その話を聞いたあとで、「夫や彼氏の携帯を見るか」と言う話題になった。
店員さんや他のお客さんが順に「見ない」と答える中、私の番になったので、さらりと「見ますよ」と言ったら、一斉にええーっと驚かれた。

え? なんで? 見ちゃだめ?

もちろん他人の携帯は絶対見ないよ。手紙を開けて読むこともしないけど。
でも、相棒の携帯は本人の前でも、堂々と見ますけど、何か?
相棒の携帯のメール受信履歴は、私とローソンお客様サービスだけ。しかも、私からのメールは未開封だ。メール機能いらないじゃん!着信履歴も見たって別に気にならない。お互いに。

浮気を見つけてやろうと思った訳じゃないけど、相棒の携帯の文字入力次候補はなんだろうと開けて見た。
『錦織圭』『師匠』『墓地』
……いったい誰とどんなメールしてたんだ……。

ランキング

二次『帰って来たテニスの王子様』

kage

2008/10/02 (Thu)

テニスの王子様 二次創作小説


「おう、海堂。今朝は早ぇーじゃねえか」
「早朝ランニングしたついでにコートに寄ってみただけだ。桃城こそ、何やってんだ」
「あぁ、地区予選も近いから、軽く打っとこうと思ってな」
「珍しく真面目じゃねえか」
「俺はテニスには真面目なんだよ!」
「けっ。威張んじゃねぇ」
「何せ、先輩たち六人と越前までいなくなっちまったからよ。今年は俺たちが頑張らねえとな」
「当たり前だ」
「しっかし、先輩たち、高校へ行ってもテニスを続けているのは、不二先輩と手塚部長だけってのはどうなんだ? しかも、手塚部長はドイツに行っちまうし、不二先輩は立海大付属高校へ転校しちまうしよー」
「菊丸先輩は体操部、大石先輩はボーリング部、乾先輩は野球部マネージャーでデータ野球、河村先輩は寿司屋で修行中だろ。先輩たちらしいじゃねえか」
「去年の青学は強豪揃いだったよな」
「今年は俺たちが強豪になればいいだろうが」
「へっ、そういうこった。お前スネイクボレーを完成させたし、怖いものねぇよな」
「お前こそダンクサーブの調子がいいじゃねえか」
「お前が俺を誉めるとはな。部長らしくなったもんだぜ」
「うるせえぞ。グランド十周!」
「ちぇっ。またそれかよ。それにしても、越前、今頃どうしてっかな」
「あいつのことだ。テニスばっかりしてるだろうよ」
「そうだよな。生意気なやつだったけど、いなくなると寂しいもんだな」
「いなくなる前に、もう一度対戦したかったぜ」
「……先輩たち、いつからそんなに仲良くなったんスか」
「越前! お前、帰って来たのか!? 」
「お前、アメリカに行ってたんじゃ……」
「そんなことより、ちょうど良かった。ねぇ先輩たち。俺にテニス教えてくんない?」

ランキング