2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

休日

kage

2018/02/23 (Fri)

2月は休日が多いので、自分の時間がたくさんできた。

一月から勤めている新しい職場で、心機一転頑張ってます。
まだ一ヶ月で油断するとミスする頃だから、慎重に気をつけながらも、働きやすい職場なので、気持ちは楽です。

三月は友達との飲み会や遊ぶ約束がすでに入っていて、楽しもうと思ってる。
京都にも行きたいな。夏には行くかも。


さあ、今日はひとりランチだよ。



小柱とエビの釜めしのセット。

最近はオリンピックをずっと観てる。
ドラマも、やってる日は当然観てるけど、もっとドラマチックな羽生君には敵わないね。



なんてことない一日でした。



大雪

kage

2018/02/08 (Thu)

雪がすごい!
昨日の午後から降った雪が あっという間に積雪50センチ。
うちの駐車場から道路までのスペースを雪かきするのに、2時間かかった。
電車は全て止まって、学校は休校になった。
仕事はあるので、今から行くよ。
道路大丈夫かな。怖いわ。
新聞も届いてない。無理しなくていいですよ。
新聞配達、郵便配達の人も大変だ〜。
もう嫌、この雪。

一月期ドラマ感想

kage

2018/01/28 (Sun)

△anone

イメージと違った。もっと暗い話かと思った。
阿部サダヲと小林聡美コンビがいい感じでコメディにしてくれる。
広瀬すず演じる女の子は、居場所も身寄りもないやさぐれた陰気な子かと思ったけど、普通の女の子だった。
もっと陰がある空気を出した方が雰囲気出るのに。
話は淡々と盛り上がりもなく進んでいきます。
次回が楽しみと思わせる予告でもないし。
なんと言っていいか、感想も書きにくいわ。

◎隣の家族は青くみえる

様々なタイプの家族が「コーポラスハウス」という、一戸建てなんだけど共有スペースを持ち入居者たちが意見を出し合う集合住宅に暮らす、と言った話し。
なんでそんな家に住みたいのか。私なら嫌だわ〜。
一戸建てより安いのかもしれんが、スタイリスト、ネイリストのカップルは相当のお金持ち風だし、他人に干渉されたくないタイプ。だったら高級マンションに住めばいいのに。
主人公の二人は普通に良い人。周りの住人が個性的すぎて逆に存在が薄い。
主人公が良い人ってのは、穏やかに観れるからいいのよ、「きみが心に〜」と違って。
妊活は辛いでしょうし、深田恭子が明るく乗り切る話よりも、イライラして旦那と喧嘩したり浮気したりして、盛り上げて欲しいわ。
今期ドラマの中では面白い。

◎アンナチュラル

UDIラボと言われる不自然死究明研究所のスペシャリストたちの活躍を描いた話。
今週の温水さんの事件は、不自然死ではないと思うが、巻き込まれて事件解決まで仲間たち総出で奮闘するって。
熱い話だけど、この人たち、無関係の事まで時間掛けるほど、暇じゃないでしょうに。
研究所前の通りで白衣着たままバーベキューって。予算がないドラマなのかね。
3話は科捜研の女と99.9を混ぜたような話だった。
1話完結ではあるが、井浦さんの過去とか石原さとみの家族の死とか、いろいろ絡んでこれから面白くなりそう。

○揉み消して冬

あれ、だんだん面白くなってきたぞ。
この脚本家さんは、伏線を何話か前にさりげなく置いておく人なので、あの新人執事が来てから、この家にトラブルが起こるって台詞、意味あるかも。
山田くんの独白も慣れて来た。



気温差すごいね

kage

2018/01/27 (Sat)

家族がシンガポールに行ったので、そのお土産。
お菓子たくさんと、マーライオンのベルとポールペン、あと写真に無いけどマーライオンの置物。
定番商品。
日本が大雪の日に常夏の国へ行ってたのさ。
飛行機が飛んでよかった。


180127_1220~01 (2)

賞を狙ってたと思うよ

kage

2018/01/25 (Thu)

映画「忍びの国」も「デスティニー鎌倉ものがたり」も、日本アカデミー賞とブルーリボン賞の作品賞にノミネートされなかったのはなぜだろう。
主演男優賞もないなんて。
興行収入は関係ないんだね。
なんか裏があるな。
堺雅人さんも、大野くんも、すっごい良かったのに。
賞とって欲しかったな。

でも3月には堺雅人さんは「北の桜守」に助演で出てるから、そっちに期待しよう。
吉永小百合さんの主演だから、絶対作品賞はあるよね。そういうもんだよね。
予告を見ると、なんとなく切ないお話っぽい。
観に行くよ。



1月期ドラマ感想

kage

2018/01/18 (Thu)

○『FINAL CUT』

亀梨君が出るので今期一番楽しみにしてたのに、がっかり。
復讐劇なのに、やってることがショボイ。
亀梨君が警察官ってのも疑問。偽名使って警官になれるの?
あちこちに出没してるけど、そんな時間あるの?いつ仕事してるのさ。
顔出しで偽名使って、正体バレてないのも疑問。リアリティなさすぎ。
報道陣を追い詰めるのと真犯人を探すのと、どう関係してるのだろう。本物の警察官なら正当に捜査すれば良いんじゃないだろうか。
亀梨君の高校生時代役も、なぜ亀梨君本人がしてないのだろう。幼少期ならともかく。裕木さんのふけ顔も12年前と同じなのに。亀梨君だけ別人にする必要性がわからん。
まあ亀梨君が出てるので、今後に期待します。

×『きみが心に棲みついた』

二人の対照的な男の間で揺れ動く三角関係の話し…
だそうですが、二人の男に魅力が無い!
向井さん演じる男のどこに惹かれてるんだか。
まず吉岡さん演じる女の子にぜんぜん共感できない、応援できない。
キョドコとあだ名をつけられるくらいなら、もっと挙動不審を大げさな演技の演出にすれば良いのに。
ただのネガティブな子じゃないか。なんかイライラする。
感情移入できない。
もうやめようかな観るの。

○『もみ消して冬』

うわあ、なんだこれ。
セカムズとボク運の脚本家なのに、なんでこうも違うのか。
コメディなのに面白くない!台詞が薄っぺらい!
役者が違えば、ここまでつまらなくなってなかったかもしれん。
山田君は独白部分の演技もへん顔も、いまひとつ『かっこよさ』が抜けてなくて、はっちゃけられない。
コミカルな演技は無理してやってる感がする。ドラマと言うよりコントみたい。
波瑠さんもだけど、もっとコメディもやれる役者さんがしたほうが良かったかも。

◎『99.9~刑事専門弁護士~』

シーズン1は一回しか観てません。
栄倉さんのプロレスネタがしつこくてウザかったから。
でも今回はしつこくプロレス出てこない?から良かったかな
やっぱり木村さんが良い!さすが演技派女優。
ドラマ全体にテンポ良く細かい部分まで作りこんであって、推理も入り込めるし、面白いと思った。
ただ、あんなに偶然が重なって上手いこと事件解決するかな~、と突っ込みたくなるけど、そこは推理ドラマのあるあるなので、気にしないとしましょう。

○『トドメの接吻』

おばちゃんはついて行けない、このノリ。若い子向けのドラマなのね~。
2話で急展開。このペースでガンガンいくんかい。
だいたいキスで殺すと言いながら、2話ではナイフで刺してたからね。キスで殺す定義どこ行った!
キスされたら死んでしまう…と思いきや過去に戻って生き返るって何度も繰り返して、死なないことが分かってるのなら、逃げずに利用すれば良いのに。
あるいは本当に死にそうになった時に、キス女を呼んでキスさせれば、不死身ってことかい。
そうなるのかな、今後は。

今のところ、ここまで。
他のドラマも、なんか物足りないかな。
今期の一番は何だろう…。






堺雅人 『すこやかな日々』

kage

2018/01/08 (Mon)

とにかく真面目で知的で才能豊かな堺雅人さんらしい文章。
理屈っぽくて頭が良いと同時に謙虚で優しい人なのだと、このエッセイを読めば分かる。
豊富な語彙とユニークさも持ち合わせていて、この人の頭の中は一体どうなっているんだと感心する。

例えば最初にある「あぶらあげ」について書かれたエッセイ。
こんなにも油揚げに愛情を持って深く語ることが出来る人物が、他にいるだろうか。
「タバコ」についての文章も同様。
禁煙している辛さだけでなく、歴史や生産地について調べる懲りよう。
読者がついて行けないだろうと謝罪までしている。

基本的に堺さんのエッセイにはプライベートは一切書かれていない。
この本が出された2012~2013年は、菅野美穂と出会い交際しプロポーズして結婚した年だ。
当然これを匂わす文章はひと言も書かれていない。
星野源のエッセイは、仕事で出会った人について、あるいは自宅やホテルでの過ごし方、入院中の出来事、など日記のように自分の事を赤裸々に書いている。そこがファンには嬉しかったりする部分もある。
堺さんのエッセイは、ほぼ仕事がメインだ。
と言うか、何を書いても最終的に仕事=俳優に繋がる形で締めくくられている。
堺雅人の仕事へのひたむきさが伝わる。

私が堺雅人のファンになったのは、2004年の大河ドラマ「新撰組!」の山南さんだ。
ちょうどその頃、「恋するハニカミ」(芸能人の男女が擬似デートをするバラエティ番組)にも出ていた。
お相手の大河内奈々子さんとデートの待ち合わせをした堺さんは、番組が用意した車を運転免許が無いと言い運転を大河内さんにしてもらい、さらには助手席で車酔いするというへタレっぷりを見せてくれた。しかしデートプランに照れる大河内さんをリードして、積極的にミッションを行う堺雅人は男らしく、それを観ていた私は、一発でトリコになってしまったのだ。
以来、堺雅人を知ろうとネットで検索するも、「好青年」とか「芝居が上手い」などの好印象の記事はあるものの、何せ当時無名の役者さんで検索数が少なく、画像もほとんど無かったのだ。
ところが!
半沢直樹でブレイクしてからは、悪く書かれたネット記事が急に出てきたのだ。
『記者の質問に答えず態度が悪い』と誰かが書いた記事が広まって、悪い噂を流そうとするアンチが増えてきたのだ。
私はそんな記事は本気にしていなかったのだけれど、真に受ける人もいるだろうね。

このエッセイに記者会見について書かれた文章もある。
堺雅人さんは「犬が好きですか」「好物は何ですか」といった質問はどう答えて良いかわからず困る、と書いている。
犬は嫌いじゃないけど、愛犬家ほどの犬愛が自分にあるだろうか、と考えてしまう、と言うのだ。
大好物が何かも即答出来ないらしい。寿司が好きだけど、「○○の寿司」とか「○○のネタ」と言う風に条件付でしか答えられないからだと。
レポーターの質問に真剣に答えようとするあまり、答えに詰まり黙ってしまう、そんな人なのだ。
どこまで真面目なんだ!
「俳優としての転機は何か」の質問に「特にありません」と答えるという。
堺さんにとっての演劇は、高校生の演劇部からずっとだらだらと続けてきた事だと言う。
堺さんはこれを「不完全変態の昆虫」に例えている。
イモムシ→サナギ→チョウ
の「完全変態」ではなく
バッタ(小)→バッタ(中)→バッタ(大)
のように、少しずつ大きくなっていく一生が俳優としての僕だと堺さんは書いている。
マスコミ嫌いだから記者の質問に答えないと書いたヤツ!所詮お前に堺雅人の頭の中は分からない。

先日「武士の家計簿」がテレビでやっているのを観て思い出した。
この映画のインタビューで、「読書家の堺さんは増えてしまった本はどうしてますか」の質問に「図書館に寄贈する」と答えていた。
堺さんの人柄出てるなーと思った。

この本の中にいくつもあるオフショットの堺雅人の写真が好きだ。
いつものスマイルでもないキメ顔でもない、素の顔をしている。
普通のただの男として、魅力のある堺雅人。
今後も良いお仕事して活躍してください。

文・堺雅人 2 すこやかな日々 / 堺雅人 【本】

価格:1,512円
(2018/1/8 11:31時点)
感想(2件)


2018年!

kage

2018/01/07 (Sun)

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。

去年はどんな年だったかなと読み返してみたら、ドラマにハマりニャンコに癒され、バイトの転職したはずが4ヶ月で店が潰れ、これといって楽しくも波乱も無い一年でした。
良いのか悪いのか。

掛け持ちできるバイト先を探していましたが、年明けから新しい職場で働きます。
とりあえずはダブルワークで。
試用期間が終了するまでには、その後どうするか決めます。

海鮮レストランを辞めてバーガー屋だけになった時、在宅ワークを探していた流れで(?)懸賞サイトに登録し、毎日ポチッと応募してました。
週に1.2回は届きましたよ。化粧品やサプリメントのサンプル。ドラッグストアのレジで貰えるようなちっさい梱包のやつです。
全員貰えるようなのしか当選しないのかな~。くじ運悪いな〜。
と思った頃に届いたのは、
レトルトカレーとキャットフード。
なんでもいい!嬉しい!

前の記事にも書いたアンケートサイト。
覆面調査員も含めポイントから現金に換えた金額は、2ヶ月で7500円でした。
そんなもんかしら。

年末年始は仕事のことでモヤモヤが続いてるけど、まずは少しづつ落ちつかせます。

忙しくて更新が遅いですが、訪問してくださる皆様ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。



今年のクリスマスケーキ

kage

2017/12/26 (Tue)

今年のクリスマスケーキ
フルーツを乗せてみた。
去年と一昨年の写真を見てびっくり。
ほぼ同じだった。
私のアイデアとセンスの無さが情けなかった。



でも、美味しかったからまっいっか。

ドラマ最終回感想

kage

2017/12/18 (Mon)

・奥様は取り扱い注意

やっぱり西島さん公安だったか(笑)
テロしそうな人物(綾瀬はるか)を見張る為に結婚した。でも本気で愛してしまった...って。
いや、ないでしょ〜。
ラストの綾瀬はるかに向けて撃ったと思われる銃も、思わせぶりで、何あれ?
住宅密集地で拳銃ぶっ放したら通報されるでしょうに。綾瀬はるかも、打たれるほどの事してないでしょうに。
ご近所トラブルに首突っ込んだだけでしょ。
まぁでも、大きな家に住んで幸せそうに見えるキレイな奥様たちも、本当は満たされてないんですね。
前半はつまらなかったけど後半は面白かった…と言うかまあまあだった。

・刑事ゆがみ

途中中だるみはあったけど、後半の盛り上がりは凄かった。
最後の数秒までびっちり詰め込まれた練られた脚本も、カット割りなどの演出も良かった。名セリフも多かった。
視聴率が低いのが不思議なくらい、しっかりと「人間」が描かれていて他にない刑事ドラマだった。
主役2人の演技力の素晴らしさはもちろん、犯人役も脇役陣も上手い人ばかりだ。
続編希望。

・先に生まれただけの僕

こんな学校実際ないよ~。ありえないよ~。と思いながら観てました。
私立だし生徒数も少ないからアリなのかなぁ。
学校と商社をごっちゃにして生徒を商品扱いしてる。綺麗事だらけだし。理科準備室で備品を使って何か食べてる3人組も、ダメでしょ〜。
奨学金や部活経費の件も、ツッコミどころが多くて共感できない。
櫻井くんが出てるから観てた、それだけ。


・今からあなたを脅迫します

おディーン様ありきのドラマ。武井咲の存在が薄い。 おディーン様も武井咲もわるくない。
脚本が古臭い。セリフがダサい。
番組のホームページに「脅迫エンターテイメント」 と書いてあったけど、大して脅迫もしてないしエンターテイメントでもない。
これこそツッコミどころ満載だがどうでもいい。
と言いつつ観てしまった。


今週最終回のドラマを楽しみにしてます。